トランスフォーマーニュース

マスターピースレビュー

シージ関連レビュー

実写映画関連レビュー

イベントレポート

イベント:トランスフォーマー35周年展「THE WORLD OF THE TRANSFORMERS」レポート その1

今日は「トランスフォーマー35周年展「THE WORLD OF THE TRANSFORMERS」」の様子をご紹介(その1)!



大変お待たせいたしました!2019年3月15日(金)から4月1日(月)にかけて池袋パルコのパルコミュージアムで行われたトランスフォーマー35周年展「THE WORLD OF THE TRANSFORMERS」(正式名称:TRANSFORMERS 35TH ANNIVERSARY EXHIBITION「THE WORLD OF THE TRANSFORMERS」)のレポートです!開催が終わってからレポートをしようと思っていたのですが、その後名古屋パルコで地方巡業として同様のイベントが4月12日(金)から4月21日(日)まで開催されたことを受け、さらにその終了を待っているうちにだいぶ時間が経ってしまいました…今回は写真の枚数が多いので、2回にわけて(さらに1回の中でもページを分けて)じっくり紹介していきたいと思います。公開は遅くなってしまいましたが、たくさん写真を撮ってきたので、会場に行った方はおさらいとして、会場に行けなかった方は是非会場に行った気分で見ていただければ嬉しいです!

まずはそもそも「THE WORLD OF THE TRANSFORMERS」とはなにか?というと、「トランスフォーマー」生誕35周年を記念した展示会となり、主にG1〜G2までの玩具や原画イラスト、さらに貴重な当時の「木型」を始めとし、映画『バンブルビー』の撮影スポットや、実写映画のジオラマの展示が行われました。また、図録やグッズの販売も行われ、同時期にパルコでは「バンブルビーカフェ」もオープンと、映画『バンブルビー』公開に合わせ盛りだくさんの内容になっていました。管理人は池袋パルコの展示を見てきましたので、その様子をご紹介します。今回の記事は2ページに別れていますので、2ページ目もお見逃しくご覧ください!それでは早速いってみましょー!


【会場〜エントランス】

会場となる池袋パルコはJR池袋駅とつながる建物。7階の一角がイベント用のスペース「パルコミュージアム」となっており、主にサブカルチャー系の展示会がよく行われています。

7階にあるパルコミュージアム。管理人が行ったのは初日のあさイチでしたが、平日ということもありそれほど人は多くはなく、開場前には20人ほどの人が並んでいました。入場料は一般700円、学生600円、小学生以下は無料となり、入場特典としてステッカーをもらうことができました。

チケットの半券と入場特典の「トランスフォーマー35thロゴステッカー」。ちなみに、チケットはサイバトロンバージョンとデストロンバージョンが存在したようです。また、スペシャルキャンペーンとして平日に限り小学生以下の子ども連れ各日100名に「トランスフォーマー ターボチェンジシリーズ」がプレゼントされました。

受付ブースの反対側には今回のメインビジュアルが大きく掲示されていました。G1の歴代司令官がサイバトロンマークの中に描かれたかっこいいデザインで、この辺りのセンスの良さはパルコならではなのかもしれません。

入口を入るとすぐに今回のイベントのために描き下ろされた吉岡英嗣氏のイラストのパネルが展示されていました。「PARCO」+「NVOY」で「パルコンボイ」となるわけですが、この絵に描かれているパルコは左が池袋のパルコの裏手にある「P’PARCO」、右は渋谷パルコということで、今回イベントが開催された池袋パルコとは微妙に場所が違うという…

傍らには吉岡英嗣氏による下絵の生ラフ画が展示されていました。

その奥には「トランスフォーマー」の35年の歴史の年表が。海外と日本で分けて年ごとに大きなトピックスが書かれています。ちなみにこの年表は公式図録「THE ART OF OF THE TRANSFORMERS」にも同じものが掲載されています。

入り口の突き当りでは「コンボイ」と「ロディマスコンボイ」の玩具がお出迎え。また「コンボイ」のパッケージアートを始めとしたビジュアルの原画も展示されていました。

・コンボイ

・ロディマスコンボイ

・トランスフォーマーのもととなる「ダイアクロン・カーロボット」と「ダイアクロン・ミクロチェンジ」をひとつの世界観で描いた画稿

・コンボイ/キービジュアル

・『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』番組宣伝用ポスター

【『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』〜『トランスフォーマー超神マスターフォース』玩具展示】

展示スペースは大きく3つのセクションに分かれていました。1つ目は『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』から『超神マスターフォース』まで、2つ目は『トランスフォーマーV(ビクトリー)』から『G2』まで、3つ目は映画『バンブルビー』と実写映画となります。

