マスターピースレビュー

レガシーシリーズレビュー

キングダムシリーズレビュー

スタジオシリーズレビュー

SS86シリーズレビュー


TFニュース(日報)新製品プレビューTF予約情報超偏見TFアワードイベントレポート

レビュー:TFスタジオシリーズ SS-74 ジョルト

スタジオシリーズ ジョルト

今日は「トランスフォーマースタジオシリーズ(国内版)」から「SS-74 ジョルト」をご紹介!



商品名SS-74 ジョルト
シリーズ名スタジオシリーズ
クラスデラックスクラス
メーカータカラトミー
発売時期2022年2月26日
価格3,200円(税抜)

ということで、スタジオシリーズ版デラックスクラス「ジョルト」です!「ジョルト」は2009年に公開されたトランスフォーマー実写映画第2作である『トランスフォーマー/リベンジ』に登場したオートボット。これまでデラックスクラスでは2度玩具化されており、今回のスタジオシリーズ版は3度目となる完全新規造形での立体化となります。海外では2021年に「75 ジョルト」として発売されています。それではいってみましょー!

【パッケージ】

スタジオシリーズ ジョルト パッケージ
スタジオシリーズ ジョルト パッケージ

パッケージ。背面にはゼネラルモーターズのライセンスを表すロゴが。いつのまにかゼネラルモーターズのロゴが変わったのね。そして、キャラ説明部分はいつのまにかただの商品説明文になってしまいました…

スタジオシリーズ ジョルト パッケージ

台紙兼ディスプレイスタンドは戦闘中の街中ですが、これは『ダークサイド・ムーン』のラストのシカゴで、「ジョルト」とは全然関係ないものになっています…間違ったのか…な?

【ロボットモード】

スタジオシリーズ ジョルト ロボットモード

ロボットモード。「ジョルト」ってこんなんだっけ…?と思って『リベンジ』を見返したんですが、実際こんな感じでした…映像での登場が少ないというのと(大きく映るところもない…)、これまで発売された玩具のイメージがあって、もっと頭がつんつんしたイメージだったんですが、公開から10年経ってそのジョルト像が間違ったものであったことが分かりました…なので、今回のスタジオシリーズはその劇中のジョルトをかなり忠実に再現されているし、ディテールも細かく、わかりにくいですが太股部分にクリアパーツが使われていたりなにげに凝った作りになっています。ただ、足の作りが独特で立たせにくいのが難点。

スタジオシリーズ ジョルト ロボットモード

背面。背面もバンパーが羽根っぽい感じで配置されるのがしっかり再現されています。

前面&背面。

背面。

スタジオシリーズ ジョルト ロボットモード

バストアップ。ジョルトの本当の顔を初めてこのスタジオシリーズで認識した…『ダークサイド・ムーン』のときにリメイクされたときも全然違う顔だったこともあって、もうずっとああいう顔だと思いこんでいました…ごめんよジョルト…

スタジオシリーズ ジョルト ロボットモード

武器は『リベンジ』のラストで「オプティマスプライム」に「ジェットファイアー」のパーツを移植するときに使ったエナジーウィップ。素材は軟質パーツではなくふつうに硬いパーツです。

スタジオシリーズ ジョルト ロボットモード

武器を取り付ける際は手の爪をひとつ外すと、そこに5mm穴ができるのでそこに取り付けます。取り外した爪は腰のパネル部分に取り付けておきます。

スタジオシリーズ ジョルト ロボットモード

エナジーウィップも腰のパネルに付けておくことができます。あまりかっこよくはないけれど…

【ビークルモード】

スタジオシリーズ ジョルト ビークルモード

ビークルモード。ゼネラルモーターズの「シボレー・ボルト」に変形。ビークル自体は地味ですが、再現度高く作られています。ちなみにビークルモードでのジョルトの登場もほんの一瞬…ちなみに管理人は『リベンジ』を初めて観たときに「ジョルト」がいたことに全く気づきませんでした…

スタジオシリーズ ジョルト ビークルモード

背面。ちゃんとシボレーマークが塗装されているのがいい感じ。変形は結構ガワ変形感強めですが、大きくふたを開けて裏返すような変形が大胆で面白い。ちなみにハスブロのSam Smith氏のInstagramでジョルトの担当者は國弘高史氏であることが判明しています。

前面&背面。

側面。

スタジオシリーズ ジョルト ビークルモード

サイドに武器を取り付け可能。これはこれですごく強そう。

【比較】

スタジオシリーズ ジョルト 比較

2009年『リベンジ』時に発売されたデラックスクラス「RA-19 ジョルト」と。「ジョルト」と言えばこの顔で、ずっとなにかしら角みたいなのがある印象だった…

スタジオシリーズ ジョルト 比較

ビークルモードでも。『リベンジ』の時点でもビークルの再現度はとても高いのが分かります。

スタジオシリーズ ジョルト 比較

2011年『ダークサイド・ムーン』時に発売されたデラックスクラス「DA14 ジョルト」と。なぜこのタイミングでジョルトがリメイクされたかも謎ですが、リメイクされてもなおこの顔…ちなみにこの型は『ロストエイジ』時には劇中カラー再現版が発売されています。なにげに玩具化は優遇されてきたキャラなように思います。

スタジオシリーズ ジョルト 比較

ビークルモードでも。

スタジオシリーズ ジョルト 比較

『リベンジ』のキャラということでスタジオシリーズ版「バンブルビー」と。リベンジのオートボットはあとはツインズが出れば揃うのかな?

