レビュー:マスターピース MP-24 スターセイバー

273_000
今日はマスターピースから「MP-24 スターセイバー」をご紹介!!LET’S SAY GO!



商品名 MP-24 スターセイバー
シリーズ名 マスターピース
クラス
メーカー タカラトミー
発売時期 2015年3月21日
価格 ¥18,000(税抜)

ということで、マスターピース版「スターセイバー」です!このスターセイバーはトランスフォーマー30周年を記念して行われたファン投票「マスターピースファンズチョイス」で歴代司令官の中から見事1位を獲得し製品化されたもので、これまで展開されてきた初代アニメ「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」~「2010」という枠を飛び越えた新たな試みのマスターピースとなります。この「スターセイバー」は日本国内では5番目となる作品「トランスフォーマーV(ビクトリー)」に登場した司令官で、それまでのトラックに変形するいわゆる「コンボイ」型の司令官からガラリとイメージを変えて、ジェット機に変形する正義感あふれるヒーローとして描かれました。その後の「勇者シリーズ」の礎ともなる日本初の新しい司令官の登場に当時のちびっ子は大いにこの「スターセイバー」に湧きました(当時、管理人は若干トランスフォーマーを卒業しつつありました…)。それを表すかのように「マスターピースファンズチョイス」での得票率は31.2%と全体の1/3を占める票を獲得しており、非常に多くの人が待ち望んでいたマスターピース化であることがわかります(2位は「マイクロン伝説」版コンボイ)。

今回玩具を担当したのは、これまで「ライオコンボイ」や「ビッグコンボイ」、最近ではジェネレーションズシリーズの「メトロプレックス」や「トランスフォーマーGo!」の参乗合体を手がけた幸日佐志氏。 当初は「MP-10 コンボイ」から新生マスターピースを手がけた蓮井氏が担当する予定だったようですが、他の開発で手一杯だったため、「スターセイバー」に思い入れの強い幸氏が立候補する形で決まったそうです。そういう意味でもこれまでのマスターピースとはちょっと違ったアプローチがこのスターセイバーでは見えてくるのではないでしょうか!?それではいってみましょー!

 
【パッケージ&内容物】

273_001

273_002
まずはパッケージ。パッケージの大きさは「MP-22 ウルトラマグナス」と同じで思っていたよりもコンパクト。パッケージの構成はこれまでのマスターピースと変わらず、ですがパッケージ裏の説明文のノリはいつもと違ってなんだか軽快。

273_003
若干写真が見にくいですが、箱の中はこんな感じでビークルモードでの収納となっています。付属品も多くてワクワクする!

273_004
紙ものもいつも通りで、取扱説明書とキャラクターカードといつものアンケート。取扱説明書のイラストはウルトラマグナス同様、新たに描き起こされたものとなっています。また写真にはありませんが、取扱説明書の裏面には「MPスターセイバーの誕生」として、今回の経緯とこれまでのスターセイバーの歴史などが書かれています。

 
【セイバー】

273_005
まずは「セイバー」から。大きさはボイジャークラス(MPでのカーロボット系程度)となっており、この「セイバー」だけでもしっかりボリュームがあります。スタイルも今風な感じになっており、色分けもしっかりされていて見栄えは十分。これだけでも十分に満足感のある玩具に仕上がっています。気になる点としては、腕の内側が変形の都合で空洞になってしまっていることくらい。ある意味旧玩具のオマージュとも言えなくもない…

273_006
背面。背中のビークル部分が正面から見たときに極力目立たないように作られており、後ろから見ても結構すっきりした感じになっています。ビークルのキャノピー部分が下にスライドできるのが効いてる感じ。

273_007 273_008 273_009

3面。プロポーションは問題ないのですが、足の形状から若干立たせにくいと感じることも。つま先部分がもっとしっかり固定されれば…とも思うけど、それはそれで変形がしにくそうな気もする…

273_010
バストアップ。頭部はバイザーがクリアパーツとなっており、表情も非常に凛々しく、スターセイバーの正義感あふれる感じがよく表現できていると思います。

273_011
そしてスターセイバーのギミックとして旧玩具から引き続き「ブレインセット」が搭載されています。胸部を開「ブレイン」をセットして…

273_012
再び胸部を閉じると、それに連動して顔が現れます。旧玩具ではブレイン自体が顔になっていましたが、今回のマスターピースではセイバー側に顔があり、ブレインが上に上がることでそれが現れるという形になっています。驚くべきは胴体から顔がせり出すにもかかわらず、顔を出した後は首がちゃんと左右に可動すること!

