レビュー:TFロストエイジ AD26 ロックダウン

245_000
今日は「トランスフォーマー/ロストエイジ ムービーアドバンスドシリーズ」から「AD26 ロックダウン」をご紹介!(※映画のネタバレが含まれますので、まだ観ていない人は注意!)



商品名 AD26 ロックダウン
シリーズ名 ムービーアドバンスドシリーズ
クラス デラックスクラス
メーカー タカラトミー
価格 ¥2,800(税抜)

ということで、「トランスフォーマー/ロストエイジ」版デラックスクラスの「ロックダウン」です!「トランスフォーマー/ロストエイジ」で大ボスとして登場した「ロックダウン」はもともと「トランスフォーマーアニメイテッド」が初登場となる比較的新しいキャラで、賞金稼ぎ&武器コレクターという設定はそのままに、今作ではランボルギーニ・アヴェンタドールに変形。一気にキャラとしての認知度を上げました!玩具としては海外ではジェネレーションズシリーズとしてリリースされており、日本のムービーアドバンスドシリーズではより劇中に近いカラーリングとなっての発売となります。それではいってみましょー。

245_001

245_002
パッケージ。最初ロックダウンの顔を見た時は顔の皮をすでに剥がされたみたいな顔であまりかっこよく感じていなかったけど、映画を見たあとはクールでかっこよく見えてしまう不思議…!パッケージ裏の写真は海外版のままで、今回のムービーアドバンスド版と色の差がわかります。

245_003
ロボットモード。下半身のボリュームがなんとも貧弱な感じが残念…足が短いのが一番の原因と思われ、これでもう少し足が長かったら全然違ったんじゃないかなあ…よく見ると造形は劇中での細部をよく再現していて悪くないんですが、ラスボスとして登場するキャラとしてはボリューム不足な感じが否めません。

245_004
背面。養分が背中に持って行かれているというか、ビークル時に表に来るパーツはすべて背中側に配置されています。

245_005 245_006 245_007

3面。やはり前面と背面のボリュームの差を感じてしまう…デザイン的に難しかったのかもしれないけど、もっとビークルのガワを活かした変形をしてほしかった。というかランボルギーニとの間で「実車にあるライン以外での分割は認めない」とかいう契約があったんじゃないかと勘ぐってしまうくらい。

245_008
バストアップ。骸骨のような頭部はよく再現されていると思いますが、シルバーの塗装がちょっときつすぎるかな(というか写真がちょっと飛んじゃっててすみません…)。目はクリアパーツとなっており、黒目だけが緑で塗装されていますが、集光は強めの光を当てないと感じることは出来ません。胸にはディセプティコンマークがあり、劇中で印象的だった半分に割れたランボルギーニのロゴの造形もちゃんとあります。ここを金に塗るだけでもぐっと良くなりそう。

245_009
武器は劇中でも印象深く使われていたキャノン砲的なもの。なかなかのボリュームです(劇中では手持ちではなかったけど)。

245_010
スプリングギミックではなく、手前の砲身部分を押し込むとミサイルが押し出されるタイプですが結構勢い良く飛びます。

245_012
劇中同様、頭部が変形したような感じで取り付けることが可能。これができるのはとてもよい!

245_011
あとは肩にも取り付けることが出来ます。

245_013
続いてビークルモード。ランボルギーニ・アヴェンタドールに変形。これは完璧と言っていいほどの再現度!しっかりエンブレム部分も金で塗装されています。背面のディセプティコンマークもカッコイイ。けど、何故かウインドウが開いた状態なのが残念…

245_014
背面。リアのライトもちゃんと塗装されており、GM組の車両とは大分待遇が違う感じ。やっぱりランボルギーニの監修が厳しいからなんだろうか?ちなみに変形はよく言われているように、「ダークサイド・ムーン」時に発売された「DA09 ロードバスター」と非常に似たものとなっています。

245_015 245_016

武器をつけて。

245_032
ロストエイジシリーズの「LA09 ロックダウン」と比較。ロストエイジシリーズと比べてもあまり大きさの差を感じないという…ちなみにロストエイジシリーズ版はマスクオン状態。

245_033
ビークルでも。さすがにこれは今回のデラックスクラスの再現度が圧倒的。けど、どちらも同じような大きさ…あとどちらもウインドウが開いているのが謎。

245_021
アニメテッドの「ロックダウン」(海外版)と比較。これ、どっちもデラックスクラスなんだぜ…今回のロックダウンは武器が大きいと言ってもこの差はやっぱり悲しくなりますね…映画の中ではロックダウンの特徴とも言える鉤爪を使っていたのが印象的で、「ああ、ちゃんとロックダウンだなあ」と感動。これで吹き替えの声優が大塚明夫とかなら完璧だったけど、磯部勉の声もかっこよかった!ちなみにアニメイテッドでは元オートボットで、その後ディセプティコン(と言っても一匹狼な感じ)になったという設定でした。今回の「ロストエイジ」では玩具などではディセプティコンですが、劇中での立場は彼のセリフから判断するに、ディセプティコンというわけではないようです。

245_022
これ、どっちもデラッ(略)アニメイテッドではカスタムされたマッスルカーに変形します。今回のアヴェンタドールも凶悪さが出てて、個人的にはとてもロックダウンっぽいなあと思った。アヴェンタドールといえば「ダークナイト・ライジング」で同じようなカラーのものをブルース・ウェインが乗っていましたね。

245_023
ムービーシリーズでも「ロックダウン」は商品化されています。これは「リベンジ」の後に展開された「N.E.S.T.」シリーズで発売された「RD-26 ディセプティコンロックダウンロックダウン」。アニメイテッドのスタイルに忠実に再現されており、個人的にもとても気に入っている玩具の一つです。「N.E.S.T.」シリーズはこの他にも名作揃いで、「ロストエイジ」が終わった後も同じように外伝的な商品が出てくれることを期待したいですね。

