レビュー:TFレジェンズ LG14 ウルトラマグナス

290_000
今日は「トランスフォーマーレジェンズ」から「LG14 ウルトラマグナス」をご紹介!永遠のナンバー2!



商品名 LG14 ウルトラマグナス
シリーズ名 トランスフォーマーレジェンズ
クラス リーダークラス
メーカー タカラトミー
発売時期 2015年9月19日
価格 ¥7,500(税抜)

ということで、レジェンズ版「ウルトラマグナス」です!海外ではジェネレーションズコンバイナーウォーズシリーズとして発売されたもので、日本ではそれをより塗装をG1時のものに近づけ、更に「中の人」として海外では「ミニマスアンバス」が付属していましたが、レジェンズ版ではそのリカラーとして「アルファートリン」となっています。これまでクラシックから続くシリーズでは長らく「ウルトラマグナス」はオプティマスのリカラー(よくてリデコ)で商品化されてきましたが、今回は昨年発売された「MP-22 ウルトラマグナス」に続き、キャリアカーから一体変形する形となっており、さらにリーダークラスという待ちに待った仕様での発売となりました。それではいってみましょー!

290_001

290_002
パッケージ。箱の大きさはこの前に出たリーダークラスの「LG13 メガトロン」とも微妙に違う大きさ。背面の説明文には「永遠のナンバー2キャラクターとも称され人気のウルトラマグナス」と書かれており、公式もがネタキャラとして扱う始末…

290_003
ロボットモード。「ウルトラマグナス」らしいマッシブな体型でかっこいい!デザインはIDWコミック版が踏襲されていおり、G1時の見た目よりも大分ディテール感あふれる感じとなっています。大きさも以前のリーダークラスよりはやはり若干ボリューム不足を感じますが、レジェンズシリーズと合わせる分には申し分ない大きさです。

290_004
背面。脇腹に見えるタイヤが個人的にとてもカッコイイと思う!若干太もも部分の肉抜きが気になりますが、その他の部分は極力肉抜きを目立たせないような努力がされているように思います。ふくらはぎ部分のディテール感なんかもすごくいいですね。

290_005 290_006 290_007

3面。足首に関節があり、果たしてどの位置にするのが正しいのか分からなかったのですが、直立時は写真のように一番前まで引っ張るような感じが一番安定がよいように感じました。

290_008
バストアップ。頭部はまさにウルトラマグナスと言った感じ。若干目の塗装が淡すぎるかな?ボディがG1のデザインとは大きく異なり、ディテール感のある感じとなっています、赤い部分が腹筋っぽく見えるのがかっこいい。

290_010
そして、今回の目玉のギミックとして、ウルトラマグナスの胸部が展開しそこに「アルファートリン」を搭乗させることができます!胸部のパネルを倒すと、中にはビークル時のキャブ部分が配置されており、更にそこを開けると中にコックピットがあります。こういうギミックはワクワクするね!

290_009
そして、「アルファートリン」を乗せるとこんな感じ。上の写真ではわかりにくいのですが「アルファートリン」の手が当たる部分に突起があり、そこを握るような感じで固定することができます。また、もちろんロボットモードでアルファートリンを収納する事ができます。

290_044
「アルファートリン」を入れたまま閉めた状態。少し頭が飛び出すような感じですが、ウルトラマグナスの頭部のジョイントは頭の後ろについているので、首も普通に回すことができます。

290_012 290_011

しっかり固定はできませんが、こんな感じで他のものを乗せることも可能。左は「MP-10 コンボイ ver.2.0」付属のスパイク、右は「リベンジ」のヒューマンアライアンス版「バンブルビー」に付属するサム。サムはこの状態でちゃんと閉じることができます。

290_017
ということでここで「アルファートリン」をご紹介。海外版ではアメコミで中の人として描かれていた「ミニマスアンバス」でしたが、レジェンズではリカラーでかなりそれっぽく「アルファートリン」が再現されています。塗装も小さいながらに非常に細かく施されているのが分かります。ちなみに、これまでウルトラマグナスの中にアルファートリンがいる!なんて設定はなく、今回のレジェンド版でのオリジナルの設定となります。公式サイトで展開されているWEBコミックでその設定が語られているので要チェック!