273_013 273_014

「勇気のブレイン」。非常に小さいにも関わらずかなり細かく塗装されているのがすごい!

273_015
小さいながらに手足も可動。ちゃんと関節がピン止めなのもいいですね。

273_016
続いてビークルモード。小型ジェット機に変形。今回は変形機構は省略しますが、変形自体はそれほど難しくはなく小気味の良い変形となっています。

273_017
背面。スラスター部分はダイキャスト製。

273_018 273_019

キャノピーは開閉することができ、コックピットにブレインを乗せることができます。

273_020
底面。ランディングギアは車輪がちゃんと独立しており、転がし走行が可能です。

 
【Vスター・大型ジェットモード】

273_021
続いて「Vスター」。セイバーが遠隔操作する戦闘ジェットとなり、アニメではよくセイバーがこのうえに乗ってたりもしました。大きさもありなかなか迫力があります!先端に伸びる2つの砲はダイキャスト製となっており、ポッキリ逝ったりしにくくなっています。1点このVスターで気になるところは、スターセイバーのヘルメットのアンテナ部分で、これが画像のように前に向けると勝手に内側に折り曲がってしまうこと。自分で回収するにも細いパーツだけに加減が難しそう…

273_022
背面。左右の大きなスラスターはダイキャスト製。

273_023 273_024

前方、後方ともランディングギアが収納されており、展開することで着陸モードになります。ただ本体が重めなので車輪が倒れ易く、転がし走行はなかなか難しい…

273_025
着陸モードで正面から。着陸モードにするとサイバトロンマークが大きく正面に2つ配置されるのがかっこいいですね。

273_026
後ろからも。

273_069
両脇のパネルを開くと中にはサイコミサイルが。

273_030
セイバーのロボットモードと。アニメではVスターに座って操縦しているような描写がありますが、残念ながら座らせることはできません。

273_027
ビークルモードでも。

273_029
そして、セイバーのビークルモードの翼をたたんで、Vスターと合体させると…

273_031
「大型ジェットモード」の完成!これまでのマスターピースにないボリューム感!セイバーが機首部分となることで、一つのビークルモードとして一気にバランスがよくなる感じ!旧玩具と同じギミックなわけですが、そう考えると旧玩具の完成度の高さというのが改めて実感できるような気もします。

273_032
背面。手持ちの銃を上部に取り付けることが可能です。

273_070
着陸モード。

 
【スターセイバー・ロボットモード】

273_071
続いていよいよスターセイバーのロボットモードですが、まず「Vスター」を変形させます。変形自体は非常に簡単で、かつほぼ全面整形色なのでガシガシ動かすことができるのはいいですね。

273_048
そして「セイバー」も変形。こちらも変形は非常にシンプル。

273_049
そして、Vスター側とセイバーを合体させます。

273_051
若干合体にはコツが必要で、特にはじめは大分固いかもしれません。これはセイバーの背中の翼部分を固定するジョイントが固いせいで、Vスター側をちょっと広げながらやるとはまりやすいかも(広げすぎには注意)。

273_050 273_052

ヘルメットを後ろから持ってきてかぶせます。かぶせた後は、後頭部から延びるアーム部分をはずして、アームを収納すれば出来上がり。

273_037
「スターセイバー」ロボットモード。こ、これはかっこいい…!スターセイバー自体がこれまでマスターピース化させてきた初代~「2010」のキャラとかなり趣が異なり、日本のアニメらしいヒロイックでスタイルなので、全く新しい玩具のシリーズのような印象。また、基本的に整形色がベースとなっていますが、パーツでの色分けで完璧に劇中のカラーリングを再現しています。

273_038
背面。背中もすっきり。ロボットモードだけでみると、本当にこれ変形するのか?っていうくらいアクションフィギュアとしてもよくできています。

273_039 273_040 273_041

3面。手足がどっしりとしており、安定感は十分。プロポーションも今風でバランスがいいです。

273_042
バストアップ。頭部も非常にかっこよく作られており、ちょっと睨みを効かせた感じもいいですね。アンテナもシャープでかっこいいけど、これは破損が怖いのと、角度は決まっていないのでたまに左右バラバラになったりする…けど、人それぞれのかっこいい角度はあると思うので、それをできるのはいいと思います。

273_043
胸部。胸部分のパーツがメッキになっており、よいアクセントとなっています。セイバーが合体したことで、胸のボリュームがかなり厚くなっており、非常にマッシブで力強い雰囲気が出てますね!

