トランスフォーマーニュース

マスターピースレビュー

実写映画関連レビュー

レジェンズ関連レビュー

イベントレポート

レビュー:TFレジェンズ LG49 トリガーハーピー


今日は「トランスフォーマーレジェンズ」から「LG49 ターゲットマスター トリガーハーピー」をご紹介!



商品名 LG49 ターゲットマスター トリガーハーピー
シリーズ名 トランスフォーマーレジェンズ
クラス デラックスクラス
メーカー タカラトミー
発売時期 2017年10月28日
価格 ¥4,000(税抜)

ということで、レジェンズ版「トリガーハーピー」です!海外ではジェネレーションズタイタンズリターンシリーズとして発売されたもので、日本版は完全新規のターゲットマスター「ブロウパイプ」が付属し、本来のアニメでの姿を再現できる物となっています。「トリガーハーピー」は日本では「ザ☆ヘッドマスターズ」、海外では「ザ・リバース」で登場したキャラクターとなり、どちらもターゲットマスター戦士として活躍しました。それではいってみましょー。


パッケージ。「LG45 ターゲットマスター ホットロディマス」、「LG46 ターゲットマスター チャー」と同様、ヘッドマスターとターゲットマスターが目立つような感じで収納されています。


ロボットモード。ブルー系でまとめられた姿がかっこいい!スタイルもよく、G1アニメの雰囲気を残しつつも、今風にアレンジされています。肩のゴールド部分がいいアクセント。海外版ではターゲットマスターは付属しなかったので、これでようやく本来の姿になれたことになります!


背面。背面も機首部分が配置されていますが、それほどボリュームもなくすっきりした感じにまとまっています。腕周りのゴツさがいいですね。

前面&背面。

左面&右面。


バストアップ。顔はマスク顔でカッコイイ!ただ、目が暗いのが少し残念。胸部にはビークルモード時にターゲットマスターを取り付ける穴がありますが、これは海外版ではなく日本版のみの穴となります。本体としてのリデコはここだけかな?

ヘッドマスター。アニメではトリガーハーピーはもちろんヘッドマスターではないので、玩具オリジナルギミック。海外では「ブロウパイプ」の名前が付けられていますが、レジェンズ版では本人となります。しかも顔は塗装によってG1トイ風になっているのがいいですね。

頭部モード。前述の通り、目が暗めなのが惜しい。


続いてターゲットマスター「ブロウパイプ」。ターゲットマスターの足を変形した部分は旧玩具ともアニメの劇中ともちょっと違う感じで少し気になるかな?砲身部分はクリアパーツになっています。ちなみに海外版ではターゲットマスターは付属せず、2丁が合体する銃が付属します。


「ブロウパイプ」ロボットモード。非常に細かく塗り分けされており、きつく結んだ口元もカッコイイ。


背面。クリアパーツのシルバーの塗装もとても細かく塗り分けされています。


LG45 ターゲットマスター ホットロディマス」、「LG46 ターゲットマスター チャー」付属のターゲットマスターたちと。ロディマスとチャーのものは共通パーツがあり、変形パターンも同じだったので、その後出るものも統一かと思いきや全く別でした。ロボットモードでの大きな違いとしては、ロディマス&チャーのものは首と腰パーツが連動していましたが、今回のブロウパイプは首が独立して可動します。今後発売される「ミスファイヤー」と「スラッグスリンガー」付属のターゲットマスターとは共通部分が多いようです。


もう一つ、腕の銃を武器のように見立てることができます。付属のコミックではこの使い方をしていました。


ビークルモード。ジェット機に変形。G1時のビークルモードがアレンジされ、よりシャープな感じに。シューティングゲームに登場しそうなフォルムで、色もブルー系でまとまっているのでとてもかっこいい!ターゲットマスターを上部に取り付けることができます。