245_024
ビークルでも。N.E.S.T.版はビークルもアニメイテッドに忠実なデザインとなっており、ムービーシリーズとしてはちょっと浮いた存在かも。

245_017
同じムービーアドバンスドシリーズでデラックスクラスである「AD27 バンブルビー」と。ボリュームは意外と似たような感じですが、やっぱりスタイルの違いが大きい。劇中のサイズもロックダウンのほうが大きい設定になっています。

245_018
ビークルでも。そもそもタイヤの大きさも違っていて、スケールは結構違うみたいですね…

245_019
ロストエイジシリーズの「LA01 バトルコマンド オプティマスプライム」と。リーダークラスの「AD-01 オプティマスプライム」とでは比べる意味もなさそうなのでこっちで。ラストバトルで対等に戦うくらいなので、ロックダウンはもっと大きくてもいいんだよなあ。

245_020
ビークルでも。これもだいぶロックダウンが小さく感じるなあ。

245_025
可動は悪くないですが、手の造形がこんなかんじだったり、体型もイマイチなので、あまりかっこいいポーズが決まりにくい…あと、何故かムービーアドバンスドシリーズではお馴染みのフィギュアスタンド用の穴もなくて、作りとか含めて総合的にイレギュラーなものに感じてしまいます…以下、写真続きまーす。

245_026

245_027
トレーラーでこの形態を始めてみた時はどんな役なのかさっぱりだったけど、あんなにもかっこよく描かれるとは思わなかったなあ。1作で退場なのは残念…

245_030

245_029
足さえもう少しボリュームがあれば…!

245_031
ガルバトロンとオプティマスが戦っているところに、のっそのっそ歩いてくるシーンを再現した…つもり…

245_028

245_034
以上、「トランスフォーマー/ロストエイジ ムービーアドバンスドシリーズ」から「AD26 ロックダウン」でしたー!ものとしては決して悪くないのですが、劇中の設定や活躍を鑑みるとどうしても全体的なボリューム不足を感じてしまいます。兎にも角にも小さくて、ほかのデラックスクラスと比べても見劣りするし、ビークルモードもせっかくの再現度なのに小さくてもったいない。変形も今回ムービーアドバンスドシリーズでは低コストの中で挑戦的な変形が多い中で、決して評判がいいとは言えないDOTM版の「ロードバスター」とほぼ同じなのも「なぜ?」と感じざるを得ません。となるとランボルギーニとの契約があって厳しい制約下の元に作られたんじゃないか、と思わずにはいられないのですが、同じランボルギーニのライセンスを取得した「MP-12ランボル」を考えると、そんなことはないような気も…劇中ではもうオオゥ…になってしまったので、今後リメイクされることも少なそうですが、なにか外伝的なもので作りなおしてくれたら嬉しいなあ…

レビュー:TFロストエイジ AD26 ロックダウン」への6件のフィードバック

  1. xx

    やっぱり・・・迫力が無いんですよね
    公開前から好きだったので、本編での活躍を観た後いじると悲しくなります…
    せめてボイジャークラスなら嬉しかったです。

  2. マスタング

    レビューありがとうございます。
    私は英語版より、日本語版の声の方が好きです。アニメ『マルドゥック・スクランブル』の登場人物「ボイルド」の演技とよく似ていたので。
    結局、銃形態は顔だけなんですね。かっこよく見せるために首から下が見えないカメラワークなので勘違いしてしまった。ガルバトロンもやってくれたら嬉しいなー。

  3. らいら野おるふぇ

    いつも楽しく拝見させていただいております。

    ロックダウン…今回のシリーズで最も注目されていたのは間違いないのに、もっとも残念な感じに仕上がってしまったキャラクターな気がします。
    劇中でもオプティマスと体格差がそこまでないのに、ランボルギーニに変形している時点でおかしい気もしますが、やっぱりもっと大きく作って欲しかったなぁ…と。

    クラッシックオプティマスのビークルモードが大きさ的にデラックスクラスと大差なかったので、あんな感じの構造を昇華させることでイイ感じのサイズになったんじゃないかと思います。
    個人的には、墓場の風のおっさんと一緒にヒューマンアライアンス(リベンジ時の仕様)で発売して欲しいかなぁ…と。

  4. コウジカビ

    上半身の車のフレームが防弾チョッキみたい。脚はおもちゃでは細いけど劇中では足腰が筋肉で太いおっさんがぴっちりとしたズボンはいたみたいなシルエットだったので「オプティマスプライム=騎士」に対して「ロックダウン=現代兵」をイメージしたデザインなのかも。

  5. HERO

    ロックダウンは映像見る限り車体の面影がほとんどないのである意味こうなってしまうのも仕方ないっちゃ仕方ないんでしょうけど・・・
    ガワを利用して身長を伸ばせてたら良くはなってたかもしれませんね
    何はともあれレビューお疲れ様です

  6. アウトキャスト

     レビューお疲れ様です★
     A軍のキャラ、特にクロスヘアーズあたりと比べるとデフォルメ感が皆無なのは嬉しいですね。皆さんご存知の通り、模型は立体映えを意識して意図的に丸みを持たせる事が多いのですが、ブログ等の写真を見る機会が多い昨今、むやみにデフォルメをするのも違和感がありますからね。ご指摘の様にサイドウィンドウが全開なのを除けば完璧なシルエットですよね★
     ただ、いつも申し上げておりますが、商品をシリーズ展開するならせめて縮尺とデフォルメの度合は統一してほしいです…折角集めても並べた時にモノがまちまちでは興ざめしてしまいますし、悪い時には購入を後悔する事もしばしばありますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。