273_044
腕。両手で剣を持てるようにかなり広い可動域が設けられています。特に肩部分が手前に大きく可動できるようになっています。拳は指が可動するようになっていますが、指が独立して動くのは人差し指のみ。

273_072
腰回り。腰も浅くですが周り、手前側にも角度をつけられるようになっています。

273_045
背中。将来的にこの背中にきっと…

273_046
脚部。脛部分はすべて成型色で色分けされてるのがすごい。ふくらはぎの内側は変形による分割がありますが、うまくツライチになるようになっています。

273_047
下半身後ろ。後ろ側はかなりシンプルな感じ。

【武器】

273_053
続いて武器。まずは「セイバーブレード(大)」。セイバーの機首部分に別パーツのブレード部分と、グリップ部分を組み合わせます。ボリューム感は十分で、メッキ部分の面積も広いので非常に見栄えが良い!若干グリップ部分が貧弱で破損が怖い…

273_054
セイバーに持たせることもできます。この場合↑のグリップは外し、機首部分の中からグリップを取り出します。さすがにセイバーに持たせるにはでかい。

273_055
そんなセイバーの為に「セイバーブレード(小)」が付属。設定的にセイバーブレードの大きさは変幻自在に変わるようで、上の「大」と同じものになります。ちなみにセイバーの拳も開けるようになっています。

273_056
スターセイバーに持たせるとこんな感じ。

273_057
「セイバーブレード(大)」用のブレードを取り付けることも可能。

273_062
ブレード部分は背中にそれぞれ収納することが可能。

273_063
ビークルモードでも。劇中での変形シーンを再現することもできます。

273_059
続いて「セイバーレーザー」。グリップ部分はロボットモードとビークルモードで切り替えて取り付けます。

273_058
スターセイバーにもたせるとこんな感じ。スターセイバーに持たせるには小さいですが、劇中でもこのセイバーレーザーはほとんど使われたことがなく、今回のMPでは基本はセイバーの武器としての役割が大きいで。

273_061
セイバーの機首部分と、セイバーレーザーは背中に取り付けることが可能。けど、セイバーブレード(大)用のグリップと、セイバーブレード(小)のグリップ部分は余剰となってしまいます。

273_064
続いて「シールド」。大きさも十分で迫力があります。これも最終回でのみ使われたレア装備。

273_065
セイバーも持つことが可能。でかいな…

273_033
シールドのもう一つの役割として、ビークルモード時のディスプレイスタンドにすることができます。ディスプレイ用のブルークリアのパーツが付属しており、それをシールドのグリップ部分を取り外した部分に装着します。ちなみにブルークリアのパーツは初め2つにわかれていますが、一度組み合わせるとはめ殺しになっているので分離させることはできません。また、ロボ状態ではこのパーツは余剰となります。

273_034
組み合わせるとこんな感じに。

273_035
ジェットモードに取り付けるとこんな感じ。ジェットモードが飛行している感じで飾ることができます。こういう心遣いはとてもいいですね!

 
【比較】

273_066
初代司令官「MP-10 コンボイver.2.0」と比較。スターセイバーの大きさが際立ちます。

273_067
MP-22 ウルトラマグナス」と。大きさは同じくらいなのですが、プロポーションに大きな差があるのがわかります。

273_068
「MP-12 ランボル」とセイバー。若干ランボルのほうがボリュームある感じがしますが、だいたい同じ大きさになっており、この辺のサイズ感の統一は嬉しいですね。

  
【アクション】

273_084
「セイバー」の可動は決して悪くはないのですが、バランス取りがちょっとむずかしいかな。

273_085
機首部分を付けたままセイバーブレードを持つのはありえないと今気づく…以下、写真続きまーす。

273_086

273_081
Vスターの上にセイバーを乗せることが可能。ただ、特に固定などはできません。

273_082

273_083

273_074
つづいて「スターセイバー」の可動。思い通りのポーズを取らせる事ができます。各部関節がクリック関節になっているので、しっかり固定することもできます。

273_075
肩が引き出し式になっているので、こんなかんじで剣を両手持ちさせることが可能。かっこいいな!

