トランスフォーマーニュース

マスターピースレビュー

実写映画関連レビュー

POTP関連レビュー

イベントレポート

日報:スタジオシリーズ映画『バンブルビー』版「バンブルビー」レビュー動画 ほか


日本では10月発売予定!



スタジオシリーズ映画『バンブルビー』版「バンブルビー」レビュー動画

スタジオシリーズのWave3として発売されるデラックスクラス映画『バンブルビー』版「バンブルビー」のレビュー動画がYouTubeにアップされています。かなり詳細なレビューとなっており、変形も分かる動画となっています。マスクはオンオフが差し替えでできるようになっており、武器もブレードとキャノン砲が付属する模様。変形はこれまでのバンブルビートイと似つつも下半身などはだいぶ趣の異なる変形になっているようですね。

 
※変形など楽しみにしている方は閲覧注意です!

 
また、Wave4で発売される『リベンジ』版「スタースクリーム」のレビュー動画もアップされています。基本的にWave1の「スタースクリーム」のリカラーなので同じ物ですが、武器がノコギリになっています。

 
Source:
Transformers 2018 Movie BUMBLEBEE Studio Series SS18 Deluxe Bumblebee Beetle Vehicle Robot Toys/YouTube
https://youtu.be/UfdcwEAJrbM
Transformers Movie Studio Series SS21 Voyager Class Starscream F 22 Rapter Vehicle Robot Toys/YouTube
https://youtu.be/q9yUgyIRpNA

Transformers Bumblebee: The Junior Novel
Little, Brown Books for Young Readers (2018-11-20)
売り上げランキング: 392,539

映画『バンブルビー』玩具エネルゴンイグナイターズ公式画像

映画『バンブルビー』の玩具「エネルゴンイグナイターズ」シリーズの公式画像が海外のショップに掲載されています。エネルゴンイグナイターズはシリーズ共通で使用できる「エネルゴンイグナイターズコア」がキーとなり、ビークルモードでギミックが発動するシリーズ。大きい順に「エネルゴンイグナイターズニトロ」、「エネルゴンイグナイターズパワー」(コア付きの「パワープラス」もあり)、「エネルゴンイグナイターズスピード」と名称が分けられています。また、あわせて「パワーチャージバンブルビー」の画像もご紹介。

 
・バンブルビー(MV6)/エネルゴンイグナイターズスピード

 
・バンブルビー(MV1)/エネルゴンイグナイターズスピード

 
・オプティマスプライム/エネルゴンイグナイターズスピード

 
・ホットロディマス/エネルゴンイグナイターズスピード

 
・バリケード/エネルゴンイグナイターズスピード

 
・バンブルビー(MV6)/エネルゴンイグナイターズパワープラス

 
・バンブルビー(MV1)/エネルゴンイグナイターズパワープラス

 
・バンブルビー(MV1)/エネルゴンイグナイターズパワー:「パワープラス」はマスクオフ、「パワー」はマスクオンになっています。

 
・オプティマスプライム/エネルゴンイグナイターズパワープラス

 
・ホットロッド/エネルゴンイグナイターズパワー

 
・ドロップキック/エネルゴンイグナイターズパワー

 
・メガトロン/エネルゴンイグナイターズパワー

 
・バンブルビー/エネルゴンイグナイターズニトロ

・オプティマスプライム/エネルゴンイグナイターズニトロ

 
・バリケード/エネルゴンイグナイターズニトロ

 
・パワーチャージバンブルビー

 
Source:
Amazon.com
https://www.amazon.com/
smythstoys.com
https://www.smythstoys.com/uk/en-gb/

Transformers Bumblebee: Reader (Passport to Reading Level 2)
Little, Brown Books for Young Readers (2018-11-20)

「トランスフォーマーレジェンズ」WEBコミック「レジェンズ世界危機一髪!後編」公開! ほか

「トランスフォーマーレジェンズ」WEBコミック「第54話 レジェンズ世界危機一髪!後編」がトランスフォーマー公式サイトで公開されています。前回公開された「前編」の続きとなり、「レジェンズ世界」としては最終回的な内容となりますが、今後発売される「LGEX リパッグ&グロテス」へ続くような終わり方になっています。