290_018
背面。足の接地面が前方にあるので、後ろに倒れやすいのが難点。

290_019
ビークルモード。フューチャーカーに変形。

290_020
背面。

290_013
ウルトラマグナスに戻って、武器の紹介。まずはG1のデザインを踏襲した銃。ウルトラマグナスの手は開くことが出来るので、持たせて拳を握らせ固定します。ただ、マスターピースのように武器と手をつなぐジョイントなどはなく、あくまで玩具自体の握力でのみ固定する感じ。遊びすぎてゆるくなりそうで怖い。

290_014
もう一つ、今回オリジナルの銃。

290_015
肩にはミサイルランチャー。ミサイルが飛び出すなどのギミックはありません。

290_016
銃2つをつなげ、そこにミサイルランチャーを取り付ければ、ここ最近のウルトラマグナスではおなじみの武器となったハンマーに。腕の青いアーマー部分にはめこむような感じとなっており、握力はあまり関係なく持たせることができます(ただそれほどしっかり固定されるわけではない)。

290_021
続いてビークルモード。これぞウルトラマグナス的なキャリアカーに変形!変形もG1玩具やマスターピースを彷彿とさせながらも、適度な難易度できっちりかっちり変形ができるのが素晴らしいです!キャブ部分は結構アレンジが効いた特徴的なデザインとなっており、管理人はこれを見るたびペルシャ猫を思い浮かべてしまう…

290_022
タイヤも車体に対して大きいのもかっこいい。キャリアー部分にはいくつか5mmジョイント穴があり、武器を取り付けることができます。

290_023 290_024

武器をはずして。

290_025
キャブ部分は取り外しはできませんが、90°旋回させることが可能。

290_026
デラックスクラスであれば2台積むことができます。レジェンドクラスなら6台くらい行けそう。

290_027
ハッチ部分は開閉可能。

290_028
また、G1玩具時の遊び方としてあったキャリアーの2階部分を飛行機のカタパルトに見立てることも可能です。画像ではユナイトウォリアーズ版「シルバーボルト」を載せていますがヒンジは十分重さに耐えられます(キャブ部分はちょっと浮いちゃう)。

290_043
また、キャリアー部分1階には「アルファートリン」を固定できる溝があります。ジョイントが浅いのでそれほどきっちり固定できないし、ちょうどマグナス側のヒンジ部分になってて外れやすいけど、ビークル時はアルファートリンを収納したまま変形はできないので定位置が設けてあるのはいいと思う。

290_029
昨年暮れに発売された「MP-22 ウルトラマグナス」と。この短期間でキャリアカーが一体変形するウルトラマグナスが2体も出るなんて…!マスターピースはかなり大きく、かつ重いので、取り回しやすさというところでは今回のレジェンド版はとても良い感じ。コンセプトがそれぞれ違うので、どちらも良さがあって比べることでより良さが分かる感じがします。

290_030
ビークルモード。久しぶりにマスターピース版変形させたけど、すごい大変だった…

290_031
続いて旧玩具版と(画像のは15周年記念の復刻版)。今回のレジェンズ版の色のモチーフはおそらくコミックに忠実な感じなんだと思いますが、G1玩具へのリスペクトも込められている感じがしますね。

290_032
ビークルモード。

290_033
そして、長らく管理人の家でクラシックバースの「ウルトラマグナス」として君臨してきてきたFansProject版「City Commander」(非正規品)。今回のウルトラマグナス玩具を語る上でこの「City Commander」は外せない存在だと感じており、これがあったからこそG1玩具のような「白いコンボイにアウターパーツを着せる」ということからの脱却が図られたんじゃないかと思います。

290_034
ビークルモード。「Citty Commander」はウルトラマグナスに取り付けたパーツを組み合わせてキャリアーになります。これはこれで味があっていい。

290_035
可動はなかなか良好。手首が回らないのと、足に横軸の可動がないのが惜しいですが、それでも十分カッコイイポーズを取らせることができます。以下写真続きまーす。

290_040

290_039
関節もしっかりしてるので遊びやすい。

290_036

290_037
最近のウルトラマグナスではお馴染みのハンマーのイメージは「アニメイテッド」からかな?

290_038

290_045
クラシックバースで「2010」メンバーがいよいよ揃った…!とは言うものの、「ロディマスコンボイ」は新しい形で欲しいし、「ブラー」も「ドリフト」のリデコだから、アニメ準拠のフューチャーカーで出て欲しい…そうなると、今度はチャーもアニメの形に合わせてのものが欲しくなる…ああッ!!

