マスターピースレビュー

レガシーシリーズレビュー

ビースト覚醒シリーズレビュー

スタジオシリーズレビュー

SS86シリーズレビュー


TFニュース(日報)新製品プレビューTF予約情報超偏見TFアワードイベントレポート

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

レビュー:マスターピース MP-58 ホイスト

マスターピース MP-58 ホイスト

今日はマスターピースから「MP-58 ホイスト」をご紹介!



商品名MP-58 ホイスト
シリーズ名マスターピース
クラス
メーカータカラトミー
発売時期2024年1月27日
価格22,000円(税抜)

ということで、マスターピース版「ホイスト」です!「ホイスト」は『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』に登場したサイバトロンの補修員です。玩具としては「MP-56 トレイルブレイカー」のパーツを一部流用しつつ大部分が新たに作り直され、アニメの見た目を再現したものになっています。それではいっていましょー!

【パッケージ】

マスターピース ホイスト パッケージ
マスターピース ホイスト パッケージ

パッケージ。

マスターピース ホイスト パッケージ

箱の中はこんな感じ。付属品も多く楽しそう。

キャラクターカード。目がキラーンと光ったイラストがやけにかっこいい。

【ロボットモード】

マスターピース ホイスト ロボットモード

ロボットモード。「トヨタ ハイラックス」のリアルなボディにディテール少なめの四肢のコントラストが面白い。ただ、アニメのずんぐりとした印象と比べると頭身が高く、スラっとしたスタイルになっています。とはいえ、アニメはシーンによっても印象が違ったりもするので極端にイメージと違うかと言われればそうではなく、ボディから直接足が生えている感じや、独特な足の形状などちゃんと再現してくれています。けど、贅沢言えば個人的にはもう少しずんぐり感が欲しかったかなあ。

マスターピース ホイスト ロボットモード

背面。背中のフルスペクトルセンサーはメッキで再現。特徴的な羽のようなアンテナ?もしっかりボリュームがあります。

前面&背面。

側面。

マスターピース ホイスト ロボットモード

バストアップ。頭部は2種類付属。まずは通常フェイス。目はメタリック塗装でなかなかイケメン。

マスターピース ホイスト ロボットモード

もう一つはよりアニメの中の見た目に近いフェイス。通常フェイスと比べると口周りが変わっています。

マスターピース ホイスト ロボットモード

「悪い宇宙ロボット」のお面。「サンストリーカー」にも付属したもので、「ホイスト」用に大きさなどが調整されています。

マスターピース ホイスト ロボットモード

お面は頭のくぼみにはめ込むような形で固定します。

マスターピース ホイスト ロボットモード

上半身。ひとつすごく気になったのが、肩が箱型ではなく前と横面だけのハリボテのような作りになっていること。その部分の変形は細かく組み上げていく感じは面白く、もしかすると可動時に背中のアンテナを逃す理由もあるのかもしれないのですが、アニメの見た目と見比べると結構違和感を感じます。

マスターピース ホイスト ロボットモード

背面。アニメの中では背中も緑で後方にもボリュームがある印象でしたが、今回はG1玩具のようにビークルのリア部分が配置されてすっきりした見た目になっています。

マスターピース ホイスト ロボットモード

手は指は親指と人差し指が独立して動きます。また親指以外は第二関節も可動します。

マスターピース ホイスト ロボットモード

下半身。サイバトロンの中でもかなり異彩を放ったデザインの脚部で、それがどうマスターピースで立体化されるか気になっていました。こうして実体化すると短パン少年のようでなかなかインパクトのある見た目。

マスターピース ホイスト ロボットモード

背面。

【武器・付属物】

マスターピース ホイスト 武器

まずは右手のギミック。バレル部分が伸縮します。設定ではここから放熱追尾ミサイルを発射します。

左右とも腕自体を伸ばすことも可能。

マスターピース ホイスト 武器

ハンマー。バレルを伸ばした先端に接続します。アニメでは「グリムロック」を修理する際に使用していました。

マスターピース ホイスト 武器

先端のバレル部分を取り外し、通常の手に差し替え可能。

エフェクトパーツ。バレル先端と背中のフルスペクトルセンサーなどに取り付けられます。

マスターピース ホイスト 武器

スパナ。メッキになっていることもありなかなかリアルな見た目。ちなみにジョイントはなく握らせて持たせる形です。

マスターピース ホイスト 武器

「グラップル・アタッチメント」。ビークルモードで取り付けるアームをロボットモードでも取り付け可能。

【ビークルモード】

マスターピース ホイスト ビークルモード

ビークルモード。「トヨタ・ハイラックス」のレッカー車仕様に変形。しっかりトヨタのライセンスを取得したものになります。アニメでの形状に合わせて運転席はオープンカータイプになっています。緑の部分はフル塗装でリアルなのですが、リアの黄色い部分は整形色メインでこれまでのマスターピースと比べると玩具っぽい感じが強いかも。