 
ラストは「新章レジェンズ復活への道編に続く!」とあり、これが「LGEX リパッグ&グロテス」に直接続くのか、その間にWEBコミックが追加されるかは不明ですが、これからもレジェンズシリーズは継続していきそうな雰囲気。前回お伝えした「ブランカー」たちや、気になるワードも散りばめられており、今後の展開がとても気になります!「LGEX リパッグ&グロテス」はタカラトミーモールで9月10日(月)13:00まで予約受付中です。

【タカラトミーモール限定】トランスフォーマー レジェンズ LG-EX グロテス&リパッグ(タカラトミーモール)icon
【タカラトミーモール限定】トランスフォーマー レジェンズ LG-EX グロテス&リパッグ(タカラトミーモール楽天市場店)

 
Source:
トランスフォーマーレジェンズ WEBコミック/トランスフォーマーオフィシャルサイト
https://tf.takaratomy.co.jp/products/tf_lg/tf_lg_comic


「トランスフォーマー✕高知県コラボプロジェクト」特設ページ公開

「トランスフォーマー✕高知県コラボプロジェクト」特設ページがトランスフォーマー公式サイトで公開されています。先月のワンダーフェスティバル2018[夏]でオリジナル刀剣が展示され話題となりました。すでに動画内で内容は明らかになっていますが、改めてストーリーとキャラクターについて情報が掲載されています。

 
・コンボイ

幕末時代に坂本龍馬のボディガードとして存在していた。
鎧からロボットに変形したとされる。
武器は、日本刀と脇差の2本。
(日本刀は実際に再現)

 
・メガトロン

幕府側から依頼され、
坂本龍馬の命を狙っていた忍者。
普段は銃に擬態していたとされる。

 

 
Source:
トランスフォーマー×高知県/トランスフォーマーオフィシャルサイト
https://tf.takaratomy.co.jp/bakumatsu-ishinhaku

お~い!竜馬(1) (ヤングサンデーコミックス)
小学館 (2013-02-01)
売り上げランキング: 16,457

パワーオブザプライム「ロディマスプライム」コンセプト画像

ハスブロのトランスフォーマー公式InstagramとFacebookに「Leaked From Cybertron」のパワーオブザプライムリーダークラス「ロディマスプライム」編が公開されています。そこで、開発初期のコンセプト画像と思われるものを見ることができます。企画当時はビークルモードにデラックスクラスのトランスフォーマーを取り付ける、「ビークルモードでのコンバイナーモード」や、ロボットモードでアーマーを取り付けるギミックなども検討されていたようです。最終的にはプライムマスターを入れ替えて遊ぶものに落ち着いた模様。

#LeakedFromCybertron: See how the team experimented with some features of the Leader Class Evolution Rodimus Prime figure.

TRANSFORMERSさん(@transformersofficial)がシェアした投稿 –

 

1枚目のキャリーに載っている「「スタースクリーム」と思われるものは形状が「スターセイバー」のようにも見えます。当初、プライムを決めるファン投票で「スターセイバー」も候補の一人だったので、その名残なのかもしれませんね(最終的にはビーストコンボイが選ばれました)。また、2枚目の先端につくものはタイタンズリターン版「オーバーロード」(スカイシャドウ)のリデコのようです。3枚目は大きな手がボディを包み込むような感じですが、なんとなくですが、このイメージが「ロディマスユニクロナス」につながったんじゃないかな?とも思ったり。

 
Source:
transformersofficial/Instagram
https://www.instagram.com/p/BmQladqFRyQ/
#LeakedFromCybertron: Leader Class Evolution Rodimus Prime/Facebook
https://www.facebook.com/transformers/videos/2095887403814776/


