トランスフォーマーニュース

マスターピースレビュー

実写映画関連レビュー

POTP関連レビュー

イベントレポート

レビュー:TFスタジオシリーズ SS-10 ロックダウン


今日は「トランスフォーマースタジオシリーズ」(国内版)から「SS-10 ロックダウン」をご紹介!



商品名 SS-10 ロックダウン
シリーズ名 スタジオシリーズ
クラス デラックスクラス
メーカー タカラトミー
発売時期 2018年7月21日
価格 ¥2,800(税抜)

ということで、スタジオシリーズ版「ロックダウン」です!「ロックダウン」は『トランスフォーマー/ロストエイジ』に登場した賞金稼ぎで、玩具的にはディセプティコンとなっていますが、設定としてはオートボット、ディセプティコンどちらにも属しないキャラクターです。玩具は映画公開当時にデラックスクラス「AD26 ロックダウン」が発売されており、今年2月にはその頭部替えで「MB-15 ロックダウン」が発売されています。しかし、「AD26 ロックダウン」は超偏見トランスフォーマーアワード2014でワースト1を獲得した過去もあり、ロストエイジのラスボスとしては玩具はイマイチなキャラクターとなっていました。そんなロックダウンがスタジオシリーズで念願のリメイク!他のスタジオシリーズ同様、海外と同じ仕様での発売となります。それではいってみましょー。


パッケージ。ちなみにイラストで装備している武器は今回付属しません…


台紙兼ディスプレイスタンドはロックダウンの宇宙船の風景。


ロボットモード。劇中より若干マッシブな印象ですが、各部の造形が素晴らしく、想像するロックダウンの姿がしっかり再現されています。公式画像ではわからなかったのですが、塗装や塗り分けもしっかりしており、実物はなかなか重厚感あふれる感じになっています。


背面。背中は結構大きな背負いモノをしていますが、かかとがしっかりあるので後ろの傾く感じはありません。

前面&背面。

側面。足が真っ直ぐではなく、膝下がうしろにそれた感じが個人的にちょっと気になっていて、デザイン的に正しいのかもしれませんが、足首をもっとうしろまで曲げられると嬉しかったなあ。


バストアップ。とにかく今回顔の造形がすごい!デラックスクラスながら、かなり劇中に忠実に作り込まれて怖いくらい。胸部や肩も細かく、さらにしっかり塗り分けされているのが分かると思います。


今回、ロボットモード状態で説明書で説明されていない箇所が3つあり、買って出しただけの状態ではなかなか気づかない部分だったりするので説明します。1つ目は胸部。胸部のプレートですが、位置段階手前に押し出すことができます。これによって、胸部が少しではありますが立体的になります。ただ、ロックが固いので、ビークルモード時に頭を収納する背中の穴から前に押し出してあげると良いです。


2つ目は腕。肩パーツと二の腕のパーツをつないでいる箇所ですが、二の腕のパーツが後ろ側にスライドします。スライドさせることにより回転しやすくなり、変形もしやすくなります。ロボットモードでは後ろに下げすぎるとタイヤが背中のガワに干渉してしまうので、適度に前の方にしておくと良いと思います。


3つ目。かかと部分のパーツを接続しているパーツを後ろに引き出すことができます。これにでかかとがより後ろ側に広がるので立たせやすくなります。これらでぐっと遊びやすくなる部分もあるので、是非試していただければと思います。というか、説明書にちゃんと書いてほしい。


続いて武器。まずは鉤爪。ロックダウンは『トランスフォーマーアニメイテッド』出身で、そのアニメイテッド版でも鉤爪を装備しておりそれを受け継いだ形。1箇所ヒンジがあり可動します。


もうひとつナイフ状のもの。腕の側面に装着します。


グリップも付いているので普通に手に持たせることもできます。


ビークルモード。「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP-700−4クーペ」に変形。ビークルモードはさすがの再現度。また全面塗装になっているのでとても見栄えが良いです。フロントライトもしっかりクリアパーツで再現されているのもいいですね。ちゃんとウインドウも閉まっています。


背面。テールランプもちゃんと塗装されています。変形は言ってみればガワ変形。パーツの合いは結構タイトで最初は少し苦労しました。

前面&背面。

背面。薄い車体もちゃんと再現されています。


サイドに武器を取付可能。


『ロストエイジ』版ムービーアドバンスドシリーズ「AD26 ロックダウン」と比較。ロストエイジ版の玩具はラスボスにしてはだいぶ弱そうな感じで、当時はとてもがっかりしたものでしたが、ようやくかっこいいロックダウンが手に入ったのは嬉しい!


