トランスフォーマーニュース

マスターピースレビュー

シージ関連レビュー

実写映画関連レビュー

イベントレポート

イベント:カフェ・アドレス × 『バンブルビー』コラボカフェ「バンブルビーカフェ」レポート

今日はカフェ・アドレス × 『バンブルビー』コラボカフェ「バンブルビーカフェ」の様子をご紹介!



ということで、池袋パルコに2019年3月8日〜3月31日に期間限定でオープンする「バンブルビーカフェ」に行ってきました!この「バンブルビーカフェ」は映画『バンブルビー』の公開を記念したもので、池袋パルコ6階にある「カフェ・アドレス」が期間限定でバンブルビーをイメージしたメニューを提供する「バンブルビーカフェ」として営業するというもの。過去、トランスフォーマー関連イベントでのコラボメニューのようなものはありましたが、お店一つをまるまるトランスフォーマー仕様にしてしまうのは初ではないでしょうか!?ちなみに、池袋パルコではトランスフォーマー35周年展「THE WORLD OF TRANSFORMERS」 も同時期(2019年3月15日〜4月1日)に開催されます(こちらのレポートはまた後日)。それではいってみましょー!

【バンブルビーカフェ外観】

場所は池袋パルコの6階にある「カフェ・アドレス」で、バンブルビーカラーである黄色成分多めの外装になっています。「カフェ・アドレス」は今回の「バンブルビーカフェ」以外にも過去様々なコラボを行っており、直近では映画『翔んで埼玉』とのコラボを行っていました。ちなみに、期間中コラボメニュー以外の通常メニューもオーダー可能です。営業時間は午前10時から21時まで(ラストオーダーは20:30)。

お店の看板として使用されているバンブルビーのビジュアルは、 セブンネット限定「SS-EX 1967 ラスティバンブルビーに付属するアクリルキーホルダーのものと同じ。

手書きのバンブルビーがかわいい。

【バンブルビーカフェ内】

中は以外に広く、席数もあり満員になるとかなり賑やかな感じになりそう。中もバンブルビーをモチーフとしたパネルなどで装飾してあり、期間中は「バンブルビー一色」なお店を堪能できると思います。

映画『バンブルビー』とのコラボということで、ガレージをイメージしたような感じのデザインが随所に見られます。

プロジェクターでは映画『バンブルビー』の予告編はもちろんのこと、アニメ『超ロボット生命体トランスフォーマー』から、実写映画過去5作まで「バンブルビー(バンブル)」が登場した作品がダイジェスト的に流れていました。

今回の「バンブルビーカフェ」用に作られた映像も2種類用意されており、木村良平さんの声で喋ってくれていました。これは「やあ、バンブルビーカフェにようこそ。ゆっくり楽しんでいってね」バージョン。

もうひとつは「はいお待たせ。君の料理できたよ!」バージョン。

奥には今回『バンブルビー』で「バンブルビー」を演じた声優木村良平さんのサイン色紙が飾られていました。また、「バンブルビーカフェ」内にはQRコードが7つ隠されており、それを読み込むと木村良平さんによる「バンブルビーからの “秘密のメッセージ”」が聞けるという仕掛けもあり(今回紹介する画像のQRコード部分にはぼかしを入れさせていただいています)。

棚にはトランスフォーマー玩具が展示されていました。未発売のものもいくつか含まれていますが、ここで初お披露目のようなものはありませんでした。ちなみにこの写真のパネルで光っているのはサンリオデザインのバンブルビーで、このデザインを使ったグッズなども販売されています(後述)。

上段。主に映画『バンブルビー』関連の玩具がまとめられていました。未発売のものとしてはスタジオシリーズ「SS-23 ラスティバンブルビー」、「SS-28 ドロップキック」、「SS-29 シャッター」の3つ。

下段はマスターピースシリーズ。こちらは特に新しいものはなし。この他にヒーローX刊「トランスフォーマージェネレーション」や「テレビマガジン4月号」などが置いてあり、自由に見ることができます。

【メニュー】

管理人一行が通されたのはバンブルビーの下半身のパネルのあるボックス席。ちなみに座りたい席が埋まっている場合は、お店の人に言えば順番に通してくれるようです。この席の隣のバンブルビーの上半身がある席がやっぱり人気みたい。

