トランスフォーマーニュース

マスターピースレビュー

実写映画関連レビュー

POTP関連レビュー

イベントレポート

レビュー:TFレジェンズ LG65 ターゲットマスターツインツイスト


今日は「トランスフォーマーレジェンズ」から「LG65 ターゲットマスターツインツイスト」をご紹介!



商品名 LG65 ターゲットマスターツインツイスト
シリーズ名 トランスフォーマーレジェンズ
クラス デラックスクラス
メーカー タカラトミー
発売時期 2018年3月24日
価格 ¥4,000(税抜)

ということで、レジェンズ版「ツインツイスト」です!そもそも「ツインツイスト」って誰…?という方も多いと思いますが、「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」放送時に「ジャンプスターター」として海外でのみ発売された玩具オリジナルのキャラとなります。さらに元々はタカラからダイアクロンの「爆転アタックロボ」として発売されたもので、ゼンマイ仕掛けでビークルモードからロボットモードに一発変形をする(しかも変形後ちゃんと着地する)という玩具でした。管理人も子供の頃、爆転アタックロボのほうを行きつけの床屋さんで行く度に遊んでいたことを鮮明に覚えています。そんなだいぶマイナーなキャラですが、ジェネレーションズ「タイタンズリターン」シリーズでリメイクされ、日本ではレジェンズシリーズとして発売されることとなりました。レジェンズ版ではカラーリングが変更となり、さらにターゲットマスター「スポイル」が付属します。それではいってみましょー。


パッケージ。イラストはキャラは地味ながらターゲットマスター推しな感じでカッコイイ。


ロボットモード。ロボット自体のデザインは箱型で非常にオーソドックスなのですが、またそこがいい!そして、写真ではイマイチ伝わりにくいと思うのですが、デラックスクラスでこのボリューム感は驚き!ドマイナーなキャラなのに、力の入り方が他のタイタンズリターンのデラックスクラスとはちょっと違う感じもします。


背面。他のトランスフォーマーでよくある手足に肉抜きがパッと見殆ど見当たらず、本来ならば開きっぱなしのようなところもプレートで塞がれています。これが今回ボリューム感を感じる大きな理由でもあり、驚きを感じるところでもあります。

前面&背面。肉抜きが無いかと言えばそうではなく、例えば足のサイドの吸気口が実は肉抜きの役割を果たしていたり、ボディの作りなどは実はがっつりスペースが空いているけど、そう感じさせないようになっていたり工夫を感じます。

側面。


バストアップ。表情は凛々しい感じですが、これと言った特徴もなく結構モブ感漂うデザイン。胸部もシンプル目のデザインですが、全体的に箱っぽい感じなのでこれはこれで合っています。

ヘッドマスター。海外版では「フレームアウト」という名前でしたが、レジェンズ版は本人なので「ツインツイスト」。猫耳っぽい感じがかわいい。ヘッドマスターモードでもデザインはシンプルな感じ。

頭部モード。


続いて武器。ターゲットマスター「スポイル」。「スポイル」は「ザ☆ヘッドマスターズ」に登場した「サーショット」のパートナー。何故ツインツイストが持っているかというのは置いておいて、これまで紹介したターゲットマスター同様、しっかり作り込まれており、砲身部分はクリアレッドにメタリックで塗装されていたり、他の部分も細かく塗り分けされています。


「スポイル」ロボットモード。以前紹介した「LG62 ターゲットマスターウインドブレード」に付属していた「ポインテック」と作りは同じですが、関節系のパーツ以外は新規で作られています。


背面。


ビークルモード。ドリル付きのタンクに変形。ドリルカッコイイ!配色はかつての「ジャンプスターター」を彷彿とさせるようになっています。驚くのは変形で、デラックスクラスながら拳と二の腕部分が前腕のパーツの中にまるっと収納されたり(「MP-39 サンストリーカー」の変形方法を彷彿とさせます)、ボディパーツを上下に回転させて大胆なパーツ移動をするなど気持ちのいい変形工程が多い印象。オリジナルの変形は一発変形でしたが、当時のパーツ移動を彷彿とさせるような感じも面白いです。


背面。後部のスラスターもかっこよく作られています。上部に謎の穴がありますが、これはタイタンズリターン版の武器を取り付ける箇所でレジェンズ版では使用しません。

前面&背面。ドリル部分は残念ながら回転しません。

側面。


底面。車輪が4つ付いており、転がし走行が可能です。


コックピット部分はキャノピーが開き、中にヘッドマスターを搭乗させることができます。ちなみに今回ビークルモードの表面にヘッドマスターを立たせるピンはありません。なきゃないで問題はないんだけど、統一してほしかった感もあり。