まずは1つ目『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』から『超神マスターフォース』コーナー。見ての通り、壁にびっしりと原画とキャラクターのパネルがはられ、中央のケースには当時の玩具が所狭しと並べられていました。

・カーロボット

続いて玩具。まずはカーロボットメインのケース。

別角度から。

・中央ショーケース

続いて、中央のケース。大きく作品やテーマで5つの区分に分けられ、玩具とパッケージがぎっしりと収められていました。2014年の「トランスフォーマー博」の展示ではパッケージが展示されていなかったので、今回当時のパッケージを見れるのは嬉しかったし、とても懐かしく感じました。

エアーボット部隊。後ろには「ゲッタウェイ」とプリテンダー「バンブルビー」の海外版のパッケージが。

底には「トランスフォーマー」の前身となるダイアクロン時代の「デバスター(建設車ロボ)」とガンロボ版「メガトロン(ワルサーP-38 アンクルセット」の箱が。

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』関連。全てはここから始まったと言っても過言ではないラインナップたち。この一角だけでもずっと見ていたくなるような空間でした。

サイバトロン側

底には関連するパッケージたちが。すべて当時の日本版と言うわけではなく、海外版やアンコール版など混ざっていました。

デストロンサイド。今年シージでG1スタイルのこの3体が揃うのはなんとも感慨深い。

『2010』関連。今見ても「2010』のキャラたちのカラーリングはポップでカッコイイ!

『ザ☆ヘッドマスターズ』〜『超神マスターフォース』関連。

シーコンズたちは海外ではブリスターで売られていたんですね。

なぜか今回の展示は「プリテンダー」が推されてるフシがあって色んな所に紛れていました。ここでは「ストラングルホールド」がいい位置を陣取っています。

「ダウロス」の箱の裏に隠れるように「ブラジオン」が。

「トレインボット」たちはバラのパッケージ。また、ちょっと見にくいですが『超神マスターフォース』の「マスターリング」も展示されています。

中央の上段には「フォートレスマキシマス」を中心にシリーズをまたいで展示されていました。

「ブラックザラック」。

「ガルバトロン」はオリジナル版と復刻版が展示されていました。

通販限定だった「ダウンシフト」のパッケージと、プレゼント品だった「ルナムック」。

2ページ目は壁一面に展示されていた原画&パネルをご紹介します!


お気に入りブログ更新NEWS

シェアする

フォローする

『イベント:トランスフォーマー35周年展「THE WORLD OF THE TRANSFORMERS」レポート その1』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2019/05/18(土) 02:09:55 ID:1c8b4e7aa

    2ページ目 【原画展示『トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ』〜『超神マスターフォース』】で表示名ツインキャストのはずが元のブロードキャストになってますよ

    0
  2. 名前:匿名 投稿日:2019/05/18(土) 08:16:46 ID:159f34891

    ラナマック良いなぁ
    これ欲しいわ

    0
  3. 名前:超偏見超変形 投稿日:2019/05/18(土) 08:49:05 ID:36744e378

    >>1さん
    ご指摘ありがとうございます!
    修正させていただきました。

    2+
  4. 名前:名無し 投稿日:2019/05/18(土) 11:12:53 ID:5a9f4612c

    自分は最終日に行きました。池袋は東京の中では行く機会が非常に多い場所なので、これは行かずにはいられないところでしたので。正直な話、最高です!行って損はありませんでした!お土産には、原画本とTシャツを買いました。

    2+
  5. 名前:匿名 投稿日:2019/05/18(土) 11:27:32 ID:8f1a8f9b5

    トレインボットのリメイクして欲しいなー。実際の車両はまだ現役なのかな?もう引退してるかな?

    2+
  6. 名前:中身はクラゲ 投稿日:2019/05/18(土) 14:00:47 ID:653f4ae22

    「PARCO」+「NVOY」で身長が足りなくてピョンとはねてるバンブルビーにキュンときた。

    3+
  7. 名前:匿名 投稿日:2019/05/18(土) 15:09:16 ID:52dca365c

    MFグラビア⑧の寄ってたかってダークウイングスを攻撃するゴッドマスター達で吹く

    3+
  8. 名前:初TFはサンダークラッカー 投稿日:2019/05/18(土) 16:23:46 ID:097c78895

    レポートありがとうございます。
    私も行きましたが、あまりの情報量に圧倒されて、なかなか先に進めませんでした(^_^;)

    子供は、どんどん先に進んで
    「これはウチにある! こっちは無い! 昔のメトロフレックス? ウルトラマグナス! フォートレスマキシマス全部欲しい!」
    と大騒ぎ。
    ・・・ウチのマスターピースやタイタンクラスたちだけで我慢してくれよ( ̄Д ̄;)

    これ、常設展示とかしてくれないかなぁ。
    家族で一日中、居られます!

