レビュー:TFレジェンズ LG21 ハードヘッド

316_000
今日は「トランスフォーマーレジェンズ」から「LG21 ハードヘッド」をご紹介!



商品名 LG21 ハードヘッド
シリーズ名 トランスフォーマーレジェンズ
クラス デラックスクラス
メーカー タカラトミー
発売時期 2016年7月24日
価格 ¥4,000(税抜)

ということで、レジェンズ版「ハードヘッド」です!海外ではジェネレーションズタイタンズリターンシリーズとして発売されたものとなりますが、今回海外との発売時期はほとんど変わらず。さらに今回日本オリジナルの要素として頭部造形とカラーリングはアニメ準拠のものになり、さらに海外ではタイタンマスタークラスに付属するミニビークルが「パートナードローン」として付属するという豪華仕様となっています!さらにはこのハードヘッドを皮切りに、「トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ」に登場した面々が続々発売されるということで話題性も高いものとなっています。それではいってみましょー!

316_001

316_002
パッケージ。横長のパッケージで、ビークルモードで収納。さらにヘッドマスターが小窓から見えるようになっているのがいいですね。イラストは海外版の頭が分離しているものは使用せず、描き下ろしのイラストになっています。

316_003
ロボットモード。まさかこんなハードヘッドが手に入るようになるとは…!見た目としてはアニメのイメージが非常に強く、頭部も今回のレジェンズ版はアニメ内のデザインにあわせて新規に作成されて物になり、カラーリングもアニメの設定に準じたものになっているようです。

316_004
背面。右肩のキャノン砲と、左側のキャノピーのアシンメトリーな感じがいいですね。

316_005 316_006 316_007

3面。デラックスクラスながらに各部のディテールも非常に細かく作りこまれています。

316_008
バストアップ。顔はアニメ準拠で凛々しめの表情。残念ながら、トランステクター側にパワーメーターギミックはありません。

316_010 316_011

ヘッドマスターロボットモード。レジェンズシリーズでは特に名前は設定されておらず、この頭部自体が「ハードヘッド」となるようです(ちなみにG1時の名前は「ロス」)。小さいながら頭部が細かく塗装されています。可動は見たとおりですが、腕を少し外側に開いてポーズをつけることができます。

316_012 316_013

頭部モード。海外版は残念ながら非所持なのですが、海外版は旧玩具イメージとなっているので、それはそれで欲しくなっちゃうんだよな…

316_015
続いて武器。まずは肩のキャノン砲「ハードキャノン」。左右に振ったり、背中側に配置することも可能です。

316_016
キャノン砲は取り外して手に持たせることもできます。

316_014
手持ちタイプの銃。どことなく旧玩具と似たようなデザインになっています。

316_017
つづいてパートナードローン「タンケッテ」。まずはタンクモード。付属のコミックでは女性として描かれています。「タンケッテ」は「豆戦車(豆タンク)」のことなので、そのままの名前な感じ。海外ではタイタンマスタークラスとして、タイタンマスターとセットで発売されている商品となります。

316_018 316_019

ヘッドマスターを外して。砲台部分の後方からヘッドマスターを挿入し固定できます。

316_020
つづいてジェット機モード。こちらでもヘッドマスターが搭乗可能。海外版では飛行モードで搭乗する形ではなく、タイタンマスターがビークルの一部になるような形でしたが、レジェンズ版では特にその記載はありません。

316_021 316_022

こちらもヘッドマスターを外して。

316_023
武器モード。この小ささでトリプルチェンジャーなのはすごい。

316_024
武器モードでもヘッドマスターを搭乗させることが可能。コミックではクロームドームが乗って戦っていました(写真は海外版の「ラウドマウス」。)

