レビュー:TFジェネレーションズ タイタンズリターン パワーマスターオプティマスプライム

314_000
今日は「トランスフォーマージェネレーションズ タイタンズリターン(海外版)」から「パワーマスターオプティマスプライム」をご紹介!



商品名 Autobot Apex & Powermaster Optimus Prime
(パワーマスターオプティマスプライム)
シリーズ名 Transformers:Generations:Titans Return
クラス リーダークラス
メーカー Hasbro
発売時期 2016年6月
価格 $49.99(輸入ショップ参考価格:¥10,000〜¥13,000)

ということで、海外ジェネレーションズの新シリーズ「タイタンズリターン」から「パワーマスターオプティマスプライム」です!「パワーマスターオプティマスプライム」は、日本で言う「スーパージンライ」に当たり、海外と日本で設定が大きく異るキャラクターです。また、新シリーズ「タイタンズリターン」は「コンバイナーウォーズ」から続く「プライムウォーズトリロジー」の中の2番目の物語となり、「ヘッドマスター(今回の名称は「タイタンマスター」)」にスポットを当てたシリーズです。なので、今回の「パワーマスターオプティマスプライム(ゴッドジンライ)」もG1時はヘッドマスターではなかったのですが、新たにタイタンマスター「エイペックス」がヘッドオンするギミックがついた玩具としてリリースとなります。日本では「スーパージンライ」としてレジェンズシリーズで発売されることが東京おもちゃショー2016で発表されましたが、それはより「ゴッドジンライ」のイメージを踏襲したものとなるようで、今回の海外版からまた違ったものになるようです。玩具としてはコンバイナーウォーズ版リーダークラスであり、日本ではレジェンズシリーズとして発売された「ウルトラマグナス」がベースとなっていますが、変更箇所はかなり多くほぼ別ものと言ってもいいくらいのものになっています。ということで、当ブログ久々の新作海外トランスフォーマーのレビュー(こんなはずでは…)です!それではいってみましょー!

314_001

314_002
パッケージ。ヘッドオンするイラストがなかなかのインパクト!ただ、今回のパワーマスターオプティマスは厳密にはこういう形ではヘッドオンしませんがそこはご愛嬌…また、左上にはトリプルチェンジャーであることを示すマークもあります(「タイタンズリターン」はボイジャー以上は基本的にトリプルチェンジャー)。ちなみに中箱はいままでよりかなりペラペラな紙になっていて、箱に戻すのがなかなか大変だった…

314_003
「コンバイナーウォーズ」から続きキャラクターカード付きですが、今回から裏面にテックスペックが書かれるように!ただテックスペック自体は4種類の簡単なものになってます。「オプティマスプライム」に関しては、タイタンマスターの「エイペックス」が合体することで、テックスペックが「10」を超える状態に…!

314_004
ロボットモード。か、かっこいい!ジェネレーションズでは初のリーダークラスのオプティマスということもあり、そういう意味でも感慨深いものがあります。また、頭部もギミックの関係で大きめになっているので等身が若干低めなのが旧玩具のイメージにも重なり、かつて欲しくて欲しくてデパートで駄々をこねたけど、結局買ってもらえなかった子供時代の記憶が呼び起こされます(代わりにしぶしぶ「ブローニング」を買ってもらったけど、今考えるとそれでよかった)。各部のディテールも細かく作りこまれており、ベースが「ウルトラマグナス」ではありますがその面影はほとんど感じません。

314_005
背面。今回トレーラーとコンテナが一体変形をするおかげで、背面はコンテナ成分のグレーの面積がかなり多くなっています。ふくらはぎ部分に配置されたオートボットマークがいいですね。

314_006 314_007 314_008

3面。全体的にボリューム感のある感じになっています。足がしっかり接地しないのはウルトラマグナスと変わらずなのがちょっと残念かな。

314_009
バストアップ。ヘッドオンした上に更にマスクをするのですが、目の部分は開いており、奥にタイタンマスターの眼が見える形になっています。顔は「スーパージンライ」っぽさが色濃く出ており、なかなかカッコイイ感じになっています。胸部は残念ながらゴッドオンギミックはなく、造形のみで表現される形に。

314_042 314_043

続いて、タイタンマスター「オートボット エイペックス」。当時のデザインを踏襲した姿となっています。前面は特に塗装はなく、パーツの色分けのみ(日本版ではジンライのカラーリングを再現してくれることを期待)。足は左右別々に動かないくらいで、結構動いてくれます。特に腕が広げられるのがいいです。

314_044 314_045

頭部モード。顔はオプティマスプライムというよりは「オライオンパックス」をイメージした形になっているようですね。素朴な表情がなんともいえない。

314_012
ちなみにタイタンズリターンとは関係なく少し前に発売された「ブレインストーム」のヘッドマスター「カーナ」と比較するとこんな感じ。互換性があることを期待しましたが、その期待は無情にも打ち砕かれました…