    管理人さんが感動したという原画は、G1当時のデバスター、ダイノボットの商品パッケージ裏面に描かれていましたねー。
    デバスターの背景にビルドロン部隊がいたりしますが、とにかくお店でこの原画を眺めて、ため息をついた記憶があります。
    確か、当時のデバスターは4,900円ぐらいで、ファミコンソフトとどちらにするか悩んだものです。
    まぁ、デバスターを選んだんですけどね~。けっこう大事に遊んで、まだ我が家にあります。

    ガンロボ・ワルサーP-38アンクルセット、これは買えなかったなぁ・・・
    確か3,600円ぐらいだったと思います。
    その後メガトロンが発売されるわけですけど・・・アンクルセットではなかったので、サンダークラッカーを選んだのでした(^.^;)

    それにしても、初期のダイアクロン・ミクロマンは近未来メカが中心で、後期はリアルな実車やリアルサイズの拳銃やラジカセが中心。
    このリアルなものからトランスフォーマーが始まるのですが、2010以降は再び近未来チックなメカが多くなるのは、なんとも不思議な現象ですね~。

    8+
  9. 名前:匿名 投稿日:2019/05/18(土) 18:54:07 ID:2fbf2041b

    この展示良かったですよね。

    思わず原画集買ってしまいました。
    A3サイズのパルコンボイのポスター部屋に飾ってます(^ω^)

    2+
  10. 名前:匿名 投稿日:2019/05/18(土) 19:41:36 ID:85871b213

    たまたま帰省していたタイミングだったので見ることが出来ました
    ダイアクロン時代からおもちゃを買い始め、小学校1年生のときにリアルタイムで番組が始まり、めちゃくちゃハマってました。
    なので、とにかく懐かしくて、いつまでもみていたい気持ちでした!

    1+
  11. 名前:細切れさん 投稿日:2019/05/18(土) 19:44:16 ID:67cce22d8

    グラビア③は試作版ゴッドボンバーかな

    1+
  12. 名前:匿名 投稿日:2019/05/18(土) 20:00:40 ID:400c0bed7

    マスターフォース①の腕の銃に座っているのはゴッドマスターのライトフットでは?
    キャブは右胸にいるように見えます。
    右腕の銃はロードキング、左ウイングはレインジャーではないでしょうか?
    右ウイングはちょっとわかりませんね。

    1+
  13. 名前:ねぶたで酢豚 投稿日:2019/05/19(日) 02:23:56 ID:eff75413d

    いや~田舎者はこの手のイベントへは中々行けないので管理人さんのレポートは本当にありがたいです

    パッケージのイラストは全然アニメや商品と似てなかったりするのですが見慣れているせいか懐かしさでキュンとなりますな~
    特にリメイク組のイラストは当時品を見る機会が無かったので貴重ですね

    今回プリテンダー押しなのは何か意味があるのでしょうか?プリテンダーはアイディアは良いのに玩具の出来は今一つだったので出来れば現代の技術でのリメイクが発表されたら嬉しいんですけど、もしくは大型トランスフォーマー最後の1つデスザラックを発売して欲しい

    最後のイラストは何故スターセイバーがゴッドジンライに攻撃されてるんでしょう?回りのバロンチームが表示板みたいのを持ってるから競技会的なイラストなのかな?

    2+
  14. 名前:匿名 投稿日:2019/05/19(日) 07:59:25 ID:d79f29ae0

    更新いつも楽しみにしてます
    ①の
    中にはちゃんとキャブ、秀太、ミネルバそして腕の銃にはライトフットような気がします。

    1+
  15. 名前:減るバット 投稿日:2019/05/20(月) 08:57:14 ID:07b88fe5a

    ありがとうございます!運悪く事情が重なって行く時間が取れなかったので非常に嬉しいレポートでした!

    TF博からもう5年程と考えると早いものですね…
    TF博みたく大きな会場を使用した時のように迫力ある展示物で魅せる!というものより、こういう歴史の振り返りのできるアイテムや原画を見られた方がファンには刺さるかもしれませんね。というか私はそっちですね…w
    続きのレポート、楽しみに待たせて頂きます!

    0
  16. 名前:とある通りすがりのトランスフォーマーオタク 投稿日:2019/05/20(月) 15:37:19 ID:acc318671

    全てが懐かしい…「ああこれ持ってた!」「これもあったような…?」がたくさんです。兄弟でどっちがどれを買ってもらうかでほとんど好みが被ることなかったのを覚えてます。
    ゴッドジンライなど復刻版で初めて入手できた物もありますが、当時品ではスペリオンとかウルトラマグナス、ここにはないプレダキングなんかがお気に入りでしたね。今では皆最新の技術で最高にカッコよく甦って、ありがたい限りで。

    1+