トランスフォーマーニュース

マスターピースレビュー

キングダム関連レビュー

映画関連玩具レビュー

イベントレポート

レビュー:TFジェネレーションズ キングダム(海外版) パレオトレックス

キングダム パレオトレックス

今日は「トランスフォーマージェネレーションズ キングダム(海外版)」から「パレオトレックス」をご紹介!



商品名WFC-K7 パレオトレックス(Paleotrex )
シリーズ名ジェネレーションズ キングダム
クラスデラックスクラス
メーカーHasbro
発売時期2021年1月
価格$19.99

ということで、キングダム版デラックスクラス「パレオトレックス」です!「パレオトレックス」は今回の「キングダム」で初めて登場したキャラクターで、ティラノサウルスの化石からロボットに変形します。さらにシージの「ウェポナイザー」、アースライズの「モジュレーター」に続く「フォッシライザー」という種族?となり、各部がバラバラのパーツになるF.O.S.S.I.L.テクノロジー(Fossilized Osteo-Skeletal Shield Integration Loadout Technology)で他のトランスフォーマーたちを武装することができます。海外ではキングダムシリーズデラックスクラスWave1として発売され(Wave4にも組み込まれるようです)、日本ではタカラトミーモール限定で「KD EX-01 パレオトレックス」として発売されました。それではいってみましょー!

【パッケージ】

キングダム パレオトレックス パッケージ
キングダム パレオトレックス パッケージ

パッケージ。

キングダム パレオトレックス パッケージ

イラスト面。ロボットモードが頭にドクロがついて、さらに有機的なラインでなかなか気持ち悪い感じ!

【ロボットモード】

キングダム パレオトレックス ロボットモード

ロボットモード。これまでのトランスフォーマーの中でもかなり異彩を放った見た目でアンデッドモンスターのようなデザインがカッコイイ!アシンメトリーな肩や、骨の造形を活かしたディテールもいい感じ。化石から変形するというのもありそうでなかったモチーフで(バンダイの「ダイノゾーン」があったから避けてたのかな…?)、ロボットらしからぬスタイルで、古びた化石のようなウェザリングも雰囲気出ています。難点があるとすれば、若干足が小さく、また膝が横に曲がるようになっているので若干立たせにくいかも。

キングダム パレオトレックス ロボットモード

背面。ティラノサウルスの顔は背中に配置されています。

前面&背面。

側面。

キングダム パレオトレックス ロボットモード

バストアップ。かつての『ビーストウォーズ』のビーストマスク(ミュータントヘッド)を彷彿とさせるようなデザイン。胸部も顔のような感じになっていて、中央にはプレダコン(デストロン)のマークがプリントされています。

キングダム パレオトレックス ロボットモード

頭のバイザーを下ろすとドクロのような見た目に。キングダムのフォッシライザーたちはどことなく騎士の鎧っぽいデザインなのも特徴です。

キングダム パレオトレックス ロボットモード

そしてこのドクロのデザインは初代『ビーストウォーズ』で「コンボイ」の玩具に付属していたハンマーをオマージュしたものという、なんともニクイことをしてくれています。画像のハンマーは「LG02 コンボイ」のもの。

キングダム パレオトレックス ロボットモード

武器は化石モードのしっぽ部分。剣なのか棍棒なのか。

キングダム パレオトレックス ロボットモード

武器は右肩の後ろに取り付けておくことができます。

【ビーストモード】

キングダム パレオトレックス ビーストモード

ビーストモード。ティラノサウルスの化石に変形。デラックスクラスということもあって、大きさ的には迫力はそこまでありませんが、頭部の造形を始めとてもリアルに作られていて見ていて楽しいものになっています。質感などもいい感じで、博物館にあるような光沢のある化石っぽさがよく出ていると思います。

キングダム パレオトレックス ビーストモード

背面。ちなみにこれまでのウェポナイザー、モジュレーターと同じく変形するときは各部をばらして組み替えるタイプになっています。

前面&背面。

側面。

キングダム パレオトレックス ビーストモード

口は開閉可能。

【フォッシライザーモード】

キングダム パレオトレックス フォッシライザーモード

続いてフォッシライザーモード。パレオトレックスはここまでバラバラにできます。これらを他のトランスフォーマーにつけたり、組み合わせたりして強化していきます。ここでは説明書に書かれている2つを紹介します。

キングダム パレオトレックス フォッシライザーモード

その1。しっぽと骨盤付近を組み合わせた斧と、背中に装備した脚部を利用したマニピュレーターが特徴のスタイル。ドクロの頭は長い5mmの棒がついているので、棍棒のように持てます。

キングダム パレオトレックス フォッシライザーモード

その2。しっぽと頭部を組み合わせた大きな剣と、背中のキャノン砲、そして足のパーツを足裏に付けたスタイル。やはり目を引くのは足の底についた化石の足で、なんかすごく高くジャンプできそうな感じが出ています。もちろんこの他にも様々な組み合わせで遊ぶことができるし、複数のフォッシライザーを組み合わせて新しい生物なんかも作れます。ちょっと残念だったのがキングダムのときに公開されたイメージイラストではオプティマスプライマルがフォッシライズしていたのですが、今回のキングダムではほとんどビースト戦士には5mm穴が用意されておらず、足裏くらいしかつけることができません。

【比較】

キングダム パレオトレックス 比較

同じティラノサウルスに変形する。キングダム版リーダークラス「メガトロン」と。ビーストウォーズのキャラと並べても今回のパレオトレックスはちょっと違う種族感を感じます。