ということでようやく席に。各席にはターボチェンジ「TC-16 バンブルビー」が置いてあり、自由に遊ぶことができました。

メニュー。

今回「バンブルビーカフェ」として用意されたメニューはフード2種類、デザート2種類、ドリンク4種類の合計8種類。フードとデザートは卵を使った料理ですが、これはたまごソムリエの友加里(タマミちゃん)監修の本格的なものとなっています。

コラボメニューを注文すると特製ランチョンマット(紙製)が1人1枚もらえます。もちろん使わず持ち帰ってもOK。ちなみに、写真をとるとちょっと飛び出して見えるようにわざとパースのかかった画像になっており、料理を置いて写真を取ってね、というSNSでの拡散を前提としたもの。

・バンブルビーエッグベネディクトプレート/1,500円(税込)

エッグベネディクト2つとサラダ、春キャベツのポタージュのヘルシーなプレート。エッグベネディクトとか青山でカットモデルを頼まれる女子高生あたりが食べそうなおしゃれな食べ物。けど、うまかった!

2つあるうちの黄色いほうはアボガドペーストの上に卵とオランデーソース。黒い方はチーズとサーモンの上にイカスミソースがかかっています。

・濃厚チーズソースのバンブルビーカルボオムライス(サラダ付き)/1,350円(税込)

卵の上にパプリカパウダー描かれたサイバトロンマークがインパクト大のオムライス。卵の下には明太子とベーコンとほうれん草が隠されています。周りのチーズクリームは控えめな味なので、明太子たちと混ぜて食べると明太カルボナーラ風に。お米はちょっと硬めな大人味なオムライスです。うまかった!

・彩りフルーツのバンブルビーイエローワッフル/1,080円(税込)

ワッフルとフルーツ、アイスにバンブルビーをイメージしたマンゴーのアングレースソースを添えたデザートプレート。バンブルビーがプリントされたクッキーがかわいい。これもうまかった!

・バンブルビーシトラスパフェ・エネルゴンキューブ添え/1.200円(税込)

パフェとしては珍しく、シトラス系でまとめられていますが、酸味は控えめ。うまい!各日数量限定なので、食べたい場合は早めに行くことをオススメします。

シュー生地ベースのバンブルビーの顔が乗っかってます。結構似てる…かな?

・オートボットレッドラズベリーソーダ/680円(税込)

メニューでは上が赤、下が青の2層に分かれていますが、実際は混ざって紫色に。いちごとラズベリーは食べるのか!?食べないのか!?

・ディセプティコンパープルレモネード/680円(税込)

ソーダベースのレモネード。こっちは普通に紫色。ゴクゴク飲んじゃいます。

・ハニービーラテ/680円(税込)

サイバトロンマークがココアパウダーで描かれたラテ。上に乗ったクリームも結構固くしっかりしていて、コーヒーも蜂蜜とコンデンスミルク入りなのでだいぶ甘め。なので食後のコーヒーにするとビビります。けど、うまい!

・バンブルビーマンゴースムージー/780円(税込)

今回は頼まず…次回行けたら飲む!(食べる?)

【グッズ】

バンブルビーカフェオリジナルのグッズもレジで販売されています。缶バッジが2種とアクリルキーホルダーが2種。

管理人が行ったのはオープン2日目でしたが、すでにキーホルダー1種が品切れになっていました。その後初週の週末ですべて売り切れたようですが、期間中に再入荷の予定はあるそうです。ちなみに35周年展でもおなじく缶バッジとクリアキーホルダーが販売されますが、それとは別のデザインになっています。

以上、カフェアドレス×『バンブルビー』コラボカフェ「バンブルビーカフェ」レポートでしたー!想像以上にがっちりとコラボをしたカフェになっていて、コアなトランスフォーマーのファンも、ライトなバンブルビーファンも楽しめる場所になっていると思います、ベースがちゃんとしたカフェだけあって食べ物もボリュームもあって美味しい!イベントでありがちなやけに値段だけ高いコラボフードなどとは違い、ちゃんと「ご飯を食べに行ける」メニューになっています。

お店の雰囲気も良く、1人でも普通に入れるし、家族連れで行っても全然大丈夫。もちろんトランスフォーマー友達とワイワイ行ったらきっと楽しいと思います!いよいよ3月22日から映画『バンブルビー』が公開されますが、それを観終わったあとに行ってもよし、同じパルコで開催されているトランスフォーマー35周年展のあとに行くもよしです!玩具とは直接関係はありませんが、『バンブルビー』公開を記念したお祭りのひとつとして、お近くに行かれた際は是非足を運んでみてはいかがでしょうか!