273_076

273_073

273_080
ヘルメットを外して。劇中ではこの姿でいることが結構多かった気が。さすがにちょっとバランス悪いかな。

273_078
シールドと剣はやっぱり相性いいですね。騎士な雰囲気が漂います。

273_077

273_079

273_087
以上、「MP-24 スターセイバー」でしたー!予想以上にレビューに時間がかかってしまいすみませんでした…本当は発売した週末には!と意気込んでいたのですが、いざ写真を撮ってみると紹介すべきことが多く、またこれまでのマスターピースとは大分趣が異なる玩具となっており、どう紹介すべきか悩んでしまい1ヶ月近くかかってしまいました。兎にも角にも、非の打ち所なく作られた「スターセイバー」となっており、まさに30周年の記念として作られたマスターピースにふさわしい完璧な変形、可動、プロポーションになっています。プレイバリューも非常に高く、さらにそのプレイバリューに応えるべき極力塗装をなくした成型色メインのカラーリングとなっており、これまでのマスターピースと比較すると「おもちゃっぽさ」がより強い感じにはなっており、人によっては安っぽく感じてしまうかも。ただ、これは担当した幸氏の挑戦でもあるようで、これが受け入れられれば今後のマスターピースの展開にも広がりが出ると発言されています。また、旧玩具へのリスペクトがものすごく強い印象となっており、「リメイク」という言葉がしっくり来るように思います。30周年は去年でしたが、今年は日本で初代アニメが始まって30周年でもあり、それを祝う意味ではこれ以上のナシ仕上がりとなっており、ともかく「ビクトリー」や「スターセイバー」が好きな人は買って間違いありません。ここまで完璧に仕上げられると、やはり「ビクトリーセイバー」にしたくなってくるわけですが、「ビクトリーレオ」自体はまだ白紙の状態のよう。個人的にまずはジンライじゃね?とも思ってしまいますが、いつか「ビクトリーセイバー」にできるといいなあ…

レビュー:マスターピース MP-24 スターセイバー」への8件のフィードバック

  1. ジンジャー

    レビューお疲れ様です。
    自分も購入したのでMPシリーズに相応しい商品だというのは同意です。
    ただサイコミサイルのハッチの開閉が個人的にかなり癖があるうえ説明書には
    一切描かれてなかった為、もうちょっと何とかして欲しいと思いました。

    まだまだカーロボ路線が続くようですがそろそろデストロン側で新規が欲しいですね

  2. Nova

    おはようございます。
    待ってました!MP-24 スターセイバーのレビュー、1ヶ月も準備にかかってしまったんですね…本当にお疲れ様です。

    今回のこのスターセイバーは、おっしゃる通り成型色のみで極力塗装が抑えられているということですが、可動させて遊ぶ派にとっては嬉しいものなのかもしれませんね。
    可動性も今のトランスフォーマーを準拠にしているのもよく分かるぐらい動いてくれますね、特に上半身ですか。僕にとってはとても嬉しい仕上がりになっていて、まさに感動ものです。
    塗装も綺麗に仕上がってあって、特にブレインの塗装が素晴らしいと思います。あの3cm弱のものをよく塗れたな~と思います、あそこには衝撃(いい意味)を受けました。少し雑になっているように思えると他のレビューサイトで見させていただいたのですが、大きさを考えると充分すぎると思うんですよね。