キングダム パレオトレックス 比較

ビーストモードでも。クラスが違うのでかなり大きさは違っています。

キングダム パレオトレックス 比較

ウェポナイザーのシージ版デラックスクラス「コグ」(左)と、モジュレーターのアースライズ版「アイアンワークス」(右)。ウェポナイザー、モジュレーターときて、キングダムではどうなるかと思っていたのですが、まさか化石とは…!このウェポナイズ、アーマーアップがウォーフォーサイバトロントリロジーの遊びの肝となった訳ですが、果たして次のシリーズではどんな遊ぶになるのか。各部の5mm穴は汎用性が高いから続いてほしいなあ。

【可動・アクション】

キングダム パレオトレックス ポーズ

可動は各部がバラバラになることもあり、通常のデラックスクラスとは少し触り心地は異なりますが、しっかり動いてくれます。足首の可動はなく、代わりにヒザ下に横の可動があるので、ちょっと気持ち悪い立ち方になりますがそれが逆にキャラっぽさを表しているようにも思います。以下、写真続きまーす。

キングダム パレオトレックス ポーズ
キングダム パレオトレックス ポーズ

バイザーのオンオフができるのもいい感じ。コンボイのハンマーはこいつの頭だったんだなあ。戦利品的な?

キングダム パレオトレックス ポーズ

腕が長いので四足歩行のような形にもできます。

キングダム パレオトレックス ポーズ

お尻にフィギュアスタンド用の穴があるのでそれを使って。

キングダム パレオトレックス ポーズ

恐竜モードでも可動は良好。腕は小さいですがボールジョイントでの接続なので結構動いてくれます。

キングダム パレオトレックス ポーズ

以上、今日は「トランスフォーマージェネレーションズ キングダム(海外版)」から「パレオトレックス」でしたー!トランスフォーマーらしからぬデザインと、ありそうでなかった恐竜の化石からの変形という組み合わせが面白く、さらにフォッシライザーとして骨で他のトランスフォーマーたちを武装するというのも「それがあったか!」と思わせてくれるギミックになっています。これまでのウェポナイザーやモジュレーターとはまた違う有機的な見た目の装備なのも楽しいし、遊びの幅も広がります。ただ、上でも書いたようにビースト戦士は逆にあまり武装できないようになっているのは少し残念だったかな。今後このフォッシライザーという新しい存在がG1系の世界で活躍し続けてくれたら面白そうだなあ。


お気に入りブログ更新NEWS

シェアする

フォローする

ランキング参加中

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

『レビュー:TFジェネレーションズ キングダム(海外版) パレオトレックス』へのコメント

  1. 名前:JORA 投稿日:2021/09/16(木) 16:03:03 ID:25959ea8d

    フォッシライザーはG1とビーストを上手く繋げてくれる橋渡し的な拡張ができればよかったと思います。
    ビーストの方が武装穴が無くなる方向にシフトしてしまったために、ビーストに武装ができずG1の方だと浮いてしまうなど、立ち位置が中途半端になったのが残念ですね…。

    とはいえ、単体としてみると、ガイコツモンスターよろしく身体をバラバラにしてオリジナルモンスターを作れるのが楽しかったりしますね。
    フォッシライザーだけを揃えるとちょっとした博物館が出来そうですねぇ。

  2. 名前:初TFはサンダークラッカー 投稿日:2021/09/16(木) 16:08:16 ID:602b2d56d

    レビューありがとうございます。
    これとラクトナイト、ウイングフィンガーの骨TF・・・子供受け、めっちゃ良いです(^_^;)
    自由に組み替えて、オリジナルモンスターを作って遊んでいます。

    強いて言うなら、単体だとちょっとボリューム不足かなぁ。
    フォッシライザーだけボイジャークラスにしてくれても良かったと思います(特にウイングフィンガー)。
    そして、やっぱりアニメにも登場して欲しかった。

    でも、この分解・武装シリーズ、次作(レガシー?)でも続いて欲しいですね。
    総括するのはまだ早いかもしれませんが、WFCのシージ、アースライズ、キングダムのおかげで、ステイホームでも楽しくお家遊びができました。

  3. 名前:匿名 投稿日:2021/09/16(木) 19:25:05 ID:1d00c6b77

    惜しまれざるは一番組み合わせたかったビーストメンバーに5mm穴が少ないこと
    本当に惜しい

  4. 名前:匿名 投稿日:2021/09/17(金) 00:55:44 ID:4df4777f4

    せめてビーストコンボイの胸の丸い部分5ミリ穴だったら良かったなぁ

  5. 名前:匿名 投稿日:2021/09/17(金) 07:29:30 ID:41c2746b6

    頭がコンボイのハンマーにそっくりってファンサービスは良いな
    前から思ってたけど、これ機械と生身が混じったビースト戦士にg1キャラを混ぜても違和感少なくするために骨をロボと合体させようって考案されたのかな?

  6. 名前:匿名 投稿日:2021/09/17(金) 09:31:34 ID:9a6a11a12

    エアラザーは他と比べるとやたらと5mm穴が多いので組み合わせるならおすすめ。
    我が家ではラクトナイトと合体してケンタウロスっぽい姿になっています

  7. 名前:匿名 投稿日:2021/09/22(水) 02:48:15 ID:0df62e4eb

    イメージイラストに描かれてたワニとサーベルタイガーのフォッシライザーは出ないんだろうか…
    スレマー以降のウェポナイザー枠の方針が気になる