マスターピース ホイスト ビークルモード

背面。リア部分はG1のデザインを踏襲した謎の装置が搭載されています。リアの下部から伸びるアンダーリフトはアニメの形状を再現したものになっています。変形は「トレイルブレイカー」から大部分が新規パーツになっていて、変形方法もほぼ別物になっています。ステップ数はマスターピースとしてはそこまで多い方ではありませんが、これまでのアニメ準拠のマスターピースと同様繊細な部分もあり、変形時には気を使います。特にルーフ部分は背中のパーツをボディと繋ぐ要の部分なのですが、パーツがめちゃくちゃ細い&薄いので扱いには注意が必要です(本当に怖い)。

前面&背面。

側面。

マスターピース ホイスト ビークルモード

ボンネットは開閉可能。中のエンジンルームもリアルに再現されています。

マスターピース ホイスト ビークルモード

ドアは開閉可能で中のスペースにこれまでのマスターピースに付属した人間のフィギュアを載せることができます。ただ、シートなどの造形や固定のジョイントなどはないのであくまで中に座らせるだけのような形になります。

マスターピース ホイスト ビークルモード

アンダーリフト。こちらはアニメでの形状が再現されています。先端の車輪は可動します。

マスターピース ホイスト ビークルモード

先端のフックに引っ掛ける形で他のマスターピースを牽引することができます。引っ掛けるだけなので物によっては牽引できないものもあり。写真の「サンストリーカー」はしっかり牽引できています。

「グラップル・アタッチメント」を取り付けて。ブーム部分は先端あわせ3箇所可動します。また、アーム部分も回転&開閉可能。

マスターピース ホイスト ビークルモード

アニメの見た目を再現した「アニメ版グリル」。「グラップル」とは形状が違い、「ホイスト」専用のものになっています。

【比較】

マスターピース ホイスト 比較

MP-56 トレイルブレイカー」と。共通しているのはボディくらいであとはほぼ別物になっています。これまでこの2人はG1玩具からの伝統で頭部替え&背中のパーツを変えることでその差を表現していましたが、今回のマスターピースはアニメ準拠ということで大幅な変更になっています。

マスターピース ホイスト 比較

ビークルモードでも。 フロント部分とタイヤこそ同じ形状ですが、それ以外は全く異なるパーツで構成されています。フロントウインドウ〜ルーフやドア部分も違うパーツで構成されています。

マスターピース ホイスト 比較

アースライズ版「ホイスト」と。

マスターピース ホイスト 比較

ビークルモードでも。

マスターピース ホイスト 比較

MP-43 コンボイ Ver.3.0」と比べるとこんな比率。

マスターピース ホイスト 比較

「ホイスト、ハリウッドへ行く」の回で同じく「悪い宇宙人」に扮した「MP-39 サンストリーカー」と。すでにマスターピース化されてる「トラックス」用のお面も欲しい…

マスターピース ホイスト 比較

「マスタービルダー」の回でずっと一緒だった「MP-35 グラップル」と。「グラップル」に付属した「ソーラータワー」の模型がようやく活きる時がきた!

マスターピース ホイスト 比較

ビークルモードでも。

【可動・アクション】

マスターピース ホイスト ポーズ

可動はマスターピースということもありかなり良好。作り的に「腰」がないのですが、それを補うべく脚部の可動箇所が多く、また可動範囲も広いのでしっかりポーズを取ることができます。腕周りもよく動きますが、背中のアンテナの影響で肩周りは干渉しやすいので都度調整は必要です(こうして動かしてみると肩がスカスカなのもやっぱり意図的なんじゃないかと思えてきます)。以下、写真続きまーす。

マスターピース ホイスト ポーズ
マスターピース ホイスト ポーズ

足の形状が特殊ということもあり、可動箇所もかなり独特な作りになっています。画像では見えないのですが、胴体の中にも可動箇所があり(他のトランスフォーマーでいう足の付け根に当たる箇所)、思いの外ぐりぐり動きます。

マスターピース ホイスト ポーズ
マスターピース ホイスト ポーズ
マスターピース ホイスト ポーズ

グラップル・アタッチメントは熱戦追尾ミサイルを打つ際の背中の支えにもすることができます。これはマスターピース独自の解釈ということが『トランスフォーマージェネレーション2023』の大野氏のインタビューで触れられています。

マスターピース ホイスト ポーズ
マスターピース ホイスト ポーズ

補修員らしい付属品が多いのは嬉しい。

マスターピース ホイスト ポーズ
マスターピース ホイスト ポーズ

ビークルモードでも。

マスターピース ホイスト ポーズ
マスターピース ホイスト ポーズ

「マスタービルダー」の回で2人が岩をどけているシーンをイメージして。

マスターピース ホイスト ポーズ

「ホイスト、ハイウッドへ行く」もとても楽しい回。このシーンで悪い宇宙人になった5体をマスターピースで揃えられる日は来るのか!?