背面。金色のスラスターがいいですね。

ターゲットマスターを外して。

前面&背面。機首部分のランディングギアは収納可能。

側面。


コックピット部分にはヘッドマスターが搭乗可能。背中に配置されている機首部分と、ボディ部分とが合わさることで、コックピット部分が広く見えてカッコイイ。


可動は良好。変形の関係で膝も深く曲げられるし、腰も回ります。以下写真続きまーす。


膝立ちも可能。


なんとかアニメみたいに手から直接ターゲットマスターが生えてるようにしたかったけど、なかなか難しかった…


お尻にフィギュアスタンド用の穴があるので、それを使って。


「ブロウパイプ」と。「ザ☆ヘッドマスターズ」では「スラッグスリンガー」がリーダーでトリガーハーピーは影が薄かったけど、「ザ・リバース」ではそこそこ目立ってて、日本版ろ海外版のその差が面白かったり。


ビークルモードの上部にはヘッドマスター用のピンがあって立たせることができます。


ビークルモード用にもフィギュアスタンド用の穴が用意されています。


以上、「トランスフォーマーレジェンズ」から「LG49 ターゲットマスター トリガーハーピー」でしたー!ロボットモード、ビークルモードともカッチリまとまっており、変形もヘッドマスターギミックの制約があるなかでこれまでにない大胆なパーツ移動になっているのが面白いです。可動範囲も広く、総合的にとても良い出来になっています!日本版で新たに追加されたターゲットマスター「ブロウパイプ」もとても丁寧に作られており、武器モードがG1時とちょっと違うのは残念だけど、これだけでも満足度が高いです!今後「ミスファイヤー」と「スラッグスリンガー」が出ることでデストロンターゲットマスターが勢揃いするので今から並べるのが楽しみ!こうなるとやっぱりサイバトロン側も欲しくなる!(ターゲットマスターだけは出てしまうけど…)キャラとしては少々マイナーですが、遊びやすくなによりカッコイイのでキャラを知らなくても是非手にとって欲しいです!


シェアする

フォローする

『レビュー:TFレジェンズ LG49 トリガーハーピー』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/11/15(水) 00:40:34 ID:21c8d9acf

    地味にアニメ同様の「手に合体する」タイプのターゲットマスターってほとんどないんですよね…
    そろそろこないかな?

  2. 名前:匿名 投稿日:2017/11/15(水) 01:47:02 ID:0d8dddeef

    クイックスリンガーではなくスラッグスリンガー?

  3. 名前:超偏見超変形 投稿日:2017/11/15(水) 01:50:36 ID:2269c4415

    >>2
    ご指摘ありがとうございます!修正させていただきました。
    すっかり間違えていました…お恥ずかしい!

  4. 名前:匿名 投稿日:2017/11/15(水) 12:55:38 ID:9d9154389

    金色の眼だと思ってたところがクマドリだった。
    (すごく悲しい顔してるなぁと思ってました)確かに眼の色が暗い!

  5. 名前:さすりゅ~ 投稿日:2017/11/15(水) 13:36:09 ID:c2e43cacf

    ヘケヘケサイクロナスのようにビークルモードで手首が仕舞えるので
    両手首パーツを新造して手首とターゲットマスター両方に専用のジョイントがあれば
    匿名(※1)さんの言うような手に合体するターゲットマスターになれたかもしれませんね
    やはりターゲットマスターとして発売する商品全てに同じ改修をしなければならなくなる以上難しかったのでしょうか

    慣れない内はグリップが固くターゲットマスターを深く持たせにくいので暫く不良品かと疑ったものです
    本体の手首もターゲットマスターのグリップ部分も後に控えたTMジェットロン2体と共通パーツなのでここだけが不安…

  6. 名前:匿名 投稿日:2017/11/15(水) 19:03:52 ID:2b854a5f6

    ふと思ったんだけれど、ヘッドマスターのボディ部分をクリアパーツにすれば、集光ギミックに使えないかしら?

  7. 名前:匿名 投稿日:2017/11/19(日) 20:17:41 ID:940f91336

    脇の変形もう一段パチッとはまりますよ

  8. 名前:超偏見超変形 投稿日:2017/11/20(月) 23:23:57 ID:bfdc1b1e3

    >>7
    ホントだ…固くて気づきませんでした…
    ありがとうございます!!