ビークルモードでも。ロストエイジ版も形状の再現度は高いのですが、何故かウインドウ全開。今回はウインドウも閉じてるし、色も塗装でしっかり再現されています。


ムービー ザ ベスト版「MB-15 ロックダウン」と。確かにマスクオン状態は劇中で重要だけれども、時期的にスタジオシリーズ版が出ることが分かった上でなぜこれを出したのか?というのはやっぱりある。


ビークルモードでも。


「最後の騎士王」版ボイジャークラス「オプティマスプライム」と。オプティマスが28フィート(8.5mくらい)、ロックダウンが22フィート(6.7mくらい)なので、若干オプティマスが実際より大きい感じ。スタジオシリーズで騎士オプが新規で出てくれるといいなあ。


ビークルモードでも。


可動はい見た目に反していま一歩。特に足部分は大きく広げると接地が心もとなくなるので、足首に横の可動があれば嬉しかったなあ。腰が回ってくれたりもするんですが、各部のパーツがデザイン上ごてごてしてるので干渉しやすいです。以下、写真続きまーす。


鉤爪は腕のサイドに取り付けることで、劇中での穀物のタンクに登っていくシーンの雰囲気を再現できます。


顔のデザインはめちゃくちゃかっこいいのですが、人間っぽいこともあってか、ポーズを付けたときに無表情な感じが不自然になってしまうという欠点が。逆に表情に合うポーズのときはものすごくカッコイイです。


お尻にフィギュアスタンド用の穴があるのでそれを使って。


以上、「トランスフォーマースタジオシリーズ」(国内版)から「SS-10 ロックダウン」でしたー!造形はロボットモード、ビークルモードどちらも文句なし!ただ、その分タイトで動かしにくかったり、変形させにくかったりもします。新製品プレビューの際も言ったのですが、「ロストエイジ」版のロックダウンの出来がイマイチだったので、その分自分の中の期待が高すぎたのも事実です。しかし、あのあと写真を撮りながらじっくり触ってみたのですが、クセを把握できれば造形の後押しもあってすごくいいものと感じるようにもなりました。なんというか、ちゃんと触ってみると設計者の意図したものが伝わってくるというか…今ではとても気に入っています。それとは別に説明書がわかりにくいというものもあり、評価に直結するような部分が抜けていたりするのはどうにかしてほしいところ。スタジオシリーズはせっかく日本語にローカライズしてる訳だから、その辺りをちゃんとフォローしてくれれば商品自体の評価を無下に下げてしまうことは避けられると思います。玩具自体は悪くなく、『ロストエイジ』は「スティンガー」、「グリムロック」、「ロックダウン」と、公開時にはできなかった理想的な姿でリリースされているので、今後のスタジオシリーズのラインナップにも期待が高まります!

Amazonフィギュア・ドールのランキング

Amazonロボット・ソフビ人形のランキング


お気に入りブログ更新NEWS

シェアする

フォローする

『レビュー:TFスタジオシリーズ SS-10 ロックダウン』へのコメント

  1. 名前:金木犀 投稿日:2018/07/29(日) 00:44:11 ID:3bed23493

    自分もロックダウン買いました!最初はタイトな変形に戸惑ってましたが、慣れるとカッコいいんですよねこれが!笑 今回は造形、塗装共にとてもよい仕上がりになっているのは確かです!写真だと分かりにくいですが、ロボットモードの時の塗り分けの綺麗さや、ビークルモードでの全面塗装は、近年のトランスフォーマーには珍しかったので、自分は十分に満足しました♪ マスクオンで顔面キャノンが再現されたロックダウンが出たらいいな…

    0
  2. 名前:Go boy 投稿日:2018/07/29(日) 00:53:12 ID:8fa8227a8

    レビューお疲れさまです
    自分はファーストインプレッションも悪くなかったですが、管理人さん同様遊んでいるとより面白味が感じられました。例えるなら噛めば噛むほど味がするスルメ的なアイテムとでも言いましょうかw
    パーツの干渉を注意すれば腕を結構上まであげられますし、アクションの幅もかなりあります

    不満点は、ビークルへの変形がかなりタイトなことですね
    あと、初めてビークルへ変形した際に肩のモールドパーツがポロリしました。Amazonレビューで同様のことを書いてるのを見かけましたし、注意した方がいいです
    一応接着剤なしでも嵌め込めるようになってますが、すぐ取れやすい部分なので気を付けた方がいいでしょうね

    0
  3. 名前:ナナシン 投稿日:2018/07/29(日) 01:18:28 ID:11fee2710

    せっかく腰の回転軸があるのにパーツ干渉のせいで殆ど機能しないのは構造上の欠陥だなぁ
    (変形には一切使用しない純粋にアクション用の関節だと思うのでなおさら)
    背中のガワを接続してるパーツの干渉を削ったりと色々試しましたが、股関節上部のカバーっぽいパーツの側面を薄く削ってあげるのが一番効果的かなと感じました
    あと踵のガワの接続部分はピン接続にしてほしかった……外れまくりだよ!
    とは言えビークル、ロボット共に造形は非常に格好良くて実に宜しい!