    実際のところ僕も発売前に予約して、発売日に届いたのですが初日にタカラトミーの修理センターに発送することになってしまいました…。確認したところ付属品は不足してなかったのはいいのですが…
    1:セイバー本体の左腕うしろに当たる主翼の根本が大きく白化していた(反対側も少し白化していた)
    2:スターセイバーの右足のつま先のネジが取り付けられていなかった(立たせると少し開く)
    と、大きく2つ欠損している点があげられてしまいました。トランスフォーマーV放送当時はまだ生まれてなかったのですが、僕はとてもスターセイバーに思い入れがあって『スターセイバーが一番好き』というぐらいにまでなっていたので、受け取って商品の状態を確認し終わった時は溜め息が出てしまいました…。それでもスターセイバーの玩具自体に不満は無いということは言わせていただきたいです。

    最後に、スターセイバーの足の裏に使わないように思える合体ジョイントらしき造形が見てとれるそうです(というか合体ジョイントだと思います…)。これはまさかMPシリーズで彼が!?とも思いましたが、彼についてはまだ白紙状態とおっしゃってましたね…。それなら僕はジンライとゴッドボンバー辺りか、あの部下である三銃騎士のマスターピース化を望みますが、三銃騎士の方の課題はフェラーリが入っているのでライセンスを取得するのは絶望的だということですね…。ここも少し残念です。
    ジンライも課題としては、コンボイ司令官と同じトラックでビークルモードは同じ大きさにしなくてはならない(アニメ見てないのでよくわかりません…ごめんなさい)のでもっとめんどくさいかもしれないですね。そして追い討ちをかけるように、ゴッドボンバーを合体させたときにロボットモードでスターセイバーと同じ大きさにならなくてはならないというたくさん課題がありますね…。MP化したらしたで泣いて喜ぶかもしれません(笑)

    超激長文になってしまいました、すみません。しかし、スターセイバーを含めてトランスフォーマーがこれでもかっていうくらい大事に思えるようになったのは、超偏見超変形さんを含むたくさんのレビューサイトの方々のおかげなのです。まだまだ新製品ラッシュは続きそうですが、これからも日報&レビュー活動頑張ってください!

  3. マスタング

    トランスフォーマーVは大好きな作品の1つで、毎回動く作画や処刑OPにワクワクさせられ、最終決戦は何度も観てしまいます。なのでスターセイバーがようやく届いて凄く嬉しいです。

    しかし白化や塗装跳ねが多く、合体がきつくて何回もやりたくないのが残念です…。あとは説明書が分かりにくく、そこは考えてねって感じ。股関節の遊びが大きいのも気になる。
    シールドはウルトラマグナスに似合うので持たせてあげています。

    ジンライを出して欲しい人が多いようですが、いい加減デストロンが欲しいので個人的にデストロン大帝の投票でデスザラスを期待してます。

  4. すーぱーぺるる

    私も購入しました。初代とRM版も引っ張り出して大スター宮いちごならぬ大スターセイバーまつりをやってしまった。ビクトリーレオも楽しみ。

  5. ロディマス・C

    MPスターセイバーレビュー乙です!(内心レビューしないんじゃないのかとあせりましたよ^^;)
    私も予約して入手しましたが塗装禿げを気にせずガシガシ遊べるのはよいものです♪(剣両手持ちで勇者バ-スが出来る!スゲーーー!!)出来自体も大変良く「高級感ないとやだ!」とか「塗装してないと安っぽい!」という人以外は大変満足な一品ですね♫

    P.S. 唯一残念なのが肘の関節がゆるい所。ちなみに私のはシールドグリップがポッキリと逝ってました(´・ω・`)

  6. すーぱーぺるる

    >ロディマス・C さん
    >唯一残念なのが肘の関節がゆるい所。ちなみに私のはシールドグリップがポッキリと逝ってました(´・ω・`)

    残念です。修理は効くのかな?

  7. ロディマス・C

    >すーぱーぺるるさん
    >残念です。修理は効くのかな?

    シールドグリップは瞬間接着剤で直して済ましました(´▽`A)
    肘の関節がゆるいのは仕様だと思って諦めます・・・。
    それほど深刻なゆるさでもないので・・・あとは愛で補えばいい!ってとこです。

  8. すーぱーぺるる

    >肘の関節がゆるいのは仕様だと思って諦めます・・・。それほど深刻なゆるさでもないので・・・

    直しようがないから仕方ありませんね。

    いち早くビクトリーレオを出してほしいです。あと欧州版のサンダークラッシュとキングアトラスも(これはレジェンズかな。)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。