290_041
以上、「トランスフォーマーレジェンズ」から「LG14 ウルトラマグナス」でしたー!これぞまさしく待ちに待った形での完璧なウルトラマグナス!と言っていいほどの完成度!マスターピース版とはまた違った魅力に溢れており、変形のしやすさや、フィギュアとしてのいじりやすさも抜群です。長年「白いコンボイ」だったり、オプティマスのリカラーだったりで(ここ最近では「アニメイテッド」や「プライム」でちゃんとしたものが出ていたけども)不遇だったキャラですが、「2010」の放送30周年を前に満を持してこうして手に取りやすい形で発売されたのはとても喜ばしいことだと思います!これを機に2010キャラがまたいろいろ増えてってくれると嬉しいなあ。兎にも角にもクラシック以降続いてきたシリーズではベストなウルトラマグナスかつ、今後これを超えるものは当分出ないと思います!オススメ!

レビュー:TFレジェンズ LG14 ウルトラマグナス」への14件のフィードバック

  1. LG14ウルトラマグナスのレビューお疲れさまです。

    MPウルトラマグナスが出たときは素晴らしいプロポーションだと思ってんですが、LG14と並べるとガチムチですね。LGはヒーロー体型でカッコいい‼LGのプロポーションでMPのサイズとデザインにしてほしかったかな。

    MPを昨年買ったのでLGはスルーしたんですが、レビューを見ると欲しくなっちゃいますね♪

  2. Nova

    おはようございます。
    トランスフォーマーレジェンズ・ウルトラマグナスのレビューお疲れ様です。

    マスターピース版とはまた違った雰囲気を持ってリメイクされましたが、逆にこのSF風なのに公道走ってそうなデザインは中々カッコいいです。ウルトラマグナスはアメコミ設定だと何とも言えない悲惨な現実の設定でしたが、まさかこのような設定になるとは…(嬉)
    アルファートリン様も設定では元々変形しませんがこのような形でリメイクがくることはいいと思います。個人的にはデラックスクラスできてほしいところですが(笑)
    ロボットモードも適度なディティールであまりくどすぎない感じも良く出来ていると思いました。ふくらはぎの過多なディティールは銀色で簡単に塗装したら見映えが凄く良くなりそう…。

    ウルトラマグナスの変形方法と言えば
    ①アウターアーマータイプ
    ②一体変形タイプ
    の2つがありますが、どちらも捨てがたいのではないかと思いました。シティコマンダーのようなのも今でも欲しいぐらいだし、G1のようなカーキャリアが一体変形して直ぐに巨大感&頼り感溢れる感じも良いところがあるし…。難しいかもしれませんが、いつかはMP-10コンボイのリカラーで白コンボイ+新規のアウターアーマーのような当時の玩具のリメイクっぽいのも出してはくれないかと思いました(笑)

    このレジェンズ版はマスターピース版とよく比較されていますが、マスターピース版は重さこそ色々言われていますけどG1リメイクとしては大きさも含めて決定版であるということは変わりはないと思います。ただ、大きさや重さ、金銭面などでマスターピース版を手に入れてない方には必ずと言っていいほどオススメなのは超偏見超変形さんと同じ意見です。

    次回のレビューもお待ちしてます。
    (長文失礼しました。)

  3. Nova

    追記
    ~左は「MP-10 コンボイ ver.2.0」付属のダニエル、左は「リベンジ」のヒューマンアライアンス版「バンブルビー」に付属するサム。~
    にて気になる箇所が…(汗)
    ①MP-10 コンボイ ver.2には”スパイク”が付属します。
    ②ヒューマンアライアンス版「バンブルビー」付属のサムの画像は”右”です。
    この2つが気になりましたので、修正してはどうでしょうか。

  4. トロワ

    レビューお疲れ様です!

    自分が購入したやつの車の左前方の窓の塗装は下半分しかなくて、ちょっとひどいと思いましが… 管理人さんの方は大丈夫でしょうか?

  5. 超変形超偏見 投稿作成者

    >>Novaさん
    ご指摘ありがとうございます!
    修正させていただきました!

