マスターピースレビュー

レガシーシリーズレビュー

キングダムシリーズレビュー

スタジオシリーズレビュー

SS86シリーズレビュー


TFニュース(日報)新製品プレビューTF予約情報超偏見TFアワードイベントレポート

レビュー:TFスタジオシリーズ86(海外版) オートボット ウィーリー

スタジオシリーズ ウィーリー

今日は「トランスフォーマージェネレーションズ スタジオシリーズ 86シリーズ」から「オートボット ウィーリー」をご紹介!



商品名オートボット ウィーリー(Autobot Wheelie)
シリーズ名スタジオシリーズ
クラスコアクラス
メーカーHasbro
発売時期2022年8月
価格$11.99

というわけで、スタジオシリーズ版コアクラス「ウィーリー」です!「ウィーリー」は『トランスフォーマー ザ・ムービー』から登場したクインテッサ星で一人生き延びた「生存者」と呼ばれる存在で、その後オートボット(サイバトロン)と合流し、『2010』、『ヘッドマスターズ』で活躍しました。ジェネレーションズ系の玩具としてはこれまでも何度かリメイクされており、完全新規では3度目のリメイクとなります。2022年9月現在日本での発売予定はありませんが、海外では通常ラインとして発売されているものなので、いずれ発売されるものと思われます。それではいってみましょー!

【パッケージ】

スタジオシリーズ ウィーリー パッケージ
スタジオシリーズ ウィーリー パッケージ

パッケージ。

【ロボットモード】

スタジオシリーズ ウィーリー ロボットモード

ロボットモード。そうそう、これが欲しかった!86シリーズの「グリムロック」に付属した「ウィーリー」はグリムロックにまたがる専用で足の角度が固定されており、色んな意味で満足いくものではなかったので、ちゃんと変形して動く「ウィーリー」が純粋に嬉しい。カラーリングが足りない部分もありますが、見た目はかなり『ザ・ムービー』の姿に近く、小さいながらに存在感があります。

スタジオシリーズ ウィーリー ロボットモード

背面。若干お尻部分のカバーが少し大きめですが綺麗にまとまっています。

前面&背面。

側面。

スタジオシリーズ ウィーリー ロボットモード

バストアップ。頭部は小さいながらしっかりアニメのイメージを再現してくれています。

スタジオシリーズ ウィーリー ロボットモード

武器はパチンコ。「グリムロック」の「ウィーリー」に付属したものとはまた別のものになっています。

スタジオシリーズ ウィーリー ロボットモード

武器はお尻の裏側に取り付けておくことが可能。

【ビークルモード】

スタジオシリーズ ウィーリー ビークルモード

ビークルモード。サイバトロン星のスーパーカーに変形。アニメ劇中の形状と比べるとフロントの先端部分がつながっていなかったり、ウインドウが小さい感じだったり若干印象が異なるのですが、コアクラスということを考えれば十分再現できているように思います。あとちっちゃかわいい。

スタジオシリーズ ウィーリー ビークルモード

背面。リア部分にはそのまま手が配置されています。後輪は5mm穴のように見えますがそうではなく、これはG1玩具の雰囲気を再現したものかと思われます。変形はコアクラスなのでステップ数は多くありませんが全身の可動を余すことなく使うような変形で小気味よく楽しいです。

前面&背面。

側面。

スタジオシリーズ ウィーリー ビークルモード

底面。後部の裏側に武器を取り付けておくことができます。

スタジオシリーズ ウィーリー ビークルモード

ウインドウ部分を開けるとそこには顔が!G1玩具(通称便器様)をオマージュした形態を楽しめます。

【比較】

スタジオシリーズ ウィーリー 比較

86シリーズ版「グリムロック&オートボット ウィーリー」の「ウィーリー」と。てっきりもっと似た感じかと思っていたのですが、比べてみると全然違ってびっくり。サイズ的にもグリムロック付属のほうが足を伸ばせたとしても、今回の変形できる方が大きい。

スタジオシリーズ ウィーリー 比較

「グリムロック」と。

スタジオシリーズ ウィーリー 比較

2016年に発売されたレジェンズ版「LG29 ウィーリー&ゴーシューター」の「ウィーリー」と(海外ではタイタンズリターンシリーズで発売)。このレジェンズ版もかなり出来が良いですが、アニメデザイン再現という点では今回のコアクラス版のほうが似ている感じがします。この辺は好みが分かれるところだと思います。