316_040
タイタンズリターンではすでに2個このタンケッテ型が出ています。左が「テリブル」で、右が「スカイスレッド」。

316_041
ジェット機モード。タイタンズリターンでは、ヘッドマスター(タイタンマスター)をこの形で取り付けるようになっています。

316_027
つづいてビークルモード。高速戦車に変形。クリアーオレンジのキャノピーがいい感じ。ビークルモードではより細かいディテールが際立つように思えます。

316_028
背面、キャタピラー部分のサイドがシルバーで塗装されているのが細かくていいですね。

316_025 316_026

武器を外して。

316_029
キャノピーを開いて、ヘッドマスターを搭乗させることが可能。もちろん、乗ったままキャノピーは閉めることができます。

316_030
また、「ハードキャノン」部分の後部が開くようになっており、そこにもヘッドマスターを乗せることができます。

316_031
タイタンズリターンシリーズの特徴として、各部に突起が付いており、そこにヘッドマスターを立たせることができます。

316_032
可動は非常に優秀。特に腕周りは変形のおかげでかなり自由に動いてくれます。頭部も微妙な確度をつけることができるのもよい。以下写真続きまーす。

316_033

316_034
ハードキャノンのも自由に角度をつけられるのがいいですね。

316_037
フィギュアスタンド用の穴がおしり部分にあるので、それを使って。

316_035
タンケッテと。

316_036

316_039
ビークルモードでも。

316_038
以上、「トランスフォーマーレジェンズ」から「LG21 ハードヘッド」でしたー!まず、こうしてヘッドマスターたちがちゃんと商品化されるのが嬉しい!これまでのトランスフォーマーのラインナップはわざと全部揃わないような形にしているんじゃ!?と思えるほど、シリーズの主要メンバーが揃わないことが多かったのですが、今回は逆に心配になるほど全員ちゃんと揃う!しかも今回「ハードヘッド」がその第1弾に選ばれたわけですが、ロボットモード、ビークルモードともかっこよく、変形も小気味のよい感じで好感が持てます。さらに海外版ではタイタンマスタークラスとして単体で発売されていたパートナードローンが付属し、ヘッドマスターと組み合わせて遊ぶのがとても楽しく、デラックスクラスとしてはかなりプレイバリューが高い必然的にほかのメンバーたちへの期待が高まります!オススメ!

レビュー:TFレジェンズ LG21 ハードヘッド」への6件のフィードバック

  1. 留守番する単眼

    ハードヘッドとスカルを発売日にトイザらスに探しに行って、4件回っても無く、結局密林で買った、ナニヤッテンダザラス…
    やっぱり武器が沢山付属してると遊びごたえがあってイイですね、うちのハードヘッドはヘッドマスターの首のボールジョイントがゆるく、ヘッドオンしても首がグラグラして落ち着かないのが唯一の残念ポイントですね
    PSタンケッテのあたりから画像を結構間違えてますよ、しっかり寝ましょう(お人好し)

  2. さすりゅ~

    自分も概ね留守番する単眼さんと同じ事を発売日にしました
    ただし徒歩圏内のザらスが1件(それでも最寄り駅から2駅)しかないので店員に問い合わせて貰った所
    県内のどのトイザらスにも仕入れておらず、今後仕入れる予定もない。勿論来月以降も
    との事でした。もう二度とトイザらス行かねぇクソが

  3. ヘビペンギン

    レビューお疲れ様です!
    ハードヘッド、発売直後はかなり値上げされてましたが、今は少し落ち着いたみたいですね。
    私は一番高いときに「だったらいっそのこと」と海外版を買ってしまったので後悔しきりです(笑
    国内版は本体と同じ色のドローンがついてくるのがとてもいいですね。世界観が広がる気がします。

  4. ジンジャー

    自分も購入しましたがなかなかの良品。
    首のBJがもげそう……と初めは思っていましたが、結構丈夫なようで今のところ心配は無さそう。
    同時発売のスカルやガルバトロンと付け替えて遊ぶのが意外に楽しい。
    ブラーやスカージも楽しみですが、品質はもうちょいなんとかして欲しい

  5. >留守する単眼さん
    うちのスカルもヘッドオンしたとき首がカクカクしてました、受け側とうまくあっていなかったみたいです。ですが、ヘッドマスターの首を180度逆にしてヘッドオンすれば驚くほど安定しました♪改造も不要なので一度試してみてはいかがでしょうか?

  6. 細切れさん

    やっぱり全国的にそんな感じですか
    私はトイザラスはトイザラスでもオンラインのトイザラスで購入しました(ガルバトロンも)
    それはさておき気のせいかもしれませんがデラックスクラスにしては若干大きいような気がします
    アドベンチャー系に慣れた影響でしょうかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。