レビュー:TFジェネレーションズ タイタンズリターン アルファートライオン

319_000
今日は「トランスフォーマージェネレーションズ タイタンズリターン(海外版)」から「アルファートライオン」をご紹介!



商品名 オートボットソブリン&アルファートライオン
シリーズ名 Transformers Generations:Titans Return
クラス ボイジャークラス
メーカー Hasbro
発売時期 2016年8月
価格 $26.99(輸入ショップ参考価格:¥5,000〜¥7,000)

ということで、「タイタンズリターン」版「アルファートライオン」です!「アルファートライオン(アルファートリオン)」はいわゆる日本名「アルファートリン」のこととなり、今回タイタンズリターンではヘッドマスター&トリプルチェンジャーという設定をつけて登場。「アルファートリン」はいわゆる「サイバトロンの父」と呼ばれる存在となり、初代アニメにも登場したある意味印象的なキャラクターとなります。それではいってみましょー。

319_001

319_002
パッケージ。背面にはこれといった設定の詳細はなく、タイタンマスターの「ソブリン」が「アルファートライオン」と合体すると、創造主プライマスの力が宿って強くなるー!みたいなことが書かれています。

319_003
キャラクターカード。他のキャラクターと違って、「アルファートライオン」と「ソブリン」が別々のゲージとなっており、しかも両方ゲージを振りきっています。さすがアルファートリン様!

319_004
ロボットモード。アルファートリンとして見るとなかなかのたくましさ!デザインも他のトランスフォーマーたちとは異なり、特に両肩の獅子の顔がかなりのインパクトがありますね。ボディもメカっぽいというよりはファンタジーチックな感じになっています。

319_005
背面。

319_006 319_007

前面&背面。立たせにくいなどもなく、どっしりした感じ。

319_008 319_009

左面&右面

319_010
バストアップ。頭部は髭面のオッサンではありますが威厳が感じられてカッコイイ!しかし上半身のディテール感が半端ない!

319_011 319_012

頭部のサイドの角は「センチネルプライム」と同様のギミックで、胸にある球場のクリア部分を押し込むと飛び出すようになっています。

319_013
首の可動は「センチネルプライム」と同様に、首の根元のパーツごと若干左右に触れるようになっています。けど、角度はかなり限定的。ただ、頭部のサイドのパーツを引っ込ませれば、タイタンマスターの頭部部分は普通に左右に振れます。

319_014 319_015

タイタンマスター「オートボットソブリン」。特に元ネタはないようで、今回のタイタンズリターンで初めて登場するキャラとなります。

319_016 319_017

頭部モード。

319_018
武器。まずは剣。特に名前などはないようです。クリアパーツなので、とても見栄えが良い。

319_019
もう一つは銃タイプ。これはタイタンマスターが登場できるスペースが空いたもの。

319_020
背中部分に取り付けることも可能。

319_021
続いてビーストモード。ライオンに変形。ライオンというよりは獅子という感じがつよいですね。なぜこの形態なんだ?と思って調べたところ、過去ビーストマシーン版「スナール」のリペイントで海外のイベント限定で発売される予定があったようで、それを継承しているのかも…?

319_022
背面。剣がしっぽになります。

319_023
背中のハッチをあけてタイタンマスターを搭乗させることができます。もちろん、載せたままハッチを閉じられます。

319_024
銃タイプの武器は背中に取り付け可能。

319_025
また、後ろ足部分のジョイントにも武器を取り付けられます。ちなみに、ビーストモードでの可動範囲はあまり広くありません。

319_026
つづいてビークルモード。航空母艦的なスペースシップに変形。ロボットモードやビーストモードとは打って変わって直線的な見た目になるのが面白い!この辺は将来的に「ブロードサイド」になることを考えると納得の形態。けど、逆にあのビーストモードをどう飛行機の形にするのか…

319_027
背面。

319_028 319_029

武器を外して。

319_031
甲板部分にはタイタンマスターを立たせるためのの突起が。

319_043
おなじ「アルファートライオン」ということで、「LG14 ウルトラマグナス」の中の人「アルファートリン」と。日本ではこの「アルファートライオン」はどんな形で発売されるんだろうか…