マスターピース ホイスト ポーズ

以上、マスターピースから「MP-58 ホイスト」でしたー!『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』では主役級に活躍するエピソードも多く、「モイストくん」なんていうあだ名があるくらいサイバトロンの中では外せないキャラですが、その見た目の独特さからこれまでマスターピース化されてきませんでした。それがこうしてやっと発売されたことがまず純粋に嬉しいです。また「トレイルブレイカー」から想像以上に変更されてほぼ別物になっているのも驚きで、これはアニメの見た目準拠スタイルを採用したからこそ実現できたのではないかと思います。ただ、個人的に「ホイスト」はずんぐりとしたイメージだったので、もうちょっと短足だったらよかったのになあ…とか(『トランスフォーマージェネレーションズ2023』に掲載されている画稿ではそこまで違和感ないので、設計する段階で致し方なくこの足の長さになったのかもしれないですが)、変形のたび恐怖を感じるルーフ部分のパーツの細ささや(いずれ真っ二つになりそうで本当に怖い)、肩のハリボテ感など惜しい部分も多くありました。とはいえ「トレイルブレイカー」のリデコにとどまらない、独特なアニメのスタイルの「モイストくん」が玩具化されるのは念願だったし、これまでのマスターピース化されたメンバーたちと絡めて再現できるシーンが増えたのはとても楽しいです。

created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥15,631 (2024/02/28 18:31:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥16,682 (2024/02/29 01:36:25時点 Amazon調べ-詳細)

『レビュー:マスターピース MP-58 ホイスト』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2024/02/04(日) 15:21:02 ID:c2ab98465

    こうしてMP化されてみると、トレイルブレイカーと全然違うな!! あとリゴラスも荷台部分の変形がトレイルブレイカーから変更されているらしいが果たして

  2. 名前:匿名 投稿日:2024/02/05(月) 00:06:20 ID:7e021a970

    全身が意外と柔和に動くのが楽しい。
    問題は管理人さんも上げている首周りの背中と胴体をつなぐ部位。
    細くて薄いプラだけで繋がっているので、油断した瞬間パキンと行きそう。
    直そうにも表側の部品なので、目立つのも難しいポイント。
    せめてここは金属にして欲しかった…

  3. 名前:匿名 投稿日:2024/02/05(月) 11:48:44 ID:ceedcb641

    身長を合わせるために足を長くせざるを得なかった感じですかね。トレイルブレイカーとのリデコを無視して、ビークルを大きく作ったらもっとアニメっぽいバランスにできたのかも。

  4. 名前:匿名 投稿日:2024/02/05(月) 17:43:24 ID:68d9ecc0a

    スキッズのリデコでバーンアウトが出たし、今回もリデコでリフトチケット出たりするかな…?(先にレガシーで揃っちゃったけど)
    気が早いけど逆にレガシーでリゴラスも見たくなりますね…デストロンの軍医という設定が面白くて

  5. 名前:匿名 投稿日:2024/02/05(月) 18:04:48 ID:82f3ecbad

    半ズボン履いたおっさんみたいでかっこ悪い。アニメに寄せてからMPはおかしくなっていったが、今回のも黒いのも、足長の長身だからアニメとはイメージが離れ過ぎて違和感しかない。アースライズ版だけでいい。

  6. 名前:匿名 投稿日:2024/02/05(月) 18:06:16 ID:68d9ecc0a

    TFにおけるパーシャルって言葉、色んな人が言う割に調べても定義がよくかわらないんですよね…
    最近古参ファンの人が若い人は知りもしないのにパーシャルでもない物をそう呼んでるとか、通ぶって使うんじゃないとか発信してて怖い
    今回みたいな流用ものはリデコって言うのがとりあえず安牌なんでしょうか…?

  7. 名前:超偏見超変形 投稿日:2024/02/05(月) 18:31:46 ID:f831a3edc

    >>6さん
    パーシャル部分について、コメント拝見しまして誤解を与えてしまいそうでしたので記述を削除させていただきました。
    基本的に「リデコ」という言い方であれば、頭部違いや色違い、そして今回のような形でも通用するかと思います!

  8. 名前:匿名 投稿日:2024/02/05(月) 20:44:25 ID:c5ea357bd

    「トランスフォーマーの新技法パーシャル」で検索すると、分かりやすい(と思った)説明が。ご参考まで。

  9. 名前:匿名 投稿日:2024/02/05(月) 21:45:53 ID:68d9ecc0a

    >>7
    リデコって大分広い意味で使われるんですね。
    大変分かりやすいです!管理人さんありがとうございます!

  10. 名前:匿名 投稿日:2024/02/12(月) 15:36:14 ID:6236104e5

    記事冒頭の価格のドルが$11.99になっているのは安すぎるような…。

    別形状の頭部などアクセサリーパーツが色々つくのは嬉しい。

  11. 名前:超偏見超変形 投稿日:2024/02/12(月) 23:22:15 ID:7af48e627

    >>10さん
    ご指摘ありがとうございます!
    修正させていただきました。