トランスフォーマーニュース

マスターピースレビュー

実写映画関連レビュー

POTP関連レビュー

イベントレポート

レビュー:TF最後の騎士王 TLK-29 コグマン


今日は「トランスフォーマー/最後の騎士王」シリーズから「TLK-29 コグマン」をご紹介!



商品名 TLK-29 コグマン
シリーズ名 トランスフォーマー/最後の騎士王
クラス デラックスクラス
メーカー タカラトミー
発売時期 2017年12月28日
価格 ¥2,800(税抜)

というわけで「トランスフォーマー/最後の騎士王」からデラックスクラス「コグマン」です!「コグマン」は「トランスフォーマー/最後の騎士王」に登場したバートン卿に仕えるトランスフォーマーとなり、ヘッドマスターという設定になっています。残念ながら劇中ではヘッドマスターとしての活躍はありませんでしたが、今回玩具ではジェネレーションズタイタンズリターンでおなじみのヘッドオンギミック付きで玩具化です!海外ではプレミアシリーズとして発売されたもので、当初このコグマンはシリーズナンバーからも分かるように「TLK-30 ドラゴンストーム」と同じく10月に発売される予定でした。それが何故か理由は不明ですが2ヶ月延び、ようやく2017年の暮に発売となりました!それではいってみましょー。


パッケージ。今回付属品としてケイドの剣が付属するのですが、パッケージではさも自分の武器のように構えるコグマンが面白い。シール部分にはアストンマーチンの公式ライセンスであるという表記があります。


ロボットモード。劇中のコグマンは人間より若干小さいくらいのサイズですが、玩具オリジナルとしてビークルモード(アストンマーティン・DB11)に変形します。なので、見た目は通常のトランスフォーマーと同じようにビークルの各部をまとうような感じに。また、各部に汚し塗装が施されていますが、これはかなり個体差が激しいようです。


背面。平面は一気にビークル感強めな感じ。

前面&背面。

側面。足が前に出ており、かかとが少ないので直立にすると少し後ろに倒れやすいです。


バストアップ。頭部はかなり劇中に忠実に再現されています。また、胸部〜腹部もかなり細かく作り込まれているのもスゴイ。汚し塗装はシルバーのパーツに黒い墨入れのような感じになっていて悪くないですが、結構適当な感じなので気になる人は気になるかも…

頭部はヘッドマスターになっており、こちらもしっかりコグマンのデザインを踏襲しています。ちゃんと塗装してあげたくなる…

頭部モード。


首がこれみよがしに外れる「TLK-25 ディセプティコンニトロ」に取り付けてみる。色味的にもなかなかいい感じですが、残念ながら接続部はかなり緩め。


武器は剣が1本付属。劇中でケイドが使った剣と思われます。ロボットモードでは持たせる以外にいい感じで取り付けるところはなさそう…?


ビークルモード。「アストンマーティン・DB11」に変形。イギリス製の高級車で、劇中でもコグマンが運転していた車となります。ウインドウ部分がクリアになっており、中にしっかり運転席が再現されているのがポイント。フロントライトがクリアパーツだったり、ホイールも塗装されているのもいいですね。ちなみにルーフ部分は黒く塗装されていますが、映画の中では車全体がシルバーなので玩具オリジナルのカラーリングになります。


背面。後部ウインドウもしっかりクリア。またサイドミラーもちゃんと出っ張って再現されており、このあたりはアストンマーチンの監修が厳しかったのかもしれません。

前面&背面。

側面。


底面。剣を取り付けることができます。


ウインドウ部分をあけてヘッドマスターを並べて2体座らせることができます。


「TLK-26 スピードチェンジ コグマン」と比較。スピードチェンジ版はかなり金色成分強めであまり似てない…


ビークルモードでも。スピードチェンジではビークルモードがオリジナルのものになっているのでかなり形状が異なります。


ロンドン組の「TLK-20 オートボットホットロッド」と「TLK-22 ニューバンブルビー」と。コグマンは頭部がヘッドマスターなので等身が低め。ヘッドオンして戦う姿が見たかったなあ…


ビークルモードでも。


可動は腰が回らないくらいで悪くはないのですが、膝関節が硬かったり、足の形状的に接地があまりよくなく、意外と劇中のようなアクティブなポーズは取りにくい感じ。以下写真続きまーす。


執事っぽいポーズを…と思ったけどなかなか難しい…


お尻にフィギュアスタンド用の穴がるのでそれを使って。


ビークルモードでも。バートン卿のヘッドマスターが欲しくなる…!