タカラトミー國弘高史氏インタビュー「トランスフォーマーの神様”が語り尽くす! 変形ロボット開発秘話[第2回]」公開

タカラトミー國弘高史氏インタビュー「トランスフォーマーの神様”が語り尽くす! 変形ロボット開発秘話[第2回]」が価格.comマガジンで公開されています。第2回は「TFの変形ロボットの作り方」と題され、トランスフォーマー開発チームのことや、スタジオシリーズのことについて語られています。これまでなかなか知られていなかったチームのことや、ハスブロとのやり取りなどについても言及されています。今回も非常に興味深い内容になっているので、管理人の気になった箇所をご紹介。


 

――「トランスフォーマー」の変形玩具シリーズを製作する國弘さんの部署には、何人ぐらいのメンバーが在籍しているんですか。

國弘 海外商品担当の海外チームと、国内商品担当の国内チームを合わせると、トータルで14人ほどです。まあ、個性的な人しかいないですね。私は、会社に入った年に「トランスフォーマー」が始まった世代なんですけど、もう今は「トランスフォーマー」が好きで入ってきたって人たちが結構いますね。

 
トランスフォーマーの変形玩具を作っているのは14人と管理人の想像するよりも少し多い人数でした。しかし、職種的にかなり特殊な技能を必要としそうなこともあってか、やはりよくお名前の出る方はずっと作り続けられている印象ですね。

 

――版権のチェックでも修正が来るものなんですか。

國弘 版権を持ってるメーカーさんによって、いろいろですね。「ライトの形が違うよ」とか、「そんな細かいところまでこだわるんや」というような場合もあるし、すんなりOKをもらえる場合もあったり。今回の「スタジオシリーズ」の「ブラックアウト」(「SS-08 ブラックアウト」)なんかは、「よくやったね。どうやってこんなに似せたんだ!」って、ヘリコプターのメーカーさんからコメントが届きました。

 
やはり版権元ごとに監修の度合いは違うようです。レビューをしていても「このメーカーは厳しそう」という印象を受けることがあるので、発売に至るまでには並々ならぬ苦労があると想像します。また、スタジオシリーズ版「ブラックアウト」はメーカーからお褒めの言葉をもらうほどということで、管理人もインタビューを読んでからブラックアウトをヘリモードにしてみました(笑)

 

――普段、どれぐらいの数のプロジェクトを抱えてらっしゃるんですか?

國弘 もう、数えると辛くなるので数えないようにしています(笑)。でも4~5つぐらいは同時進行していますね。ひとつの図面のサンプルを作ってもらっている間に、次の製品をデザインする感じですね。

 
トランスフォーマーのデザイナーが一度にかかえる案件がとんでもない数だということが伺えます。4〜5個の変形パターンを同時に考えるなんて、頭がこんがらがりそうだ…

 

――そうすると、ロボットモードで飾った時に統一性が出てきますよね。

國弘 映画のバトルシーンの再現も可能になります。我々もそういうことをやってみたかったので、楽しんで作ってます。それに今回は、映画会社のほうから3Dデータを提供してもらうことができたので、ディテールにおいてはこれまでのシリーズよりは格段によくなっています。そこが特色だと思います。

 
スタジオシリーズについての質問。今回、映画会社から3Dデータを提供してもらったことで、あの再現度を実現しているんですね!特にリーダークラスの「ブラックアウト」や「グリムロック」ではその効果がとてもよく現れているように思います。ちなみに、現在発売されているスタジオシリーズでは國弘氏はリーダークラス「ブラックアウト」ボイジャークラス「メガトロン」デラックスクラス「ラチェット」を担当されたとのこと。

 

――うしろから見てもいい感じですね。

國弘 ネットのレビューなんかを見ていると、「大きくした分、ワキの下から中の空間が見えてしまう」と言われてるんですけど。「ワキの下だけはごめん!」みたいな(笑)。

 
スタジオシリーズボイジャークラス「メガトロン」について。國弘氏もネットのレビューを見ている模様…別の箇所では「腰が動かなかったら怒られますからね(笑)」とも言っており、ネットの評判もよくチェックされているようです。そして自分のレビューを見ると國弘氏が担当した「メガトロン」と「ラチェット」のレビューで「腰が回らない」って言ってるという…

 
この他にもスタジオシリーズでの苦労話など、これを読むと現在のトランスフォーマーの開発体制などもなんとなく見えてきますね。「第3回 國弘さんが選ぶ「お気に入り5選」」は8月17日公開予定です!

