トランスフォーマーニュース

マスターピースレビュー

シージ関連レビュー

実写映画関連レビュー

イベントレポート

レビュー:TFジェネレーションズ パワー・オブ・ザ・プライム パンチ/カウンターパンチ

今日は「トランスフォーマージェネレーションズ パワー・オブ・ザ・プライム(プライムウォーズトリロジー)(海外版)」から「パンチ/カウンターパンチ」をご紹介!



商品名パンチ/カウンターパンチ(Punch/Counterpunch)
シリーズ名Transformers Generations:Power Of The Primes
クラスデラックスクラス
メーカーHasbro
発売時期2018年9月
価格$24.99

ということで、パワー・オブ・ザ・プライム(プライムウォーズトリロジー)版「パンチ/カウンターパンチ」です!アニメ『トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ』に登場したキャラで(海外では『ザ・リバース』)、日本では「ダブルスパイ(スペースパンチ/カウンターパンチ)」の名前でお馴染みです。海外ではAmazon.com限定の商品となり、「ブラストオフ」、「リパグナス」と共にスペシャルエディションとして発売されました。ものは完全新規となり、マイクロマスター「プライマプライム」のクリアバージョンが付属します。パワー・オブ・ザ・プライムのデラックスクラスではありますが、コンバイナーモードへの変形はなく、プライムアーマーのみが付属する形となっています。日本でも2019年2月に同じ仕様で発売されます。それではいってみましょー。

【パッケージ】

パッケージ。「ブラストオフ」、「リパグナス」と同様の作りで、フタが付いた箱になっています。

フタを開けるとこんな感じで、中に「POWER OF THE PRIMES」のロゴが配置されています。

Amazon限定で発売された「プライムウォーズトリロジー」のスペシャルエディションの箱を並べると1つのイラストになります。なかなかすごい組み合わせだな…

【パンチ】

まずはオートボット側の姿「パンチ」から。G1のデザインを強く踏襲していますが、細かいところも造形があり密度感があります。スタイルはシュッとしているのですが、それに対して若干腕が短い感じもしますがスリムでカッコイイ。

背面。背面は「カウンターパンチ」感が強いですが、ちゃんとデストロンマークは隠せるようになっています。

前面&背面。

側面。

バストアップ。頭部はコンボイチックなデザインがオートボット側であることを強く表しています。肩のごつい感じもカッコイイ。

【カウンターパンチ】

続いてディセプティコン側の姿である「カウンターパンチ」。全身ブルーのカラーリングになり、さらに肩のフォルムも大きく変わって「パンチ」とは印象がだいぶ違って見えます。拳の色もG1トイと同じくちゃんと変わっているのもいいですね。肩に配置されたタイヤのホイールが赤で差し色になっていてこれまたかっこいい。

背面。背面はやはり「パンチ」感強めですが、こちらでもちゃんとサイバトロンマークは隠せるようになっています。

前面&背面。

側面。

バストアップ。「パンチ」はコンボイっぽいイメージでしたが、「カウンターパンチ」はこれと言ってモチーフはなさそう?強いて言うのであれば、色も相まって「ストラクサス」っぽい感じがしないでもない。胸部にはクリアパーツが使用されていて、パンチよりもリッチ感がありますね。

武器。まずは銃タイプのもの。パンチ、カウンターパンチ共通で、特に武器自体にギミックはありません。

プライムアーマー。今回はそもそもコンバイナーモードにはならないので、なぜコレが付属しているかは謎ですが、「パワー・オブ・ザ・プライム」シリーズということで、プライムマスターを装着する部分が必要だったとかかな…?形状は「PP-07 オートボットジャズ」などと同じもの。色は濃いグレーでパールっぽい感じ。

クリアパーツのフタ部分は取り外して手に持たせることができます。

胸に取付可能。カウンターパンチでは背中にも取り付けられるのでバックパックのような感じにもできます。

【プライマプライム】

続いて「プライマプライム」。13人のプライムのリーダーで「最初のトランスフォーマー」。2019年1月に発売される「PP-43 スローンオブザプライム」に付属するもののクリアバージョン。海外版のレビューはコチラからどうぞ!

