トランスフォーマーニュース

マスターピースレビュー

シージ関連レビュー

実写映画関連レビュー

イベントレポート

イベント:「親子で楽しむ」トランスフォーマー35周年展レポート

今日は「「親子で楽しむ」トランスフォーマー35周年展」の模様をご紹介!



2019年5月25日(土)から6月30日(日)にかけて横浜人形の家で開催されている「「親子で楽しむ」トランスフォーマー35周年展」」レポートです!この展示会はトランスフォーマー35周年を記念したもので、横浜にある人形の専門博物館「横浜人形の家」の企画展示室で行われています。今回のイベントは「変形の不思議」にスポットをあてたものとなっており、トランスフォーマーをトランスフォーマーたらしめる「変形」の魅力を目で見て感じられる子供から大人まで楽しめる展示になっています。その他にも映画『バンブルビー』を含むジオラマ展示や、特定の週末にはオリジナル缶バッジやホワイトチョロQを作れる体験イベントなども開催されます。

管理人は展示会初日の5月25日(土)に行ってきました!今回もたくさん写真を撮ってきたので余すことなく展示会の様子をお伝えしようと思います。詳細に紹介しているので、これから見に行くという方は是非観覧した後でこのレポートを見ていただければと思います。

今回も2ページに渡ってまとめていますので、是非最後までお楽しみください!それではいってみましょー!

【横浜人形の家】

会場は横浜市にある「横浜人形の家」。1986年にできた施設で、100か国以上、1万点以上の人形を収蔵する国内唯一の施設。管理人は初めて行ったのですが、かなり立派な建物で驚きました…ちなみに、近隣には山下公園や横浜中華街などもあるので、行き帰りに立ち寄って見るのもよいかと思います。

今回の展示会を見るにはチケットが必要。大人900円、小中学生450円で、入館料も含むのでこの入場券を購入すれば人形の家すべての展示を見ることができます(人形の家の入館料のみではトランスフォーマーの展示は見れません)。また、管理人が行った日には先着でコースターをもらうことができました。

人形の家に入ると大きな垂れ幕?がお出迎え。

写真には主にマスターピースが使われています。

パネル。メインビジュアルのキャラのチョイスがバラバラで面白いですが、おそらく変形のインパクトが分かりやすいものがチョイスされているんじゃないかと思います。

【エントランス】

人形の家の展示を抜け、奥にある企画展示室で「「親子で楽しむ」トランスフォーマー35周年展」は行われていました。もちろん通常の展示を見なくても直通で行くこともできます。入り口には大きくトランスフォーマー35周年のロゴが。また、配布物として、この展示会のチラシ、映画『バンブルビー』ブルーレイ/DVDのチラシ、そして今回の展示を見て答えるクイズの用紙が配られていました。

会場を入ると今回のメインビジュアルの特大パネルがお出迎え。また、手前の黒いカーペットにはサイバトロンとデストロンのエンブレムがプロジェクターでいつもの音楽(デーレレレー♪)とともに投影されていました。

まずは来場者へのあいさつと、簡単なトランスフォーマーについての説明が。

年表。2月に池袋で行われた「THE WORLD OF THE TRANSFORMERS」の内容がベースになっています。

昭和のトランスフォーマーアニメシリーズ一覧と、初代アニメ玩具の「コンボイ」と「メガトロン」が。

その隣にはビーストウォーズシリーズについて。玩具は『ビーストウォーズ』版「コンボイ」と、『ビーストウォーズII』の「ライオコンボイ」。

続いて実写映画シリーズ。映画第1作目の「MA-01 オプティマスプライム」と「MD-07 メガトロン」が飾られていました。

そして今年が35周年であるということで、直近のトピックスのまとめが。「G-SHOCK × TRANSFORMERS マスターオプティマスプライム レゾナントモード」と、映画『バンブルビー』から「パワーチャージバンブルビー」が展示されています。

入り口正面パネルの裏にはコンボイ司令官が。3月に行われたお台場の上映会以来。ちなみに、このコンボイは2014年にタカラトミーモールで300万円で購入可能でした。

その横にはコンボイの巨大頭部が。これは2014年に登場した「1/1実車版コンボイトレーラー」のコンテナに収められていたもので、「トランスフォーマー 博」以来の展示じゃないかと思われます。当時の様子はコチラの記事を御覧ください!

横から。でかい!

【〇〇からトランスフォーム!】

エントランスを抜けると、今回のメインの展示物となる「変形」にスポットをあてた展示が。「〇〇からトランスフォーム!」という、〇〇には何からトランスフォームするかが入り、車や飛行機などカテゴリーごとに展示されていました。「変形」をテーマにしているだけあり、複数体の同じ玩具を使ってビークルモードからロボットモードへの変形のプロセスをコマ送りのように表現した展示が数多く用意されていたのが特徴で、トランスフォーマーの一番の魅力でありながら、普段は止まってじっくりみることのない変形プロセスを見ることができました。また、パルコの35周年展とは異なり、新旧入り乱れた玩具たちが飾られていました。

・車からトランスフォーム!