 
Source:
“トランスフォーマーの神様”が語り尽くす! 変形ロボット開発秘話[第2回]/価格.comマガジン
https://kakakumag.com/hobby/?id=12580


 

これまでスマホでみると横並びの画像が変になってたり、横並びにならなかったりで、直すにもCSSでは対応しきれなくて諦めていたんですが、やっぱり見栄えが悪いので原始的な方法でタグを直すことにしました。ひとまず今後のやつは大丈夫ですが(今回のエネルゴンイグナイターズの記事部分もちゃんとキレイに並んでるはず)、これまでのやつはかなり数があるので、折を見ながら修正していきたいと思います…!

Amazonフィギュア・ドールのランキング

Amazonロボット・ソフビ人形のランキング


お気に入りブログ更新NEWS

シェアする

フォローする

『日報:スタジオシリーズ映画『バンブルビー』版「バンブルビー」レビュー動画 ほか』へのコメント

  1. 名前:Go boy 投稿日:2018/08/11(土) 23:57:37 ID:2c72d5438

    國弘さんのインタビューに出てきてるSSのブラックアウトと、あとグリムロックが入荷してるのを今日見かけました。そういや8月再販でしたね。買えなかった人はチャンスです

    SSのバンブルビー版バンブルビー、ビークルサイズはMPとほぼ同じですね。これは是非並べたい!願わくば噂されてるMPMもMPといい感じに並べられるサイズだと嬉しいけど、MPMのサイズ感的に無理かな…

  2. 名前:さすりゅ~ 投稿日:2018/08/12(日) 01:44:20 ID:0370d54dd

    再販版ブラックアウトはビークルモードでの星のマーキングが逆位置になっているかもしれないというエラーは直ってるのかなぁ…

    タカラトミー的にはレジェンズは続けていきたいという意思がひしひしと伝わってくる次回予告ですが
    今後のLG商品がグロテス&リパッグみたいな玩具だけ見ると海外版とほぼ同じ物をモール限定で出し続けると言う事になるのは個人的にあんまり嬉しくない
    やるならせめて海外版から日本独自に大幅に色を変えたり新規パーツを使った物に、願わくばいつかは通常商品に返り咲いて欲しいものですが…早くともWFCトリロジーの間は無理なのかな

    POTPコンセプトアートのTRスカイシャドウのリデコらしき物はオリジナルサーティーンの一人、プライマであると言われているようですね
    前作でも同じくサーティーンの一人に数えられるアルファトライオンが商品化された事、今作で商品化されたプライマがデコイスーツなしで玉ゴリかダブルスパイのオマケのみでの商品化だったと思うと
    このプライマの商品化が成らなかったのは残念ですね…

  3. 名前:匿名 投稿日:2018/08/12(日) 01:59:19 ID:91bb7c6f0

    POPは検品ちゃんとしてくれよ
    ベトナムだからアカンのか
    ロディもまあアレだったが特にオプは酷い

  4. 名前:メカ菜 投稿日:2018/08/12(日) 05:36:04 ID:97674531f

    「レジェンズ復活への道」にはメタ的な意味も込められてそうだな

  5. 名前:ディーノ 投稿日:2018/08/12(日) 10:37:20 ID:23cf37f00

    エネルゴンイグナイターズスピードのホットロッドがホットロディマスになってますよ!