スパークコアモード。分かりにくいですが、目と鼻?のように見える部分は水色で塗装されています。

「プライムウォーズトリロジー」のスペシャルエディションに付属したクリアバージョンのプライムマスターたち。左は「リパグナス」付属の「ソラスプライム」、右は「ブラストオフ」付属の「メガトロナス」。

【ビークルモード】

ビークルモード。スポーツカーに変形。形状は実際にありそうなリアルな感じのデザインになっています。青いボディに赤いホイールがカッコイイ。ウインドウとライト部分もクリアパーツになっていてリッチな作りになっています。

背面。後部のライトもちゃんと塗装されていていいですね。変形はガワで包み込んでいくような感じが面白いです。ちなみに、肩の関節の組違いという話がありますが、特に直さなくても変形は普通にできるし、管理人的にはおそらく組間違いではないんじゃないか?と思っています。

前面&背面。

側面。

銃は底面に取り付けられます。

プライムアーマーはリーフ部分に取付可能。

リア部分にプライムマスターを取り付けられるペグが2つついています。

【比較】

『ザ☆ヘッドマスターズ』時の司令官であるレジェンズ版「LG31 フォートレスマキシマス」の「フォートレス」と。なんだかんだで『ザ☆ヘッドマスターズ』に登場したキャラはほとんど揃ってしまったという。残すは「メガザラック」くらいか…

デストロン側の前半のリーダーであったレジェンズ版「LG23 ガルバトロン」と。

レジェンズ版「LG32 クロームドーム」と、今回のパンチ/カウンターパンチは脚が長くデラックスクラスとしては身長高め。

レジェンズ版「LG30 ウィアードウルフ」とも。今回のはヘッドマスターじゃないから頭部の大きさもだいぶ違います。

ビークルモードでも。「パンチ/カウンターパンチ」はかなりコンパクトにまとまっているのが分かります。

【可動・アクション】

可動はオーソドックスですが良好。腰は回りませんが、それ以外の動いてほしいところはしっかり動いてくれます。すみません、腰もちゃんと回りました!(画像も追加しました)また、足首はないのですが足裏の接地面があるので、そこまで気になりません。以下、パンチ、カウンターパンチ交えて写真続きまーす。

今回はこの「カウンターパンチ」モードが一番かっこよくてお気に入り。

プライムアーマーに「プライマプライム」を取り付けて。

股間にフィギュアスタンド用の穴があるのでそれを使って。もちろん「カウンターパンチ」時も若干前よりになってしまいますが普通に使えます。

以上、「トランスフォーマージェネレーションズ パワー・オブ・ザ・プライム(プライムウォーズトリロジー)(海外版)」から「パンチ/カウンターパンチ」でしたー!これまでいわゆる「ダブルスパイ」の玩具はジェネレーションズ系ではTransformers Collector’s Clubでしか発売されておらず、どれも高嶺の花でなかなか手が出せていなかったのですが、今回なんと完全新規造形で発売されるということで即海外版を購入しました(レビューはこんなに遅くなってしまったけれど…)!サイバトロンとデストロン、さらにビークルモードと3段変形をするわけですが、どのモードもしっかりかっこよく、また「パワー・オブ・ザ・プライム」シリーズのデラックスクラスでありながら、コンバイナーモードがオミットされたおかげ?で変形、プロポーションともしっかりしています(コンバイナーモードも見てみたかったけど)。なぜ完全新規でこんなにいいものが限定で…と思っていましたが、日本では一般販売されることになり、手軽に入手できるようで本当に良かったです(パンチ、カウンターパンチ両方で飾っておきたいから日本版も買ってしまうかも…)。キャラ的にはマイナーですが、両陣営に変形できるトランスフォーマーの歴史の中でも貴重なキャラなので、気になる方は是非手にとってみてください!