  6. 超変形超偏見 投稿作成者

    >>トロワさん
    自分のものは特に問題ありませんでした!
    気になるようであればまだ発売間もないうちに交換に出すのがオススメです!

  7. ロディマス・C

    レビューお疲れです。
    アーシーもガワ変形ながらパーツの移動が凝っていてすごく好きなTFでしたが、このウルトラマグナスも簡単なわりにカッチリと変形してくれるので弄っていて本当に楽しいTFですね♪(しかもぐりぐりと動かせて足が大きいのもあって安定感ばっちりで良い!…ただ首パーツがちょっと硬いのでバキッ!と逝きそうで怖いOTL…30回くらい変形して弄っているけど今のところはまだ大丈夫…)
    ザ・ヘッドマスターズ24話で某ニンジャに斃されたときはニンジャ!ナンデ!?というひどい扱いでしたが今回のレジェンズの設定で救われてモヤモヤしていたものが晴れました。ありがとう、アルファートリン様!そしてコンボイ総司令官!

    2010のキャラで後残すはブラーとチャーそして、ひよっこロディマス司令官ですね^^;

  8. 狂った金剛石

    レビューお疲れ様です。
    レジェンズ版のウルトラマグナスは正に玩具の初代の正当進化トイだと思います。
    ロボットモードは勿論ですが、ビークルモードでもデラックスサイズの車を乗せて遊べます。
    どちらでも遊べる、久々の傑作トランスフォーマートイです

  9. さすりゅ~

    今日丁度海外版を入手したのでかなりタイムリーです

    目玉ギミックであるミニロボの収納は設定面でG1至上主義なユーザーからの賛否が大きそうですが
    個人的には収納ギミック使う度に首の付け根を動かすのに神経使うのが気になりましたね
    面白くはあるんだけど遊びやすさで言えばやはり無い方がよかったかも(無いなら無いでIDWコミック読者から批判されたと思うと痛し痒しだなぁ)

    ミニロボをミニマス・アンバスからアルファートリンに変えたのは個人的にはあんまり…
    コミックや設定で上手く整合性を図ってはいるのだけども
    リカラー元がリカラー元だから小さいサイズで出されるとどうしてもデラックスクラスくらいで再リメイクして欲しくなる

    再リメイクと言えばやはりロディマスもそろそろ完全新規リメイクが欲しいですね
    ウルトラマグナスだってMP→レジェンズとリメイクされたのだしMP2.0が決まったロディマスだっていずれ…

  10. アウトキャスト

     レビューお疲れ様です★
     MPに続いてLGもキャリアカーで嬉しいです♪ キャリアカーというモチーフはミニカーらしい楽しさを存分に味わえますし、今後のシリーズにも定着するといいですね。 他のキャラを積載するならLGテイルゲイトあたりが絵になるでしょうか? 願わくばEZコレクションと組み合わせられる様に、もう一回り小さくボイジャークラスあたりでの発売にも期待します(^^)
     MPに比べ、気軽に扱えるのがありがたいのですが、やはり首の関節の強度不足には弄る度に緊張します。アルファートリンも倒れ易い事を気にしなければ、片膝や正座もこなす芸コマぶりに脱帽ですよね。小さい分、PRIME期のEZウルトラマグナスに積載したり、ロボ形態ではGo!期のEGオプティマスと並べたり、遊びのネタが一気に広がりましたね★

  11. ジンジャー

    最近のリーダークラスは中々傑作が続きますね。
    ただ変形の際、ウルマグの首を起こすときに赤いジョイントが折れそうな所はマイナスポイントですが。

    余談ですがキャブとキャリア部分に扉のようなモールドがあって、扉のサイズを考えるとこのウルマグは
    ちょっとデカすぎなのでは?と思いました

  12. 子持ちウィーリー

    2014年12月27日・・・ハッピーバーステ゛ィーウルトラマグナス
    2015年9月19日・・・・・・・ハッピーバーステ゛ィーウルトラマグナスの従弟

  13. なす

    これウルトラマグナスばかり注目されがちですけどアルファートリンも相当こってますよねぇ
    あの大きさで細かい塗装は感動しました!どう見てもアルファートリン何ですもん

  14. 東雲の旬棒

    レビュー楽しませていただきました。

    旧マグナスを役立てていただけて嬉しいです。
    確かにあの怒った顔風のペルシャにそっくりなお顔ww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。