    0
  4. 名前:匿名 投稿日:2018/07/29(日) 01:53:29 ID:eb683b85d

    司令官とロックダウンの身長、メートルになってますが正しくはフィートでっせ

    高級外車系は大人の事情か、ガワっぽくなるのがなあ

    0
  5. 名前:匿名 投稿日:2018/07/29(日) 01:56:33 ID:d5476502e

    自分も購入当日は「あれ~…うーん…またかあ…ロックダウン…」と
    何故かガッカリしていたのですが、
    触っていく内に逆に手持ちのTFの中でもTOP3に入るお気に入りになりました。
    管理人さんの感想のうつろいがめちゃくちゃよくわかりますw

    0
  6. 名前:匿名 投稿日:2018/07/29(日) 03:31:22 ID:0680bf83c

    造形が素晴らしいですね!変形は単純で面白みは正直薄いですが本当にディティールが素晴らしく、ビークルも全塗装、これぞ公式って感じで満足度高いです。
    説明書に書かれていない変形プロセスがあるの辺りはご愛嬌です(^-^)
    頭のキャノンが再現された完全版も発売されそうですね。
    惜しいと感じたのは腕と足の関節の少なさですかね、手首はしょうがないとしても、足首の関節があれば自由度も大きく広がりそうと思います。

    0
  7. 名前:Riku.S 投稿日:2018/07/29(日) 03:31:24 ID:3aad307a0

    レビューお疲れ様です!
    劇中の感じを思うともう少し大きくして欲しかった印象を覚えましたが、武器が2つ付いてなおかつ劇中通りの造形なので贅沢な悩みだと思いました…(笑) いずれ出るであろうマスク版にもっと複数の別造形の武器が付属してほしい気もします。

    記事中で気になったのは、ビークルモードの写真で「前面塗装」となってますが、多分「”全面”塗装」のことですよね…。あと、身長でオプ28m、ロックダウン22mとなってますが、どちらも「フィート」の間違いだと思います…それだとデカすぎる(((
    …と、この身長設定を思うと、やはりスタジオシリーズであってもロックダウンをもう少し大きくして欲しかったと思ってしまいます。

    0
  8. 名前:超偏見超変形 投稿日:2018/07/29(日) 05:33:07 ID:f6f014f61

    >>4さん
    ああ!すみません!でかすぎですね…
    修正させていただきました!

    0
  9. 名前:momyuru 投稿日:2018/07/29(日) 06:08:52 ID:db57c9d15

    兎に角劇中の再現度がAD版と天地の差ですね。可動範囲が狭いけど映画では個人的には派手なアクションよりゆっくり歩いてるイメージがあるのであまり気にならなかったです。武器が車体下に収納できたら良かったですね〜。

    0
  10. 名前:匿名 投稿日:2018/07/29(日) 07:52:58 ID:66968263b

    アクション性は微妙ですが、ディテールが細かいので個人的にはお気に入りです。
    今見るとAD版の顔は全然似てない気が笑

    0
  11. 名前:numao 投稿日:2018/07/29(日) 08:08:20 ID:796c82e55

    造形は素晴らしいものの、変形はLA版の方が面白味がありましたね。
    アニメイテッド版のようにデラックスサイズのビークルからボイジャーサイズのロボットに変形するトンデモ変形がまさに理想的でしたが(笑)

    0
  12. 名前:ワスプ 投稿日:2018/07/29(日) 08:08:20 ID:d5b7b3940

    AD版だれ⁉️

    0
  13. 名前:さすりゅ~ 投稿日:2018/07/29(日) 17:38:22 ID:52491f912

    当初武器はMBロックダウンと共通なのではないかとも言われていましたがフックの持たせるピンの位置が全然違う辺り単に同じ武器がモチーフなだけの新規造形のようですね
    ただナイフはMB版の方が大振りで剣みたいでかっこいいと思う。劇中設定だとSS版のようにナイフサイズが正しいっけか

    イラストで持っている武器はリデコのシャドウレイダーに付属する物でしょうか
    今回内箱絵はロックダウン用に描き起こされたものなのでシャドウレイダーがスティンガーと共通になるかロックダウンと共通になるかで映画のどのモブTFを意識したアイテムかわかりそう

    顔キャノンは再現されていないのでADロックダウンがまだ完全に要らない子にならないのは惜しい…

    0
  14. 名前:細切れさん 投稿日:2018/07/29(日) 21:34:31 ID:8d9873d0e

    私が買った物は片腕だけスライドした状態で入っていたので最初不良品かと思って焦ってしまいました。

    あと踵はせっかく説明書に二重ヒンジのマークがあるんだからちゃんと書いてほしかったです。

    0
  15. 名前:るいん 投稿日:2018/07/30(月) 08:09:28 ID:4c5efc1a1

    レビューお疲れ様です!

    AD版が劇中とは程遠いものだったロックダウンが、スタジオシリーズになって劇中に忠実になって帰って来てくれてホント嬉しいです…!

    また、意図的か偶然かは分かりませんが、AD版のキャノン砲は、顔をしまい込んで背中のガワに後ろ側の突起を挟み込むことで頭部に取り付ける事が出来るようになってました!

    0
  16. 名前:匿名 投稿日:2018/07/31(火) 11:34:07 ID:1f7c866a1

    「前面」塗装じゃなくて、「全面」塗装ですよ

    0
  17. 名前:超偏見超変形 投稿日:2018/07/31(火) 13:04:02 ID:8cb489e02

    >>16さん
    ご指摘ありがとうございます。修正させていただきました。

    0