お気に入りブログ更新NEWS

シェアする

フォローする

『レビュー:TFジェネレーションズ パワー・オブ・ザ・プライム パンチ/カウンターパンチ』へのコメント

  1. 名前:さすりゅ~ 投稿日:2018/12/27(木) 02:59:12 ID:fc8472acf

    スペシャルエディション3種の箱の横のイラストを並べると1つの大きなイラストになるのは初耳です
    日本だとブレストオフが未発売、リパッグがレジェンズ枠での発売だからダブルスパイのイラストしか拝めない…
    まぁ自分は箱は捨てる派なのであんま意味はないのですが。シージの箱のブラックライトで見える隠しメッセージ然り

    4+
  2. 名前:匿名 投稿日:2018/12/27(木) 08:20:31 ID:a536568b1

    ついに来たか…
    ランボルリデコの欲しかったけどこんなに良いもんが出るとはなぁ
    ビークルモードかっちょいいしロボットモードが2つともしっかりしてるし何より値段が気に入った

    3+
  3. 名前:匿名 投稿日:2018/12/27(木) 09:58:19 ID:10d3ec3fb

    前後に倒せるつま先が造形されてれば、もっと良かったのに。。という印象です。

    4+
  4. 名前:中身はクラゲ 投稿日:2018/12/27(木) 12:03:34 ID:e717c5891

    >「なんだかんだで『ザ☆ヘッドマスターズ』に登場したキャラはほとんど揃ってしまったという。残すは「メガザラック」くらいか…」
    トレインボット、ターゲットマスター戦士、スナップドラゴン、エイプフェイスのボディー…

    プライムマスター、クリアで綺麗、神聖感があって良い
    他のプライムマスターも初めから皆クリアで出して欲しかった…と思ったけど強度が落ちそうだな。

    3+
  5. 名前:超偏見超変形 投稿日:2018/12/27(木) 12:05:56 ID:0a12bec93

    >>中身はクラゲさん
    すみません、結構残ってましたね…w

    5+
  6. 名前:サイバトロン小司令官 投稿日:2018/12/27(木) 13:41:56 ID:f556a144c

    トレインボットはなんとしてもリメイクして欲しいですね。
    今の技術で作ったら、合体後の可動も結構イケそうな気がする・・・

    2+
  7. 名前:さすりゅ~ 投稿日:2018/12/27(木) 16:01:28 ID:fc8472acf

    海外主導だとアストロトレインくらいしか復刻も新規リメイクもされない鉄道車両モチーフのトレインボットが一番リメイクされにくそうですね…
    それ以外はまだそれぞれ望みがありそうなだけにこれだけ出ないというのは歯がゆい
    アメリカで新幹線が走っていないからといって鉄道車両全てが馴染みがない(だからトランスフォーマーのモチーフにも採用されにくい)というのはどうにも腑に落ちないんですよね

    3+
  8. 名前:初TFはサンダークラッカー 投稿日:2018/12/27(木) 17:17:58 ID:92e32dacf

    ※7
    電車といえば、今年のシンカリオンは十分な売上実績を作ってくれましたね。
    5両合体のドクターイエローとか見ると、ライデンもいけそうな気がします。
    ビデオ作品のビッグパワードも商品化されましたし、ここらで電車系TFの決定版を出して欲しいところ。
    問題は30年以上前の車両を、忠実に再現すべきか否か…
    個人的には、それっぽいデザインでも十分かと思っています。

    そういえば、パンチはプライムアーマーがついているのに合体しないんですね。
    合体戦士は合体状態で飾れるので、非常に省スペースで助かると思っていただけに、ちょっと残念。
    まぁ、国内版を予約したので、楽しみに待ちます!

    1+