まずはトランスフォーマーの最も代表的なモチーフである「車」から変形するトランスフォーマーたち。最新のシージ版「SG-23 プロール」をはじめとし、G1版「マイスター」など、広い年代のものが展示されていました。

変形しているもの以外にも、後ろにたくさんのトランスフォーマー たちが。特にシリーズが決まっているわけではなく、親子で見て楽しめるわかりやすい見た目のものが選ばれている印象でした。

・飛行機からトランスフォーム!

続いては飛行機から変形するトランスフォーマーたち。シースプレーは飛行機じゃないんじゃない!?という野暮なツッコミはなしで。

今回、発売前の新製品は『サイバーバース』のものしかないかと思いきや、7月に発売される「SG-26 ジェットファイアー」が展示されており、変形プロセスまでしっかり見ることができました。なかなかいい感じの変形をしそう!

・1/1サイズからトランスフォーム!

続いて1/1サイズのモチーフから変形するトランスフォーマー たち。

カセットロンいっぱい。

・多段変形や大型基地にトランスフォーム!

トリプルチャンジャーや、それ以上の変形、そして大型基地に変形するトランスフォーマーたち。タイタンクラスが3体並ぶとすごい迫力!

メトロフレックスは旧玩具もあって、エアーボット部隊がちゃんと並べられていました。スペリオン、アンコールで出ないかなあ…

・変形合体!トランスフォーム!

合体するトランスフォーマーたち。ユナイトウォリアーズの中に1体だけライデンが。

デバスターは3セットを使うという豪華さ。

・動物・恐竜からトランスフォーム!

続いて、ビーストウォーズ関連。恐竜はいないような…?

「スリリング30」でリメイクされた3体が前列に。

・実写映画でもトランスフォーム!

実写映画関連。スタジオシリーズメインで、比較的新しい玩具多め。

オプティマスプライム」と「シェットファイアー」は合体した姿も展示されていました。

・コラボレーショントランスフォーム!

コラボ系トランスフォーマーたち。ガリロボくんは置かれてなかった…

こうみうると、コラボだからこそ力の入ったトランスフォーマーが多い印象。「INFOBARオプティマス」とか今もよく変形させてます。

・最新!令和時代のトランスフォーム!

最新アニメ『トランスフォーマーサイバーバース』の玩具が国内初お披露目。7月〜8月に発売される新製品が展示されていました。

まずはターボチェンジシリーズ。左から「TCV-09 ターボチェンジホイルジャック」、「TCV-01 ターボチェンジバンブルビー」、「TCV-02 ターボチェンジオプティマスプライム」、「TCV-08 ターボチェンジメガトロン」。

「TCV-10 バーニングフレイムグリムロック」。ウルトラクラス。

「TCV-03 ウイングスライサーウインドブレード」。ウォーリアークラス。

「TCV-05 スティンガーソードバンブルビー」。アルティメットクラス。

アルティメットクラス「TCV-06 マトリクスアタックオプティマスプライム」と「TCV-07 フュージョンキャノンメガトロン」。海外版のレビューは以下からどうぞ!

今日は「Transformers:Cyberverse(トランスフォーマーサイバーバース)」からアルティメットクラス「オプティ...
今日は「Transformers:Cyberverse(トランスフォーマーサイバーバース)」からアルティメットクラス「メガトロ...

「TCV-04 ランチャーストライクスタースクリーム」。ウルトラクラス。

『サイバーバース』の展示の横にはパネルが設置してあり、記念写真を撮ることができました。

次のページでは、「マスターピース」と、実写映画ジオラマのご紹介です!


お気に入りブログ更新NEWS

シェアする

フォローする

『イベント:「親子で楽しむ」トランスフォーマー35周年展レポート』へのコメント

  1. 名前:マッチ 投稿日:2019/06/09(日) 11:28:00 ID:f47a85dfa

    アニメーションコーナー、
    なんてこったい!?
    カーロボットが!! ユニクロン三作が!!
    アニメイテッドが!!プライム・Goが!!
    アドペンチャーが!!
    リターンズが「隠される」のは分かるけど
    上記のシリーズは、ちゃんと紹介しましょうよ!!
    それとプライムとアドベンチャーの最終章
    どうにかして、まっとうしましょうよ!

    0
  2. 名前:匿名 投稿日:2019/06/09(日) 13:31:16 ID:997e8b231

    トップ画見るとマイスターは昔からよく出来てるなあ
    よく出来たマスターピース版も欲しいなあ……

    5+
  3. 名前:匿名 投稿日:2019/06/09(日) 13:41:21 ID:48a209897

    1/1と言うにはラジカセは小さ過ぎる様な・・・
    ポケコンのデータレコーダーかな?