スタジオシリーズ ジョルト 比較

ビークルモードでも。

【可動・アクション】

スタジオシリーズ ジョルト ポーズ

可動はここ最近出たものの中では結構制約を感じます。腕周りは問題ないですが、足回りはジェネレーションズ系になれてしまうと足首が内側に動かないのがすごく不便に感じます、特にこのジョルトはタイヤが足の土踏まず部分にあることもあって、足を広げて立たせようとするとタイヤが邪魔をしてしまう…以下、写真続きまーす。!

スタジオシリーズ ジョルト ポーズ
スタジオシリーズ ジョルト ポーズ

すごく気づかれにくいんですが、太もも部分はちゃんとクリアパーツになっていて、しかも中もしっかり造形されています。もうちょっとクリアパーツのスモークが薄かったら良かったかも…!あと、膝を動かすと、膝部分のタイヤの造形が見え隠れするのもカッコイイ。

スタジオシリーズ ジョルト ポーズ
スタジオシリーズ ジョルト ポーズ

劇中での活躍が本当に少なく、『リベンジ』のあとはどうなったのかも不明な不遇なキャラ…ちなみに管理人の友人は『ダークサイド・ムーン』の「キュー」をジョルトだと思っていたようで、言われてみると色も似てるし分からなくもない…

スタジオシリーズ ジョルト ポーズ

お尻にフィギュアスタンド用の穴が空いているのでそれを使って。

スタジオシリーズ ジョルト ポーズ

以上、「トランスフォーマースタジオシリーズ(国内版)」から「SS-74 ジョルト」でしたー!まずは何度もレビュー中に言いましたが、今回のスタジオシリーズで「ジョルト」の本当の姿を知ることができました…過去に発売された玩具のイメージが強くて、ずっとそういう姿だと思っていたけど、こんなツルンとした頭だったとは…玩具としては造形やパーツ配置など、こだわって作られているのが分かりますが、かっこよく立たせにくいのがどうしても気になってしまいます。武器も確かに「ジョルト」と言えばエナジーウィップだけど、もうちょっと見栄えのいい感じだと嬉しかったかな。ただ、『リベンジ』を語る上ではある意味外せないキャラで、その「ジョルト」がこうして本来の姿で立体化されたのは純粋に嬉しかったです!


トランスフォーマー マスターピース MP-57 スカイファイアー

お気に入りブログ更新NEWS

シェアする

フォローする

ランキング参加中

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

『レビュー:TFスタジオシリーズ SS-74 ジョルト』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2022/05/22(日) 09:42:29 ID:be6cb6975

    自分もこの記事を見るまでキューとジョルトは同一人物だと思い込んでました…

  2. 名前:匿名 投稿日:2022/05/23(月) 00:59:41 ID:f19340934

    重要な仕事を担当するのに台詞もなければ出番もほぼないというある意味不遇キャラなのに玩具的な扱いは悪くないんですよねジョルト

  3. 名前:匿名 投稿日:2022/05/23(月) 11:40:52 ID:87affe4e0

    スタジオシリーズのジョルト、キューと色味そっくり過ぎて間違えるんよね……

  4. 名前:初TFはサンダークラッカー 投稿日:2022/05/23(月) 15:53:44 ID:a9e290dda

    レビューありがとうございました。
    私はROTFサイドスワイプと同時期に購入しました。
    スゴくカッコ良い! カッコ良いけど、、、稼働の制約とポージングに苦労しました。

    ジョルトは確かに台詞も無いし、いつからそこ(合体シーン)にいるのも分からないけど、玩具化率が高めという。
    あとは
    ハチェット
    デモリッシャー(SSスカベンジャーのリカラー)
    クランクケース(SSでリメイク希望)
    あたりが出てくれれば、旧作キャラはもう十分かな~。

  5. 名前:テイバータレ 投稿日:2022/05/23(月) 18:05:59 ID:a8f6f5bda

    こっちの顔もいいんですが、なにせ玩具版の顔に慣れすぎてホントにどなた?と思ってしまいますね
    あと「リベンジ」は2011年ではなく、2009年公開だと思います…

  6. 名前:匿名 投稿日:2022/05/23(月) 23:03:08 ID:9e5bc75f7

    玩具版の顔の方が好き(かわいい)で、購入に踏み切れない。。

  7. 名前:超偏見超変形 投稿日:2022/05/23(月) 23:34:32 ID:db2ad152a

    >>テイバータレさん
    ご指摘ありがとうございます!
    修正させていただきました。

  8. 名前:匿名 投稿日:2022/05/24(火) 02:30:24 ID:a17809155

    レビューありがとうございます。ほんとに顔が違いますね…
    そういえばジョルト、公開当時は寡黙な職人的性格だと思ってた人も多かったような。玩具の説明でムチ振り回しながら敵の周りを走り回るヤバいやつだと判明して、衝撃受けてた人が自分ふくめてけっこういた記憶があります

  9. 名前:匿名 投稿日:2022/05/27(金) 20:53:07 ID:e4d78c1fd

    そういえばジョルトの武器でディーノのアンカー射出を再現出来るそうですよ