314_046
タイタンマスターを合体。オプティマス本体にタイタンマスターの首部分を接続し、オプティマスのマスクを被せます。タイタンマスターと接続する部分は、首の方向が決まっているので注意(変な方向で無理やり入れると破損の恐れあり)。G1玩具のようなパワーゲージのギミックはありません。

314_015
続いて武器。手持ちの銃ははウルトラマグナスと同じものが2つ付属。

314_016
ウルトラマグナスとは異なり、グリップを固定する受けの穴がグレーのプレート部分にあり固定しやすくなっています。ちなみに、武器は連結できますが、拳の底の穴は貫通はしていないのでハンマーのような持ち方はできません。

314_017
また、両肩には肩にはジンライらしく2連のキャノンが。肩のプレートが稼働するので、こんな感じに展開もできます。

314_018
続いてビークルモード。キャブとコンテナが一体型のトラックに変形。キャブ部分はリデコ元の「ウルトラマグナス」っぽさを感じますが、コンテナはオプティマスらしいしっかりとしたコンテナになっています。

314_019
背面。コンテナ部分のモールドも細かく作りこまれていてとてもかっこいい!

314_020 314_021

武器を外して。

314_028
キャノン砲は裏返すとタイタンマスターを載せるスペースがあり、座らせることができます。タイタンマスターの足のかかと側に突起があり、それをキャノン砲のシートにちゃんと固定可能。

314_023
キャブ部分とトレーラー部分は分離はできませんが、可動は可能。

314_025
コンテナ部分にはレジェンドクラス程度であれば収納可能。デラックスクラスも入れるだけなら行けそうですが、コンテナの床に突起があるのでスムーズに出し入れは難しいと思います。

314_022
キャブ分にはタイタンマスターを固定して座らせることができます。

314_024
今回の「タイタンズリターン」シリーズの特徴の一つとして、タイタンマスターを立たせるための突起がいろんな部分に設けられていること。おかげでタイタンマスターと絡めた遊びが楽しい!タイタンマスターがたくさん欲しくなります。ちなみに一緒に写っているのはタイタンマスタークラスの「ラウドマウス」と「ナイトビート」。

314_027
続いてもうひとつのモードである基地モード。G1玩具でもあった基地モードと脚部の配置は異なりますが、それ以外はかなり近い形になっています。

314_029
背面はキャブがそのまま配置されています。ここを開けてタイタンマスターを座らせておくなんていう遊びもできます。

314_030
キャノン砲を中心の胸部パーツ部分に固定できます。ただ、そうするとタイタンマスターとキャノン砲のジョイントは付けることができません。

314_031
他のタイタンマスターたちと絡めて。基地モードでもタイタンマスターを立たせる用の突起が色んな所に用意されています。中心部分にもスペースがありレジェンドクラスのビークルモードくらいなら普通に置けそう。しかし楽しいな!

314_032
ちなみに、この基地モードは別売りのタイタンクラス「フォートレスマキシマス」と連結するためのジョイントが設けられています。

314_033
続いてリデコ元の「LG14 ウルトラマグナス」と比較。初めは「なんだオプティマスなのにまたリデコか…」とがっかりしていたのですが、いざ並べてみると半分以上のパーツが専用になっていることがわかり、かなりウルトラマグナスとは印象が違ったものになっています。あと、今回のギミックのおかげ?でかなり等身が違うのも面白い。

314_034
ビークルモードでも。特に牽引されるものが大きく形状が違い、おかげで変形もだいぶ異なったものになっています。あと、キャブ部分のデザインも同じかと思いきや違うものになっていてびっくり。ちなみに国内版はさらにG1の形状に似せたものになることが明らかになっています。

314_035
他のオプティマス玩具と。左はクラシック版で、右はコンバイナーウォーズ版。コンバイナーウォーズ版は正直質感とか含めそんなに好きじゃないんだけど、今回のパワーマスターオプティマスはかなりお気に入り。しかし今だにクラシック版は見劣りしないなあ…

314_036
最後に可動。一般的な可動箇所を備えてはいるのですが、体型やパーツ配置の関係でそれほど大胆なポーズはとれません。ただ、タイタンマスターをつけた状態でも首は回せますし、全体の安定自体はよいです。以下、写真続きまーす。

314_037

314_038
「パワーマスターオプティマスプライム」としては映像作品が存在せず、基本的にコミック内での活躍になるわけですが、基本的に「オプティマスである」ことは変わらないので、ピーター・カレン(もしくは玄田哲章)の声で話すと思って遊ぶとよいです。