以上、「トランスフォーマー/最後の騎士王」シリーズから「TLK-29 コグマン」でしたー!非常にオーソドックスな作りではありますが、実写シリーズでヘッドマスターギミックがあったり、ビークルモードで座席が2つ再現されていたりと、ここ最近の実写トイとは趣が違う楽しさがあります。また、そもそもの劇中では変形はしませんが、こうして変形しないキャラもしっかり劇中に登場した車に変形する形で玩具化してくれるのは嬉しいですね。あとは劇中のはっちゃけた感じを可動で再現できたら嬉しかったかな。「最後の騎士王」のプレミアシリーズとして発売されるものとしてはおそらく最後の玩具となるのが寂しい感じではありますが、コグマンの劇中の活躍を考えれば最後を飾るには相応しいトイなのではないかと思います。「最後の騎士王」のBDを見ながら遊ぶと楽しさ倍増ですので、コグマン好きは是非!

Amazonフィギュア・ドールのランキング

Amazonロボット・ソフビ人形のランキング


お気に入りブログ更新NEWS

シェアする

フォローする

『レビュー:TF最後の騎士王 TLK-29 コグマン』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/01/11(木) 22:32:40 ID:448b63745

    フロント部分の隙間、結構でかいですけど仕様なんでしょうかこれは…
    私のものはフロント左ピンがかなり硬くて削らないと入りませんでした

    0
  2. 名前:ねぶたで酢豚 投稿日:2018/01/11(木) 23:47:39 ID:81e99897c

    店頭で商品を見比べた上で購入しましたが胸の汚し塗装は綺麗に塗られてましたが
    股間と両膝の塗り方がかなり適当でしたね
    頭部もせっかくヘッドマスターになるのに
    ロボットモードがちゃんと塗られてなくてガッカリ、適当な汚し塗装する位ならヘッドマスターの方をレジェンズ並みに塗る方向に力を入れれば良いのに。
    ヘッドマスターなのにロボットモードに
    ならないニトロの謎仕様よりはマシですが(笑)

    0
  3. 名前:ななし 投稿日:2018/01/12(金) 08:08:07 ID:ac9f5d05e

    レビューお疲れ様です。
    気になってたんですけど、ソードは軟質パーツなんでしょうか?

    ※2 ニトロくんはそもそもヘッドマスターって記載ありましたっけ?
    次回作でスタスクがヘッドオンしちゃうの期待してますけど笑

    0
  4. 名前:さすりゅ~ 投稿日:2018/01/12(金) 11:14:52 ID:cfe720e08

    ※3
    ソードはスティールベインと違って硬質プラなのでご安心を

    胸のプレート部分の変形に少しコツが要り、且つ薄手のプラなので手順を間違えると容赦なく白化するのが気になりましたね。内部のコグ(歯車)のモールドとか芸が細かくて好きなのですが
    フロント部分のピンも個体差ですんなり嵌る個体と無加工で嵌めると白化するくらい固い個体があるようです

    コグマンと並べられるバートン卿のフィギュアは欲しかったですね
    ロボットモードだと他社のアンソニー・ホプキンスのフィギュアと並べたら丁度いいかな?
    ビークルモードでは隣に中の人(吹き替え声優)ネタでトリガーハーピーとかシックスショットのHMを乗せてます

    いずれパーシャルでガワだけマクラーレンにしたのとか出ないかなぁ…

    0
  5. 名前:匿名 投稿日:2018/01/13(土) 23:45:19 ID:6bd83d3a1

    レビューお疲れさまです。

    コグマン予想に反してとてもいいデキですね!

    ただ、なにやら首の接続部がプラプラするんですけど、これって仕様なのかな^^;

    管理人さんの個体はどうですか?あまりヘッドマスターに馴染みがないもので…

    0