スタジオシリーズ ウィーリー 比較

ビークルモードでも。

スタジオシリーズ ウィーリー 比較

他の86シリーズのメンバーと。サイズ感はなかなかいい感じ。

スタジオシリーズ ウィーリー 比較

ビークルモードでも。

スタジオシリーズ ウィーリー 比較

86シリーズ版「エクソスーツ スパイク・ウィトウィッキー」と。こちらも良いサイズ感。頭部替えで「ダニエル」も欲しくなっちゃう。

スタジオシリーズ ウィーリー 比較

ビークルモードでも。

【可動・アクション】

スタジオシリーズ ウィーリー ポーズ

可動は良好。さすがに腰は回りませんが、大きさ的に各部ボールジョイントが使われているので各部よく動いてくれます。以下、写真続きまーす。

スタジオシリーズ ウィーリー ポーズ
スタジオシリーズ ウィーリー ポーズ

パーツひとつひとつが塊感あるのが触り心地良くていい感じ。

スタジオシリーズ ウィーリー ポーズ

膝立ちも可能。

スタジオシリーズ ウィーリー ポーズ

残念ながら「グリムロック」に接続できるジョイントはなく、付属のウィーリーの上位互換というわけではない感じです。なので、なかなかうまく固定できない…というか、コアクラスが出るならウィーリー分グリムロックにプラスチックを使ってほしかったな…

スタジオシリーズ ウィーリー ポーズ

背中のパーツに3mm穴があるのでフィギュアスタンドを接続できます。

スタジオシリーズ ウィーリー ポーズ

以上、「トランスフォーマージェネレーションズ スタジオシリーズ 86シリーズ」から「オートボット ウィーリー」でしたー!「グリムロック」に非変形のフィギュアが付属していたので、まさか変形するものが出るとは…!コアクラスなのでかつてのレジェンズ(タイタンズリターン)版よりもパーツ数が少なく、明らかに簡素ではありますが、それでも劇中の雰囲気もしっかり出てるし、変形もサイズにちょうどいい感じの難易度で楽しいです。強いて言えば「グリムロック&オートボット ウィーリー」についてたのはなんだったの…ということくらいで、このウィーリー自体はコアクラスのサイズを活かしたとても良いものだと思います!


お気に入りブログ更新NEWS

シェアする

フォローする

ランキング参加中

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

『レビュー:TFスタジオシリーズ86(海外版) オートボット ウィーリー』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2022/09/02(金) 00:13:37 ID:70d72f8c0

    動くウィーリー楽しみにしてたけど、ちょっとまとまりの方ははタイタンズリターン版のほうが良いかなぁ
    グリムロックに付属の方は個人的にはジョイント考慮してもこれの下位互換としか思えない 管理人さんは実際にグリムロック破損してるしホント本体の方にコストかけてほしかった
    ダイノボット3体目でネタ切れしてミニフィギュア付かなくなってるのもなぁ

  2. 名前:匿名 投稿日:2022/09/02(金) 00:47:36 ID:6eb532126

    さすがにビークルモードはレジェンズ版の方がまとまりがいい感じですが、
    ロボットモードは完全にSS版に軍配が上がりますね。

    >というか、コアクラスが出るならウィーリー分グリムロックにプラスチックを使ってほしかったな…

    ほんそれ感!
    SSグリムロックは腕の穴だけがどうしても気になるので、
    ウィーリーなしでスラッグ&スラージと同じ仕様で再発売してくれたら買いますw

  3. 名前:プライム 投稿日:2022/09/02(金) 04:07:48 ID:6095c33cb

    やっぱりビークルはレジェンズ版が良いね。
    あと個人的に肩幅が凄く気になる。
    なんかゴツくない?
    買うけど!笑

  4. 名前:ジョらえもん 投稿日:2022/09/02(金) 12:30:25 ID:d2c1e382d

    ウィーリーいいですね。ミニボットは改めてコアクラスで出してほしいくらい…
    スパイクもそうですが、最初はダイノボットの付属品だけで済ませる予定だったんでしょうが、SSシリーズでもコアクラス需要があると解ったのか、予定が変わって企画が通ったんでしょうね。

  5. 名前:ネテマス・プライム 投稿日:2022/09/02(金) 19:25:49 ID:ed2867dbd

    コアクラスで出すなら、グリムロックとスラッグに大剣の武器をつけて欲しかった…