サイドの5mm穴にターゲットマスターを取り付け可能。キャタピラ部分のほうにも取り付けられます。


同じジャンプスターターで同時に発売された「LG66 ターゲットマスタートップスピン」と。ツインツイストと兄弟という設定になっています。この2体はパーシャルになっており、大部分が同じパーツですが配色が逆なことと、肩のパーツのシルエットが大きく異なるので結構違って見えますね。トップスピンのレビューはまたいずれ…


ビークルモード。タンクと飛行機ということで上手く作り分けられていて、こちらも大分印象が違って見えます。


LG45 ターゲットマスター ホットロディマス」と。ツインツイストのほうが四肢がどっしりしており、ロディマスとくらべて全体的にボリューム感があるのが分かると思います。


可動もなかなか優秀。膝がそれほど深く曲げられないくらいで、腰も回るし、腕周りは大きく動くし、肘も大きく曲げられます。以下、写真続きまーす。


ターゲットマスターはとっても良いんだけど、海外版の武器は旧玩具の形状を再現していて、また2つを組み合わせて遊ぶことができるのでそれも欲しかったなあ。


お尻にフィギュアスタンド用の穴があるのでそれを使って。


レジェンズの付属コミックもほぼ終わりとなり、個人的には寂しい限り。ジャンプスターターの設定は結構驚きだけど、まとめ方としてはとても面白いです。付属コミックに続く前日譚が公式サイトにアップされています


以上、「トランスフォーマーレジェンズ」から「LG65 ターゲットマスターツインツイスト」でしたー。こんなキャラまでリメイクされる事自体まず驚きなのですが、さらにこんなにしっかり作り込まれたことがさらにお驚き!ロボットモード、ビークルモードともまとまりがよく、さらには可動もとてもよくポーズも決まりやすい。さらに特筆すべきはその変形方法。全体を大きく移動させる方法もそうですが、極力肉抜きを隠す&活かすような作りになっており、開発者の執念のようなものも感じます。唯一残念なのは海外版の武器が付属しないこと。後期のタイタンズリターンは本体にあわせてちゃんと武器が作り込まれているので、それがないのは寂しい。ということで、キャラはマイナーで地味ではありますが、玩具としてはここ最近のデラックスクラスでは群を抜いた作りになっています。実店舗でもまだ良く見かけるし、ネットでもお求めやすい感じなので(2018/5/19現在)、気になる方は是非手にとって欲しいです!トップスピンもほぼ同じ作りなのでお好きな方で!オススメ!

Amazonフィギュア・ドールのランキング

Amazonロボット・ソフビ人形のランキング


お気に入りブログ更新NEWS

シェアする

フォローする

『レビュー:TFレジェンズ LG65 ターゲットマスターツインツイスト』へのコメント

  1. 名前:ねぶたで酢豚 投稿日:2018/05/20(日) 00:48:53 ID:6dc795901

    レビューお疲れ様です。
    俺も昔遊んだ記憶があって最初に見た時に懐かしい~と思ってました。
    とりあえず兄弟機で変形は似てる様なのでどちらか購入しようとネットで情報を調べポチったのですが、ドリルは男のロマンでこちらを購入、ビークルモードは昔の印象そのままですがロボットモードへの変形が面白い良い商品でした。問題点があるとすればレビューでおっしゃっていた海外版の武器が付属しない所とドリルの回転が無い所、後はヘッドマスター(顔)が地味な所くらいですね(笑)

    0
  2. 名前:初TFはサンダークラッカー 投稿日:2018/05/20(日) 10:29:15 ID:a5a4fc7cd

    レビューありがとうございます。
    私は1年ぐらい前に海外版を手に入れ、その完成度に驚き、結局レジェンズ版も買いました。
    ヘッドマスターズの主要キャラよりも力が入ってるんじゃないか!?って気さえします。

    店頭販売におけるレジェンズシリーズも最後なのかぁ…と思うと感慨深いです。
    今後はPOTPシリーズで、オボミナスやプレダキングを楽しみに待ちます。

    0
  3. 名前:匿名 投稿日:2018/05/20(日) 13:46:08 ID:cfae86032

    尼でトップスピンのがビミョウに高いのは顔のせいなのか?TFでもオヤジ顔よりゴーグルのイケメン風なのが良いのか…

    レジェンズに関してはいままで続いてくれたことに感謝すべきでしょうかね。

    0