トランスフォーマーニュース

マスターピースレビュー

キングダム関連レビュー

映画関連玩具レビュー

イベントレポート

レビュー:WAR FOR CYBERTRON ユニクロン(その1 開封編)

今日は「WAR FOR CYBERTRON ユニクロン」をご紹介!「その1 開封編」!



商品名WAR FOR CYBERTRON ユニクロン
シリーズ名
クラス
メーカータカラトミー/Hasbro
発売時期2021年3月27日
価格70,000円(税抜) タカラトミーモール限定

ということで「WAR FOR CYBERTRON ユニクロン」です!「ユニクロン」は『トランスフォーマー ザ・ムービー』から登場するトランスフォーマー最大のキャラクターとなり、惑星からロボットに変形する星間大帝です。これまでも何度か商品化が行われてきましたが、『ザ・ムービー』での姿で発売されるのは今回が初となります(映画公開当時試作品まで作られていますが、残念ながら発売に至りませんでした)。今回の「WAR FOR CYBERTRON ユニクロン」は2019年にHasbro Pulseによって行われたトランスフォーマー35周年を記念したクラウドファンディング企画「HasLab」による商品で、8,000という目標数に対して最終的に全世界で1万以上の受注数を獲得し見事商品化されました(一度受注期間が延長されましたが、これは世界的な受注を集めるためだったのではないかと思います)。日本ではタカラトミーモールで予約が行われ、その数が全体に含まれています(日本での受注数雨がいくつだったかは明らかになっていません)。そして2019年10月に3ヶ月の受注期間が終了し、その後約1年半を経て2021年3月末にようやく予約した人の元へ発送されました。

ということで、今回はそのトランスフォーマー玩具史上最大の玩具である「ユニクロン」をじーっくり見ていきたいと思います!写真の枚数がとんでもないことになってしまったので(150枚オーバー…)、は3回に分けてレビューしていきたいと思います。まず「その1」は「開封編」と題して、パッケージからの開封、セッティング、小物などを見ていきたいと思います。それではいってみましょー!

【パッケージ】

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン パッケージ

まずは外箱。この状態で佐川急便が運んできてくれました。管理人は同じ日(3月27日)に発売されたウォーフォーサイバトロントリロジー系のものも佐川急便から届いたのですが、ユニクロンのほうが大きすぎて車に乗らなかったとかで、「後で持ってきます…」と2回に分けて配達してくれました…なんかごめんよ、佐川さん!

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン パッケージ

外箱にはカートンナンバー(カートンと言っても一箱に1個しか入ってないですが)が手書きで書かれています。管理人のものは「243」。日本国内で一体何個予約があったのかな…?もし購入された方がいたら是非番号を教えて下さい!

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン パッケージ

外箱の中にはユニクロン商品そのものの箱が。箱は1辺が約60cmの立方体。海外ではこの箱自体にラベルが貼られて発送されていたようですが、日本では輸送用の外箱があるのできれいな状態で保管できます。この箱の大きさが今回のユニクロンの第一関門とも言え、相当な容積だし、部屋によってはそもそも扉を通らないようなことも…管理人もさすがにこの箱は大きすぎて家に置いておけないので、レンタルボックスに保管します…(実はこのユニクロンを見越して家から徒歩1分のところを1年前から借りていました…!)

正面には大きく惑星モードのユニクロンが。裏面は急に時間が進んで首だけになったユニクロンとクインテッサ星人の船、そしてどこかに飛ばされるガルバトロンたちの姿が。そして表面の右上には「タカラトミー」のロゴも入っています。今回この「ユニクロン」の開発を担当したのは『2010』の「ホットロディマス」に始まり、数多のトランスフォーマー(「スターセイバー」、「スターコンボイ」、「グランドコンボイ」、「ギャラクシーコンボイ」、実写映画第1作版&リベンジ版リーダークラス「オプティマスプライム」、POTP版「オプティマスプライム」、アースライズ版「オメガスプリーム」など)を手掛け、「Transformers Hall of Fame 2019」では日本人として3人目の殿堂入りを果たしたタカラトミーの國弘高史氏。クラウドファンディング開始当初から国広市が手掛けることが大々的にアナウンスされていて、國弘氏自らユニクロンを変形する動画も公開されています

横面には大きく「UINICRON」のロゴが配置されています。

箱の上部には日本向けのラベルが貼られ、部位ごと細かく素材が書かれています。また、いつもの商品アンケートもあります。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン パッケージ

ふたを開けると一番上に取り扱い説明書が。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン パッケージ

1枚厚紙があるので、それを取ると発砲スチロールが。中は発泡スチロールで上下から挟むこむような形になっていて、黄色いバンドで固定されています。上部にはパーツが置かれています。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン パッケージ

バンドを切って、上部の発泡スチロールを取ると中にはユニクロン本体と、隙間にパーツが収納されています。

【ユニクロン】

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン 惑星モード

「ユニクロン」本体。惑星モードで収納されています。まさに球型でこのままの状態だと転がってしまいまうほど。直径は40cm程度で、この大きさの球体はなかなか生活の中で出会うことはなく、大きさの例えがとてもむずかしいです…強いて言えば大きいビーチボール?