  6. 名前:匿名 投稿日:2018/08/12(日) 10:47:52 ID:02e250adf

    BBBBとかADのバンブルビーは差し替えなしでマスクのオンオフができたのになぁ
    なんとかならないものだろうか

  7. 名前:匿名 投稿日:2018/08/12(日) 12:42:51 ID:f442bae19

    レジェンズは続けて欲しいなあ。もう、リデコ全開でいいから。
    取りあえず、ブランカー、クロスヘアーズ、サーショットの初代ターゲットマスターは発売して欲しい。

    ついでにプリテンダーもできないかな?
    メタルホークは金型あるし、フェニックス、ランダー、ダイバーも、ミスファイヤー、クロームドーム、スカージあたりをリデコすれば、作れてしまいそうな気がします。

  8. 名前:匿名 投稿日:2018/08/12(日) 20:41:07 ID:bbe5a71aa

    ※8
    やれるけど可動部設けるためにデザインが一部潰されるからやってないだけ
    スタジオシリーズは造形優先だから変形と可動用以外に基本余計なギミックはつけない

  9. 名前:匿名 投稿日:2018/08/12(日) 22:22:22 ID:5aad06d3c

    ブラックアウト再販版はちゃんと星マークの上下正しくプリントされてましたよ

  10. 名前:匿名 投稿日:2018/08/13(月) 20:24:47 ID:1ae9e9c3d

    まあまあ皆さん、
    喧嘩すんなや。

    真偽なんてどっちでもええやん。公式見解が出たなら、それが真でええやん。

    みんなでTFを愛でようず。

  11. 名前:こん 投稿日:2018/08/13(月) 20:29:14 ID:1ae9e9c3d

    まあまあ皆さん、
    ここで喧嘩すんなや。

    公式見解が出たなら、それが真やし、
    別に真偽なんてどっちでもええやん。

    タカラトミーがやらかす体質なのはデフォルトやけん、生暖かく見守ろうず。
    みんなでTFを買って愛でるのが一番。

  12. 名前:平和好きのトランスフォーマー愛好家 投稿日:2018/08/13(月) 21:19:35 ID:0d432d22a

    黙って見ませんかね。言葉争いなんてうんざりしてるし、ここはトランスフォーマー好きが集まる人たちのための超偏見超変形/リベンジなんだから。管理人さんも自分達もこんな醜い争いは見たくもないはずですし。『トランスフォーマーが大好き!』これでじゅーぶん!

  13. 名前:匿名 投稿日:2018/08/13(月) 21:22:22 ID:346f469b8

    バンブルビーの背中のガワ問題はなかなか解決が難しいようですね…
    1作目のSSバンブルビーは、パーツがポロポロしてたので、そこがちゃんと改善されていれば、文句はないですね
    映画の内容にも期待が膨らむばかりです!!

  14. 名前:匿名 投稿日:2018/08/14(火) 15:16:40 ID:96efc6037

    騎士王ビーとそのリメイクのSSビーが背中のガワを出来るだけコンパクトにしてただけに、新SSビーの背中は不細工過ぎて残念…

  15. 名前:匿名 投稿日:2018/08/14(火) 15:18:32 ID:77e7c6a94

    バンブルビーは劇中通りにフロントガラスとルーフを分割して体内に収納すればガワがスッキリするのになぁ…

  16. 名前:匿名 投稿日:2018/08/14(火) 16:41:49 ID:a1cec2cf7

    劇中CGモデルを利用して設計されたのはスタジオシリーズが初めてなのかな?
    もしそうならmpmバンブルビーとかオプティマスプライムのver.2.0も期待したい

  17. 名前:匿名 投稿日:2018/08/14(火) 17:00:29 ID:fa1cc640f

    まあ、トランスフォーマーは不調っぽいけど、トランスフォーマーとかシンカリオンとかゾイドはそれなりに売れてるよな。
    トランスフォーマーは最近変態変形になりすぎて、ふにゃふにゃしてるし説明書がないと変形できないやつも多い。マニアは可動可動うるさいけど、低年齢層ユーザーには、可動より、直感的にできるカッチリ変形が求められているのかもしれないね。

たくさんコメントをいただきありがとうございます。少々良くない流れになってしまったので、該当コメントを削除させていただきコメントを凍結させていただきました。何卒ご了承ください。