お気に入りブログ更新NEWS

シェアする

フォローする

『イベント:カフェ・アドレス × 『バンブルビー』コラボカフェ「バンブルビーカフェ」レポート』へのコメント

  1. 名前:さすりゅ~ 投稿日:2019/03/16(土) 17:41:16 ID:293468bb1

    ランチョンマット普通に食べ物乗せると皿で絵が隠れるから実質ドリンクかパフェ用っぽいですね
    結構な品数注文したようですが全部一人で平らげたのでしょうか?

    2+
  2. 名前:匿名 投稿日:2019/03/16(土) 17:48:58 ID:667ff510f

    さすがに友達と行ったとか親戚の子供連れていったとかですよね?
    ひとりで食える量じゃない

    1+
  3. 名前:匿名 投稿日:2019/03/16(土) 17:52:35 ID:807d2ee26

    楽しそうだけど、東京は遠い〜!

    映画も楽しみです!

    1+
  4. 名前:匿名 投稿日:2019/03/16(土) 18:21:01 ID:5b96d4ca4

    SDイラストとか日本的センスな感じですけど、この『バンブルビー=カワイイ!』ってノリ押しは、海外でもなんでしょうか?
    流行のネタに便乗した嘘邦題パッケージ詐欺洋画みたいに、日本の配給会社が独自にやってる事な気がして、なんだかモヤモヤ・・・。
    アニメとかゲームだと、よくこういうコラボカフェみたいなのありますし。

    2+
  5. 名前:匿名 投稿日:2019/03/16(土) 18:50:29 ID:667ff510f

    デフォルメバンブルビー個人的には好き
    でも実写よりの顔より初代アニメのバンブル見たいな顔がもっと似合うと思う

    1+
  6. 名前:匿名 投稿日:2019/03/16(土) 18:56:21 ID:e1cd84f7e

    >エッグベネディクトとか青山でカットモデルを頼まれる女子高生あたりが食べそうなおしゃれな食べ物。

    あ、太ももの擬人化みたいな某タカラのリカちゃんさんですね分かります。

    2+
  7. 名前:とある通りすがりのトランスフォーマーオタク 投稿日:2019/03/16(土) 21:51:50 ID:2a2e101b1

    このバンブルビー=カワイイ推しは日本独自のキャンペーンみたいですね。
    公式サイトでも「エモカワ」を共通語にインスタに感想上げよう!みたいなのがあるし。うちの職場の女性スタッフもカワイイと言ってますが、自分は正直「そうじゃねえんだよ…!」と。the movieのバトルを再現したサイバトロン星のシーンや、ファンなら知ってる名曲が挿入歌?やトラヴィス監督がトランスフォーマーオタクとか、完全に俺たちに向けたコンテンツじゃねえか!と思うのですが、それでは一般には全くウケナイのでこういう方向での宣伝になったのでしょうね…ヒットするといいな。

    2+
  8. 名前:匿名 投稿日:2019/03/17(日) 05:48:18 ID:a3bb96339

    ※7
    そういうこだわりは既存のファンには既に十分すぎる程伝わっている筈なので、前回の記事で管理人さんも書いてましたが新規層へのアピールはやっぱり大事かなと。作品を好きになる素質がある人がいたとしても、まずは一歩踏み入れてもらうキッカケを用意する事は大事だと思いますし、正直言ってそれを怠ってきた結果が近年のマニアにしか手に取ってもらえなくなってしまったTF(実写映画版に限らず)だと思うので…

    3+
  9. 名前:イポンコ 投稿日:2019/03/17(日) 21:39:38 ID:afb5d3b34

    管理人さん御一行で注文されたのかな?
    トランスフォーマーが話題になることはいいこと!35周年ですし、新規ファン層開拓して、その勢いで和製トランスフォーマーの新アニメシリーズとか作っちゃいましょ!

    2+
  10. 名前:初TFはサンダークラッカー 投稿日:2019/03/21(木) 18:57:35 ID:46bb81291

    我が家もバンブルビーカフェ、行ってきました!
    奇しくも、管理人様と同じ席でした(・ω・)ノ

    4+
  11. […] イベント:カフェ・アドレス × 『バンブルビー』コラボカフェ「バンブルビーカフェ」レポート (ブログ「超偏見超変形:リベンジ」hhh様) […]

    0