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン 惑星モード

背面。後ろはトゲ(エナジョンタワー)が生えています。何箇所か輸送中にバラけないようにビニールの紐で固定されています。

【内容物】

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン 説明書

次は内容物を細かく見ていきます。まずは取り扱い説明書。A4より少し大きいくらいでページ数は32ページ。

中はオールカラー。英語ではありますが、変形は基本文字なし図のみで分かりやすく説明されています。ちなみに日本のトランスフォーマー公式サイトではPDFが公開されており、誰でも見ることができます。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン 付属品

袋「A」。惑星モードのオービタルリングの半分が入っています。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン リング

中身はこんな感じ。後で組み立てます。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン 付属品

袋「B」。オービタルリングのもう半分。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン リング

中身。ものとしてはAと全く同じもの。こんな感じでこの「ユニクロン」では金型を減らすために左右で同じパーツが多く使われています。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン 付属品

袋「C」。ユニクロン覆うトゲ(エナジョンタワー)パーツ。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン トゲ

中身。軟質パーツなので、ポキっと折れることはありません。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン 付属品

袋「D」。「D」は小物がたくさん。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン 付属品

中身。ユニクロンの顔のダメージver.のパーツや、サイバトロンの宇宙船、ミニサイズのロディマスとガルバトロンなどが入っています。右側のランナーはユニクロン本体のネジ穴を埋めるためのパーツ。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン 付属品

袋「E」。ユニクロンの頭がまるっと入っています。

スタンド。スタンドには通しのアルファベットはなし。左が土台で、右がユニクロンと接続する柱となります。

【スタンド】

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン スタンド

スタンドを組み立てます。必要なパーツはスタンドの土台と柱、そしてストッパー。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン スタンド

十字の土台部分に柱をスライドして装着し、はめ込んだ部分がはずれないようストッパーを取り付けます。柱部分は強度を保つため細かく部屋が仕切られていてガッチリした作りに。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン スタンド

後ろから。ストッパーはそれほどかっちり固定されるわけではなく、すぐ外せるようになっています。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン スタンド

スタンドの底面にはユニクロンの顔の付け替え用のパーツを取り付けておくことができます。

【セッティング】

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン セッティング

スタンドを組み立て、ユニクロンの惑星モードをセッティングしていきます。まずはユニクロンを台座に接続します。手探りだと接続位置がわかりにくくすんなり取り付けるのはなかなか難しい。ユニクロンの底面を上に向けて接続部分を見ながら台座を上から差すような感じだと楽です。ロックが掛かるわけではないのでユニクロンを持ち上げれば簡単にスタンドから外すことができます。

次に上部左右のパネルを開き、内側になっている角を回転させ外側に向けます。このパネルを外すのにまず苦労するのですが、ハスブロの公式動画などを見るとけっこうガバッと力任せに外している感じで、確かに力が必要なのですが接続部分が擦れる部分でもあるので慎重にならざるを得ない部分でもあります。実際管理人のものはジョイント部分の受けのほうが少し欠けました…

次に袋「C」に入っていたトゲ(エナジョンタワー)パーツを左右の角の付け根に取り付けます。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン セッティング

一度プレートを閉じて、後ろ側にもトゲパーツを取り付けます。

トゲパーツを取り付けたらサイドの突起部分にグレーのキャップを取りつけてトゲパーツが外れないようにします。反対側も同じようにトゲパーツを付けてキャップをします。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン リング

袋「A」と「B」のオービタルリングをそれぞれ組み立てます。これだけでもかなりの大きさです。ただ、見て分かるようにかなり細かく模様に沿った肉抜きが施されていて、重さはそれほどない感じです。

両サイドのキャップをとりつけた部分にオービタルリングを取り付けます。

左右のリングをジョイントで接続します。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン 惑星モード

これでユニクロン惑星モードの完成!!オービタルリングの直径は約85cmで左右のトゲを含めると約95cmにもなります…!詳しくは「その2 惑星モード編」で書きますが、本体の巨大な球体のインパクトは相当なもので、リングを付けた大きさがとにかくでかい!しかもそこにびっしりとディテールが造形されていて、まさに天体観測をするようにずっと眺めていられるような、そんな迫力と美しさがあります。

【ユニクロンの首&ミニフィギュア】

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン 付属品

続いて、ユニクロンの首と袋「D」に入っている小物たちを紹介していきます。ユニクロンの首と、小物は専用スタンドが用意されていて、そこにディスプレイしておくことができます。なので、ユニクロン本体を飾る場所がなくてもこれを飾ればユニクロンといつでもいっしょ!