    0
  4. 名前:匿名 投稿日:2019/06/09(日) 14:02:51 ID:eddad334a

    ユナイトウォリアーズの面々にシックストレインがあるのは、タカトミはリメイクしたいけど、ハズブロに止められてるとか、なのかな?

    3+
  5. 名前:匿名 投稿日:2019/06/09(日) 14:22:44 ID:2149e78ac

    サイバーバースは他の展示物とは明らかに方向性が違うシリーズなので、事情を知らない人が見たら最新シリーズにも関わらず見劣りしてしまうんじゃないかなと少し不安。

    4+
  6. 名前:名無し 投稿日:2019/06/09(日) 16:08:00 ID:4ea25b484

    mpチータス、今回はハブられてなくてよかった・・・。ビーストメガトロン登場以降はどうも雑誌や紹介pv、展示物などでハブられがちなので。しかしこうしてトランスフォーマーのおもちゃの歴史が知れるのはいいですね。コンボイ司令官もmp10でかなりのハイクオリティですが、最初期のものも手に入れたくなります。初期の玩具は可動は基本的に腕のみで、よくて肘や手首が動くぐらいだと聞いたので、足も動くものは当時としてはよく動くものなのでしょうかね?そう考えると、うちにある唯一の初代玩具(復刻版ですが)のパーセプターは非常によく動くタイプだったんですね。(首は回りませんが)

    3+
  7. 名前:匿名 投稿日:2019/06/10(月) 00:07:08 ID:d09595c28

    最近思う
    こういう「公式展示」のジオラマって公式なんだから色塗り程度はともかく、
    改造しちゃダメじゃね?
    大人は改造って解るけど、子供が見たら「うちのはあんな動かない、あんなに羽根小さくない」とか言うぞ

    3+
  8. 名前:Sei 投稿日:2019/06/10(月) 10:06:32 ID:5c0f02b82

    ※7
    改造元の玩具を特定する名札?的なのがあったら駄目な感じするけど、明確にこれって公式が言ってないならいいんじゃないかな?
    バンブルビー立像みたいにあくまで”非売品の展示品“のスタンスで。

    3+
  9. 名前:匿名 投稿日:2019/06/10(月) 15:37:36 ID:52d60d8b7

    そういえば、スタジオシリーズの情報がぱったりと途絶えましたね。
    最初はいっぱい発表していたのに、どんどん少なくなっていてヤバイですね。
    まだまだ、ムービーキャラはいっぱい居るのに。
    バンブルビー関係も、ブリッツウイングはすごく簡単そうなのになんで出ないんだろう?

    4+
  10. 名前:初TFはサンダークラッカー 投稿日:2019/06/10(月) 17:12:22 ID:79c3e0d79

    レポートありがとうございます。
    横浜はそこまで遠くないものの、なかなか足が向かない場所のひとつです(^_^;)
    週末は中華街で食べ歩き・・・と称して、家族行事に組み込もうかな~!?

    それにしても、タイタンクラスを贅沢に使った展示は圧巻ですねー!
    たくさん並べると楽しいのですがその反面、後片付けの時間を気にしてしまいます(^.^;)
    メトロフレックス、デバスター、フォートレスマキシマス、ダイナザウラー、グランドマキシマス、プレダキング・・・
    我が家では片付け時間を逆算すると、ちょっと億劫になってしまい、未だに全部を一同に揃えたことが無い。

    ところで、トランスフォーマーの醍醐味は当然、『変形』だと思うんですが、サイバーバースでは今一つ『変形の必要性』が感じられなくて、ちょっともどかしいです(-_-;)
    G1では、地球で活動するために、乗り物や物体をスキャンして修復。
    ビーストウォーズでは体の負担を減らすために、普段は動物に変身。
    プライムやアドベンチャー、実写映画版では、敵味方とも隠密活動のために地球のビークルモードを選択。

    変形してこそTFゆえに、変形する意義だけは示して欲しいですねー。

    14+
  11. 名前:なを 投稿日:2019/06/11(火) 06:34:11 ID:784768b98

    1/1サイズのところにリアルギアシリーズの展示がないのは残念でなりません
    カセットテープモチーフが展示されてるならば、折りたたみ携帯電話のスピードダイヤルや旧世代のコンパクトデジカメのスパイショットの方が子供達にも伝わりやすい気がしますし、ハイスコアやズームアウト、ロングビューならば更によしと思うのですがねえ

    2+
  12. 名前:そそ 投稿日:2019/06/11(火) 07:58:00 ID:1fb5214c1

    そういえば数年前にタカトミ本社がある葛飾区でも区立の博物館とタカトミが提携しておもちゃの企画展が開催されましたね。確か3億円のリカちゃん人形も展示されていましたが、タカラとトミーの創業から現在までの歴史とおもちゃの変遷を扱っていて子供の頃に遊んだおもちゃが紹介されていてそっちの方にテンションが上がった記憶。

    0