314_041
マスクをしない状態でも遊ぶことは可能ですが、オライオン顔なのでイマイチぱっとしないかも…

314_039

314_040
以上、「トランスフォーマージェネレーションズ タイタンズリターン(海外版)」から「パワーマスターオプティマスプライム」でしたー!待望のパワーマスター型がジェネレーションズシリーズで登場ということでとても楽しみにしていた反面、上でも書きましたが「ウルトラマグナス」のリデコということで、「オプティマスなのにまた(コンバイナーウォーズにつづいて)リデコか…」と思っていたのですが、いざ触ってみるとリデコの域を超えた変更パーツと、タイタンマスターとの絡みの遊びが予想以上に楽しくできており一気にお気に入りに!また、このリーダークラスという大きさも非常によく手に馴染むのもよい!日本版ではさらに「スーパージンライ」のデザインに近づけられたものになるようで、この海外版と比較するのが今から楽しみです。唯一の難点は入手のしにくさ。管理人は海外のショップから「ブロードキャスト」とのアソートで購入したのでそれほど高くはありませんでしたが、アメトイショップではどうしてもこのパワーマスターオプティマスの人気が高くなり、品薄な上アソートの関係で値段も高いという…国内版の「スーパージンライ」の情報がもっと具体的になれば状況は変わるかもしれませんが、しばらくはこの状況が続きそうな予感がします…

レビュー:TFジェネレーションズ タイタンズリターン パワーマスターオプティマスプライム」への15件のフィードバック

  1. 新・田中ロワイアル

    日本版はキャブがG1に近いデザインらしいが出来ればウルトラマグナスもそれが良かった。

  2. さすりゅ~

    日本版はこれをベースに更にリデコされるという事も海外版が入手しにくい理由かもしれませんね
    日本版と海外版で大幅に違っていれば両方持ってて損はないでしょうし。コンピューティコンみたいに
    リデコ元のウルトラマグナスなんて海外版と日本版のどちらを選ぶかは中の人はミニマスアンバスとアルファートリンのどちらがいいか?で決められたようなもんですし

  3. ヤブヌシ

    初コメです いつも楽しく拝見しております
    リデコで新しいプレイバリューを追加するってすごいですよね
    このようなリデコアイテムは大好きです

  4. ヘビペンギン

    レビューお疲れさまです。かなりかっこいいですね!リーダークラスのオプティマスとしてだけでも十分なのに、さらにプレイバリューも高そうで見てるだけでワクワクします。触れば触るほど味が出てきそうですね。

  5. ダークスペリオン

    スーパージンライの詳細が気になります。足首の可動、すなわち接地性の改善、ついでにもう少しヒロイックなスタイルであれば完璧だと思います。MPで培った技術を盛り込んでくれることを期待します。

  6. Nova

    このタイタンズリターン版オプティマスを基にスーパージンライ…レジェンズでどのような造形&ディティールになるのか楽しみです。出来るなら国内オリジナルでゴッドマスターのリメイクとかにしてほしいけど…普通に考えて無理がありますよね…。

    それとは別に、幸氏がTwitter上でMPとは違った商品化とあったので、もしかしたらこの発言はMP版開発開始のフラグか!?と思っています…(笑) 是非スターセイバーと並べて遜色の無い出来栄えであってほしいです!(ゴッドジンライとスターセイバーは同じ身長らしい)

    また苦手な方もいらっしゃるかと思いますが、パーフェクトエフェクトなるメーカーからタイタンズリターン版オプティマス用のゴッドボンバーっぽいアドオンパーツが今後予定されているそうなので、そちらの情報も個人的には楽しみです。

  7. GUNHED

    重箱の隅をつつくようですが、コンバイナーオプはリデコ元です。日本版の発売順が逆転したことによるウッカリだと思いますが一応念のために(^^;

  8. ジンジャー

    結構リデコされてて驚いた。中々魅力的な商品だとは思うけどウルマグで気になった
    接地性がまったく改善されなかったのは残念だった。ただここからどうジンライに変化
    するのか非常に楽しみ。

    あと気になるのがタイタンマスターの首の強度かな。首がなんかもげそうで不安

  9. 通りすがり1号

    横から失礼しますが、コンバイナーウォーズのモーマスとオプのどっちがリデコ元かという事に関しては、元ネタのあるメナゾールのコアであるというモーマスの方が先にありきで開発されたのではないかと思います。
    私見ですが。

  10. もげら

    レビューおつかれさまです。
    昔の箱体型と比べると段違いですね。

    国内版は銃の形状は2つとも新規デザインになるとうれしいです
    あとアドオンで非正規ゴッドボンバーが出そうな予感が…^^

  11. ヘビトロン

    初めまして
    レビュー楽しく拝見させて頂きました
    リデコと感じさせない新規パーツの多さと
    新しく追加された基地モードが素晴らしいと私も思います
    基地モードはタイタンマスターに限らず、マイクロンなんかもずらりと載せても楽しそうですね

  12. コダマ

    始めてコメントさせていただきます。こちらのオプティマスは関節が緩い等個体差が存在しているのでしょうか?

  13. 超変形超偏見 投稿作成者

    >>コダマさん
    それほど他の方の話を聞いたことがないのですが、個体差はもちろんあると思います。
    ただ、自分のものは関節が緩いなどはありませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。