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン 頭部

ユニクロンの首。説明書では首は取り外して変形するように指示されてはいますが、もちろん取り付けたままでも変形できます。圧倒的な造形で『ザ・ムービー』のデザインがそのまま再現されていています。顔だけでもこのディテールの細かさで、ハッタリの効いたメカメカしいモールドがたまりませんね!

口は開閉できます。左の写真のように顎を開くと歯茎が見えて、その後歯の部分が段階的に開くようになっています。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン 頭部

フェイスパーツと顎パーツを取り外すと内部が造形されています。骸骨チックな感じで細部までしっかり造形されています。ちなみにフェイスパーツですが結構きつめに接続されていてちょっと外しにくく、またフェイスパーツ自体がまるまるクリアパーツでできているのでだいぶ脱着に気を使います。

また、後頭部にレバーがあり、それを左右に動かすと連動して目が動きます。ただ、これはフェイスパーツを付けてしまうとほぼ動いているのが分からないのがもったいない感じ。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン 頭部

ダメージver.。これは『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』に登場した首だけのユニクロンを再現したもの。フェイスパーツをボロボロになった状態のものに変え、顎パーツも割れたものに交換します。金属が朽ちた感じがとてもリアルに表現されていてカッコイイ。しかしなぜ宇宙を漂っているうちにアゴが割れてしまったのか?

続いてサイバトロンのメンバーが乗っていた「シャトル」。一体成型で大きさも結構小さいですが、細かく造形されています。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン 付属品

スタンドに接続するためのアームが用意されています。このシャトルはコンボイが地球にやってくるときと、ロディマスたちが地球を離れる際に乗っていたもので、あまりユニクロンとは接点がない気も…むしろクインテッサ星人の宇宙船か、ジャンキオンたちの宇宙船がほしかった…もしや、台座にある2つスペースは…

大きさはスタジオシリーズ版ボイジャークラス(大きさ的にはデラックスクラス相当)のロディマスが持ってもこのくらい。ロディマスはこの宇宙船の中で剣と盾を持って訓練したりしていました。

「ホットロディマス」(左)と「ガルバトロン」(右)のミニフィギュア。「ホットロディマス」のほうは今回日本名が使われています。かつてこのミニフィギュアの情報が公開された際には、タイタンズリターン版の「ホットロッド」と「ガルバトロン」の形状を縮小したものでしたが、製品ではちゃんと今回専用に造形が変更されました。と言っても1cmくらいの大きさなのでディテールはほとんど分かりません。土台部分は今回のスタンドのくぼみに取り付けられるようになっています。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン 付属品

スタジオシリーズ版ロディマスと比べてもこの大きさ。

WAR FOR CYBERTRON ユニクロン 付属品

「センチュリオンドローン」に入っている「オプティマスプライム」と。キングダム版タイタンクラスのアークにもオプティマスが付属しますが、もしかすると今後も増えていくのかも?


ということで「その1 開封編」はここまで。「その2」は「惑星モード編」、「その3」は「ロボットモード編」となります!近日中に公開しますのでお楽しみに!


お気に入りブログ更新NEWS

シェアする

フォローする

ランキング参加中

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

『レビュー:WAR FOR CYBERTRON ユニクロン(その1 開封編)』へのコメント

  1. 名前:bond 投稿日:2021/04/23(金) 00:00:57 ID:b9562b9e7

    色々なレビュアーさんがデカすぎて写真も文章も持て余してるところにこの丁寧なレビューは舌を巻きます笑

    いやー、一緒に開封していく気分が味わえて最高です!

    うーん買いたくなるなー。

  2. 名前:中身はクラゲ 投稿日:2021/04/23(金) 00:35:13 ID:b31611df5

    間違いなくトランスフォーマーの歴史に刻まれる玩具ですね

    自分は結局見送りましたが買うべきだったかな…
    いややっぱり手に負えなかっただろうな

  3. 名前:サイバトロン小司令官 投稿日:2021/04/23(金) 00:51:17 ID:e8aa19372

    レビュー続編楽しみにしてます!
    価格と置く場所の二大問題で、嫁に勝てそうになかったので泣く泣く退却しました···。

  4. 名前:J9 投稿日:2021/04/23(金) 01:15:21 ID:d5db7f9bf

    レビュー第一弾ありがとうございます!

