レビュー:TFジェネレーションズ オートボットスクープ

211_000
今日は「トランスフォーマージェネレーションズ(海外版)」から「オートボットスクープ」をご紹介!



商品名 Autobot Scoop(オートボットスクープ)
シリーズ名 Transformers:Generations
クラス デラックスクラス
メーカー Hasbro
価格 $14.99(輸入ショップ参考価格:¥2,500〜¥3,000)

ということで、海外版ジェネレーションズ版スクープです!「スクープって誰?」という方も多いかと思いますが、1988年に海外で発売されたものが元となっており、ターゲットマスターを2人もつ「ターゲットマスター原野歩兵」という役割で登場します。前回紹介した「ダブルディーラー」なんかも同じ時期に発売されており、ジェネレーションズも「2010」までのキャラのリメイクもあらかた完了し、その後のキャラクターがチョイスされることも増えてきている印象ですね。そんなこともあってかスクープは日本での発売は今のところ未定となっており、もし発売されるとしても4月以降となるかと思われます。それではいってみましょー!

211_001

211_002

6 8 7 9 7 10 7 7

パッケージ。今回もコミックが付属しており、コミックの表紙がパッケージイラストを兼ねています。

211_003
コミックは「DARK CYBERTRON CHAPTER#2」となっており、今IDWで展開中のコミックの内容の特別版といった感じの内容なのかな?なので、コミックのタッチがページによってかなりバラバラ。

211_004
今回特に印象に残ったページがコチラ。酒(エネルゴン)を飲むオプティマスとウルトラマグナス、そしてロディマスたち。スクープは何気に登場ページがかなり少ないです…なんか捕まってるし。

211_005
ロボットモード。ボディのカラーがオレンジと黄色の同系色ということもあり、ちょっと玩具っぽさ感が強いですが、スタイルはオーソドックスながらバランスがよく、「トランスフォーマー」らしさが漂う風貌。そこに両手のターゲットマスターがいい感じでアクセントになっています。

211_006
背面。大きなタイヤが特徴的。背中にホイールローダーのショベルが配置されていますが特に重たいとかはありません。

211_007 211_008 211_009

3面。脚の裏が結構スカスカな感じではありますが、モールドがしっかり彫られているのが分かるかと思います。

211_010
バストアップ。非常にオーソドックスなトランスフォーマーの顔。目は集光ギミックとなっており、よく光ってくれます。ボディのデザインなどは大分シンプルな感じ。

211_011
つづいて付属のターゲットマスターの「CALIBURST(キャリバースト)」(左)と「HOLEPUNCH(ホールパンチ)」(右)。2人とも造形も細かく、しっかり塗装で色分けがされています。

211_012
背面。

211_013
「キャリバースト」のウェポンモード。

211_014
「ホールパンチ」のウェポンモード。2つとも武器としてもちゃんと作り分けられているのが分かりますね。

211_015
2つの武器を連結することも可能。

211_028
逆にしてホールパンチを下にすることも出来ます。

211_016
続いてビークルモード。ホイールローダーに変形。もともとオレンジ色ということもあり、建機らしさがよく出ていますね。

211_017
背面。

211_029
ターゲットマスターを装着。

211_018
後部にも穴があるので取り付けることが可能。

211_019
おなじジェネレーションズ版の「オライオンパックス」(海外版)と比較。オライオンパックスあたりからデラックスクラスがまた小さくなったような感じがしますが、大体それと同じような大きさ。密度的にはスクープはターゲットマスターに養分を奪われている感じでしょうか。

211_020
一応ビークルでも。

211_021
可動はこちらも非常にオーソドックスですが、変形の都合上膝が二重間接となっているので、立ち膝なんかも可能。以下写真続きまーす。

211_022
ターゲットマスターは腕脇にも装着可能。これは旧玩具が手に武器を持てず、腕に装着する形だったのでそれを再現出来るためなのかもしれない。

211_023

211_024
ターゲットマスターを合体させた武器は持ち手が2つになるので、両手で構えさせることも出来ます。

211_025

211_026

211_027
以上、「トランスフォーマージェネレーションズ(海外版)」から「オートボットスクープ」でしたー!オーソドックスな作りなのが特徴で、非常に遊び易い印象。オーソドックスすぎて、人によっては変形などつまらないかもしれませんが、最近ちょっと奇をてらったものが多い中である意味逆に貴重な存在かも。ターゲットマスターが2個付いているので、いろいろ組み合わせたり出来るのも楽しいし、比較的小さい子供でも難なく楽しめそう。変に「ビーストハンターズ」の簡易版みたいなものを出すよりは、これくらいの変形難易度で出した方がファンも子供たちも満足するんじゃないかな?とりあえずこのスクープは日本での発売は未定となっています!

レビュー:TFジェネレーションズ オートボットスクープ」への2件のフィードバック

  1. マスタング

    レビューお疲れ様です。スクープ知りませんでした。
    そして今までTFのコミックに興味がなかったのですが、
    なかなかカッコよくて英語の勉強ついでに見るのも良いですね。

  2. hiro

    レビューありがとうございます!
    思ってたよりもずっとシンプルで遊びやすそうですね
    ターゲットマスターの二人は最近のミニコンには珍しくハッキリと人型をしているのが新鮮でいいですね
    他のTFと組合わせて遊んでみたいです
    アダムスなんかも合わせて日本で発売されることを願ってます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。