レビュー:TFアドベンチャー TED-02 ビッググリムロック

278_000
今日は「トランスフォーマーアドベンチャー」イージーダイナミックシリーズから「TED-02 ビッググリムロック」をご紹介!



商品名 TED-02 ビッググリムロック
シリーズ名 トランスフォーマーアドベンチャー
イージーダイナミックシリーズ
クラス
メーカー タカラトミー
発売時期 2015年3月21日
価格 ¥3,600(税抜)

ということで、イージーダイナミックシリーズ版「ビッググリムロック」です!トランスフォーマー入門トイとして展開されている「イージーダイナミックシリーズ」ですが、今回の「アドベンチャー」では、「ビッグ」と名のつく大型のものがいくつか存在します。そのうちひとつがこの「ビッググリムロック」となり、「アドベンチャー」玩具の第1弾として以前紹介した「TED-01 ビッグバンブルビー」と同時に発売されました。それではいってみましょー。

278_001

278_002
パッケージ。ボイジャークラス程度の箱の大きさとなっており、ロボットモードで収納されています。裏面には変形方法が書かれており、説明書は同梱されていない形となります。

278_003
ロボットモード。どっしりとしたフォルムが劇中のイメージを良く表現しています!小さな子でも簡単に変形できるように、というシリーズなので、結構大雑把な部分もありますが、もった感じとかも結構ずっしり頑丈な感じするのもとてもいいです。

278_004
背面。背中もすっきり。アニメではロボットモード時にしっぽはないですが、今回は変形が単純なためしっぽが残る形となっています。

278_005 278_006 278_007

3面。手はほとんど恐竜モードのあしのままなのが若干気になる程度かな?けど、その腕も肉抜きの中までちゃんと塗装されてたりするのは好印象。あとは足がアシンメトリーなのは今回の変形に大きく関わるところ。

278_008
バストアップ。頭部のデザインは劇中のグリムロックのイメージをよく再現していると思います。胸には今回の売りの一つでもある(ある意味ネックともなっている)「トランスフォーマーコード」が。

278_018
今回の「ビッググリムロック」には武器は付属しませんが、手には武器を取り付けられるように5mmジョイントの穴が開いています。画像は「ストロングアーム」の武器を持たせてみたところ。

278_009
しっぽは購入時には取り付けされておらず、自分で付ける必要があります。なので、ロボット時にはずせばより劇中のイメージに近づく感じを出すことができますが、しっぽは余剰となります。

278_010
つづいてビーストモード。ティラノサウルス型の恐竜に変形。グリムロックはどちらかと言えば、こっちがメインの形態になる感じかな?少しでっぷりとした感じが、劇中のイメージ通りで可愛らしさすら感じます。

278_011
背面。しっぽの感じとかもいいですね。また、この「ビッググリムロック」の最大の特徴はその変形!ロボットモードの足をガバっと移動すると、あっという間に恐竜モードになるのが楽しすぎ!ちなみに、この「ビッググリムロック」の設計は新生マスターピースや、最近ではユナイトウォリアーズ版「デバスター」でお馴染みの蓮井氏となります。変形は静止画では伝わらないので、以下の公式で公開されている動画を御覧ください!


動画ではしっぽを外すように言ってますが、実際ははずさなくても変形は可能です。

278_012
アドベンチャーシリーズ「TAV02 グリムロック」と比較。「ビッグ」というだけあって「ビッググリムロック」の大きさが際立つ、というよりはアドベンチャー版のほうが小さすぎる…

278_013
恐竜モードでも。スタイルはやはりデップリ感がある「ビッググリムロック」が劇中イメージにより近いですね。親子みたいだな…

278_014
ウォリアークラスの「バンブルビー」と「ストロングアーム」と。劇中では圧倒的にグリムロックがでかいですが、まあまあ悪くないサイズ比。

278_015
ついでに「ロストエイジ」版「AD03 グリムロック」と比較。だいたいボイジャークラス程度の大きさですね。

278_016
可動はほぼ腕しか動かない感じ。腰も回りますが、首の変形と連動するので「可動」としてはあまり考えられていません。以下、写真続きまーす。

278_017

278_021
恐竜モードでは、足と腕が可動。

278_020
ウォーリアークラスのバンブルビーを乗せるとちょうどいい感じ。

278_019
ロボットモードでは、劇中のお姫様抱っこシーンもなんとなくですが再現できます。

278_022
以上、「トランスフォーマーアドベンチャー」イージーダイナミックシリーズから「TED-02 ビッググリムロック」でしたー!小さな子でも楽しめる入門玩具ということで、可動などは最小限に抑えられていますが、とにかくこの「ビッググリムロック」は変形が楽しい!とても単純なのですが、よくこんな変形思いついたなー、と関心せざるを得ません。あとは、他の「アドベンチャーシリーズ(ウォーリアークラス)」と並べるにもちょうどいい大きさとなっており、そっちのグリムロックで物足りなさを感じている人にも是非オススメ。今回の「アドベンチャー」はこの「イージーダイナミックシリーズ」がとても良く出来ているので、簡単変形を敬遠してる人にも是非手にとってもらいたいです!

レビュー:TFアドベンチャー TED-02 ビッググリムロック」への4件のフィードバック

  1. 音波大好き高校生

    劇中のサイズ比に近いグリムロックはFOC版のリデコが予定されていますけど
    こちらも変形が楽しそうで良いですね~    …安いし(本音)

  2. 超変形超偏見 投稿作成者

    >>名無しさん
    ご指摘ありがとうございます!

  3. なす

    恐竜モードの再現度は非常に高いですが
    ロボットモードだとまだまだといった印象を持ってしまいます
    そういった意味ではジェネレーションズのリデコ版の方が良いのかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。