    写真だけでも圧倒的。正にカオスブリンガー。
    これから先、この存在感を越えるトランスフォーマーは発売されないでしょうね…

    第二弾第三弾のレビューも楽しみにしています!

  5. 名前:匿名 投稿日:2021/04/23(金) 10:52:33 ID:382d649ea

    うぅ、泣く泣くあきらめたけど、ほしい!
    再版も見込めないと思うので、管理人さんのレビューでたっぷり楽しませてもらいます。

  6. 名前:匿名 投稿日:2021/04/23(金) 17:41:33 ID:6a552687f

    後々中古で流れてくるのを買うにしてもミニフィギュアの紛失や顔面の破損等に気を付けておきたいですね

  7. 名前:匿名 投稿日:2021/04/23(金) 18:03:43 ID:d6e274b31

    『その1 開封編』というタイトルがもう出オチで笑っちゃいました…w 開封お疲れ様です。続きも楽しみにしてます^^

  8. 名前:初TFはサンダークラッカー 投稿日:2021/04/23(金) 18:22:20 ID:00010e17d

    レビューありがとうございます。
    我が家はまだ倉庫部屋に鎮座(ほったらかし)しています。
    あまりの大きさに「買って満足してしまった感」が否めないので、これからのレビューを参考にさせていただきます!

    玩具と思えば非常に高額ですし、誰にでも推奨できる代物ではないでしょう。
    しかし、この税抜70,000円のユニクロンには、他では決して味わえない経験と時間が得られます。
    これはディズニーの年パスと比較すると、分かりやすいかもしれません。
    1年中ディズニーランドに入園できて、好きな空間で自由に過ごすことに、ファンは年間99,000円を支払うわけです。
    しかもディズニーと違ってユニクロンが家にあれば往復にかかる交通費も不要で、大事にすれば何年も遊べるわけですから、これは想像以上にお買い得なのでは!?
    ・・・と思って購入しましたが、やっぱり収納に困っています(^^;)

    家には家内のドール(10万超え)が数体ありますけど、みんなスチールラックに収まっていますし・・・
    ちょっと開封しにくい(-_-;)

  9. 名前:プライム 投稿日:2021/04/24(土) 03:12:49 ID:93b38e080

    1発目レビューお疲れさまです♪
    自分はカートンナンバー116でした。

  10. 名前:no.28+ 投稿日:2021/04/24(土) 14:08:17 ID:98e8cfe18

    わかりやすいレビューありがとうございます!
    自分も惑星表面のパネル外しに大苦戦しました。(^^;
    次回も楽しみにしています。

    カートンナンバーは 690 でした。

  11. 名前:青いザリガニ 投稿日:2021/04/25(日) 10:01:25 ID:b340af4d0

    レビューありがとうございます!
    開梱だけでもレビューが成り立つくらいの一大イベントですね。しかしそれも偏に管理人様の愛情と手腕によるところであり毎回楽しませていただいております。
    惑星表面のパネルは外すよりも嵌めるのに苦労するのはウチだけでしょうか?惑星表面全体の6分の1ほどのパネルが多重ヒンジでぶら下がったまま、反対側のパネルのロックがあっちを嵌めるとこっちが外れ、ぶら下がったパネルはカチャカチャ本体に擦れ… 自分が下手なだけですね。
    ロディマスたち小物付属品は開封しませんでした。無くしそうだし、本体と比べると小さすぎてわからないので(ある意味リアル)。
    ウチのカートン№は640でした。管理人様のような豪快な筆跡ではなく、オーダー№くらいのサイズで細めのサインペンで書かれていました。ちなみに我が家から車で40分くらいの港にタカトミの集荷場があります。ウチの地方一帯の入出荷を担っているのですが、そこでの640個目(?)なのかなぁなんて勝手に想像しています。
    2弾3弾のレビュー、4月のプレビュー等お忙しいと思いますが楽しみにしています。応援してます!

  12. 名前:マタギ 投稿日:2021/04/26(月) 00:20:32 ID:96be4f803

    うちのカートンナンバーは313でした!
    顎パーツについてなんですが、今回に合わせて久しぶりに映画を見返してみたところ
    シーンごとに作画がバラバラで、顎が割れているカットと割れていないカットが混在していました。
    なのでその2パターンを両方再現するために2種類の顎パーツが付いているのかと思います。

  13. 名前:匿名 投稿日:2021/04/27(火) 12:40:27 ID:8d392aaf0

    レビーご苦労様ですとありがとうございます。あと一回かな?頑張って下さい。自分も購入したのですがあまりの大きさにビビり開封を躊躇っていますので助かります。自分のは24でした。(写真の添付が出来ない)