319_034
可動は首の可動が限定的なところと腰が回らないこと以外はそこそこ。マントとかつけたらすごい映えそうだなあ…以下写真続きまーす。

319_039

319_037
剣は両手持ちも可。

319_036

319_042
おしりにはフィギュアスタンド用の穴があるので、それを使って。

319_040
ビーストモードで。

319_032
飛行甲板ってことでタイタンマスタークラスのミニビークルを。今回のタイタンズリターンはタイタンマスターと組み合わせて遊べるのがやっぱり楽しい。ボイジャークラスでもこんなにいろんなことができるのはいいですね。

319_041
以上、「トランスフォーマージェネレーションズ タイタンズリターン(海外版)」から「アルファートライオン」でしたー!まさかアルファートリンでさえもヘッドマスターにするタイタンズリターンシリーズ恐るべし…変形もビーストモード、ビークルモードともガラッと雰囲気が変わるのが面白く、どのモードもかっちりしていてよいです。日本ではどんな形で発売されるかは分かりませんが(ライオコンボイとかになったりして…)、これまでアルファートリンがしっかり玩具かされて来なかったので、そのサイバトロンの父をこうして家に迎えられたことは嬉しいです!

レビュー:TFジェネレーションズ タイタンズリターン アルファートライオン」への13件のフィードバック

  1. ジンジャー

    おお!カッコいい!!がアクションポーズの際、ちょっと下から見ただけで上半身の箱っぽさが強調されるのは気になる。
    獅子形態もロボ時のプロポーションの影響でちょっと頭が大きくなってるのは気になる。
    しかしビーストマシーンのスナール出すつもりだったのか…。全然知らなかった。そもそもマシーンズでスナールを出してたこと自体知らんかった。
    前作のCWとか海外版はあまりレビューしなかったのにTRは結構レビューしてますね。やっぱり合体戦士よりも数が少ない分やりやすいんですか?

  2. さすりゅ~

    ちょっと前にEX合金でアニメデザインに忠実な非変形のアルファートリンが出ましたが
    やはりTFは変形する玩具で出てこそですよね
    例え劇中変形しなかったとしても

    エイプフェイスやスナップドラゴンのようなビークル⇔ビースト系のトリプルチェンジャーですが
    ビースト部分がかなり有機的なのが他とは違う感がありますね
    一体これをどうリデコすればあのブロードサイドになるのやら…

    タイタンマスターのソブリン自体は新キャラですがデザインのモチーフはBotCon07アルファトライオン付属ミニコンのベータマックスらしいですよ
    つまり元を辿ればGFベクタープライムのパートナーマイクロンのルーツですね

  3. ゴレンジャイ

    すんげ~かっこいい!!
    日本での発売はいつだ?まちきれんよぅ~

  4. ヘビトロン

    ブロードサイドにするにも、かなりの部分に手を入れる事になりそうですね。
    リデコだけでなく、このままの姿でも国内版が出ればいいんですが・・・ライオコンボイとしてでも構わないので

  5. 通りすがりのオートボット

    連想されるならスナールよりもライオコンボイって感じですね。レジェンズでの発売が果たしてあるのか…。ブロードサイドに変わるとしたら、ライオン関係のパーツがごっそり新規パーツになるのでは?

  6. オダワラプライム

    各種輸入代行ショップでも早々と品切れになってましたね・・・
    どっちかいうとかなり実写版寄りなデザインで、どういった経緯なのか気になるところです。
    ライオコンボイにする場合は肩のライオンを分割せず右側だけに集約、胸についてるライオンの前足を前腕に移植、という具合の設計変更で済みそうなので割と可能性としてはありえるかも?
    いずれにせよ、国内版がどうなるのかは気になるところですね。欲しいなぁ

  7. 変形マン

    これの空母形態を使ってブロードサイドがリデコででるそうですが、
    ブロードサイドの飛行機部分とアルファートライオンのライオン部分とニコイチでビクトリーレオを作ることが可能なのでしょうか?
    ライオカイザーも発売するので、ビクトリーレオも出る可能性もあると思います。

  8. 墓石社長

    日本版はヘッドマスター新造してライオコンボイにして欲しいのぅ

  9. Go boy

    個人的にはライオコンボイはやだなぁ。デザインが違いすぎる
    レオプライムみたいに、かつてのライオコンボイが立派になった姿とかだったら大歓迎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。