トランスフォーマーニュース

マスターピースレビュー

シージ関連レビュー

実写映画関連レビュー

イベントレポート

レビュー:スーパー・サイボーグ 東京コミコン2019限定 メガトロン(パープル版)

今日はスーパー7 スーパー・サイボーグシリーズから東京コミコン2019限定「メガトロン(パープル版)」をご紹介!



商品名メガトロン(パープル版)
シリーズ名スーパー・サイボーグ
クラス
メーカースーパー7(販売:ホットトイズジャパン)
発売時期2019年7月19日
価格¥9,000(税抜)

ということで、スーパー・サイボーグ版「メガトロン(パープル版)」です!発売しているのはアメリカの「スーパー7」という1970〜1980年代のレトロトイをリスペクトしたフィギュアやアパレルを手掛けるメーカーで、このスーパー・サイボーグは1970年代に日本で発売されていた中身が見えるソフビをイメージした非変形のフィギュアシリーズです。日本ではホットトイズジャパンがパートナーシップを結び販売を本格的に開始することとなり、通常カラーの「オプティマスプライム」と「メガトロン」が2020年1月に発売することが決定しています。それに先駆ける形で東京コミコン2019で発売されたのがこの「メガトロン(パープル版)」です。ちなみに海外ではニューヨーク・コミコン2019限定で発売されています。それではいってみましょー!

【パッケージ】

パッケージ。そもそもこのメガトロンが30cmあるので箱もなかなかに大きめ。G1パッケージっぽいグリッドをあしらったデザイン。パッケージは海外で発売されたものと同じですが、ところどころ日本語も使われていて、スーパー・サイボーグシリーズが日本のフィギュアリスペクトな商品であることがわかります。

側面にはユニクロンが描かれています。今回のパープル版は『トランスフォーマー ザ・ムービー』でコンボイに破れたメガトロンがスタースクリームに宇宙に投げ捨てられた後、ユニクロンの力によってガルバトロンになるシーンをイメージしたものということですね。このあとすぐガルバトロンになっちゃうし、ピンポイントすぎ!

【メガトロン(パープル版)】

クリアパープルがキレイ!スタイルは公式の商品説明でも「G1(ジェネレーション1)アニメのデザインに最も忠実な造形物を目指した」とあり、アニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』劇中のデザインとプロポーションがしっかり再現されています。大きさも30cmあるので存在感も抜群!レトロな見た目からソフビっぽく見えますが、素材は普通の硬いプラスチック製です。

背面。背中もしっかりと造形されています。

前面&背面。

側面。

バストアップ。クリアなのでちょっと分かりにくいですが顔もしっかり造形されています。眉毛と胸のデストロンマークはプリントになっています。

胸のパネルは取り外し可能。

中身のメカニックがしっかり再現されており、これが「スーパー・サイボーグ」たる所以。足の付根あたりもしっかり作られているのがいいですね。昔は児童誌なんかではこんな感じで中身を独自に図解しているイラストがよくあったけど、製作委員会制でゴリゴリに監修ラインが固まった最近のアニメだと、雑誌側が勝手に中身図解しちゃうとかは難しそう…

武器は腕の融合カノン砲。取り外しも可能です。

【比較】

本家タカラトミー製マスターピース「MP-36 メガトロン」と。スーパー・サイボーグでかい…

【可動・アクション】

可動はこちらも当時の玩具風に必要最低限な箇所のみ動きます。

可動箇所は首と左右の肩、手、膝の7箇所。

以上、スーパー7 スーパー・サイボーグシリーズから東京コミコン2019限定「メガトロン(パープル版)」でしたー!非変形でさらにレトロスタイルということで、ターゲットは通常のトランスフォーマーファンとはちょっと異なる商品ですが、トランスフォーマーが放送されていた当時よりもさらに時代を遡ったフォーマットで商品化するという試みはとても面白く、作品の雰囲気ともとてもマッチしていると思います。ものとしてはハイエイジ向けのコレクショントイなので価格もそこそこしますし、普通のトランスフォーマーのように「遊べる玩具」ではありませんが、このレトロなスタイルと中身の見える70〜80年代風の雰囲気に惹かれる方にはオススメです(通常カラーバージョンは2020年1月発売予定です)!個人的にはスーパー7の「リ・アクション」シリーズのトランスフォーマーも楽しみです!

ちなみに管理人は東京コミコン2019の1日目に購入しましたが、今回紹介したパープル版まだまだ余裕がありそうでした。今回トランスフォーマーの展示はありませんが、映画が好きならば見どころがたくさんあって楽しいイベントなので是非会場に運んでみてください!


お気に入りブログ更新NEWS

シェアする

フォローする

『レビュー:スーパー・サイボーグ 東京コミコン2019限定 メガトロン(パープル版)』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2019/11/23(土) 09:54:49 ID:5a2e281c0

    サイボーグの名を冠しているのは、変身サイボーグを意識した商品だからって解釈でおK?

    1+
  2. 名前:匿名 投稿日:2019/11/23(土) 10:05:00 ID:e0c3488b1

     思い入れの有る姿のメガトロンなので、この良さを分かってもらうために、是非ともザ・ムービーの音声修正版を発売して欲しい。

    2+
  3. 名前:匿名 投稿日:2019/11/23(土) 10:40:31 ID:efb0a27a4

    ユナイテッドのディセプティコンセットのガルバトロンと並べるにはでかすぎるな…

    1+
  4. 名前:um 投稿日:2019/11/23(土) 11:21:56 ID:9584202d0

    更新お疲れ様です。
    脚の角度など、思っていた以上に初代アニメに似るように作られているのですね!
    ザ・ムービーの当該シーンは手作業と思えない凄まじい作画でしたし、スポットされるのも納得です

    2+
  5. 名前:匿名 投稿日:2019/11/24(日) 10:08:06 ID:4eb6e6387

    ほっぺに透けて見えるマルがなんとも…。

    3+
  6. 名前:匿名 投稿日:2019/11/24(日) 14:19:41 ID:b1fc59631

    >まんまるほっぺのメカおじさんって素敵な萌え要素ですよね。

    4+
  7. 名前:匿名 投稿日:2019/11/25(月) 14:28:43 ID:c25f3473b

    顔の黒く塗られてる三角形って、眉だったんですね。
    G1ガルバトロンの玩具みたいな目だなと思ってた…..

    2+