トランスフォーマーニュース

マスターピースレビュー

実写映画関連レビュー

POTP関連レビュー

イベントレポート

日報:「東京コミコン2018」トランスフォーマー出展情報 ほか


11月30日から開催!※『バンブルビー』日本公開日について追記しました!



「東京コミコン2018」トランスフォーマー出展情報

11月30日(金)から12月2日(日)にかけて開催される「東京コミコン2018」にトランスフォーマーブースが出展されることが決定。公式サイトに情報が掲載されています。昨年に引き続きの出展となり、今回は映画『バンブルビー』の公開も控えているということで「映画「バンブルビー」 / タカラトミー」として出展されるようです。また、実写映画関連商品や「シージ」、また初公開となるコラボレーション商品のお披露目もあり、さらに物販では開場記念商品や、先行販売商品に加え、タカラトミーモール出張蔵出し市も実施されるようです。

 
昨年の東京コミコン2017トランスフォーマー関連展示のレポートは以下からどうぞ!

今日は2017年12月1日に行われた「東京コミックコンベンション2017」トランスフォーマー展示の様子をご紹介!

 

■■東京コミコン2018トピックス■■

★その1:”超巨大バンブルビー”登場!!

超タテに巨大なバンブルビーの立像 & 超ヨコに巨大なバンブルビーのスタンディーがブースで皆さんをお出迎え! ぜひ、タテにもヨコにも超巨大なバンブルビーと一緒に写真撮影し、SNSにたくさん投稿してください!

 
★その2:充実の歴代&新作映画の玩具 、 G1の玩具 、 コラボ展示

大好評展開中の“スタジオシリーズ”や“マスターピースムービーシリーズ” を中心とした歴代&新作映画玩具の展示(初お披露目の商品も?!) や、“マスターピース”、“SEIGE”の最新玩具展示、さらには本会場 初お披露目の最新コラボレーションアイテム展示など、見どころ満載の展示で皆さんをお出迎えします!

 
★その3:会場での物販販売 & タカラトミーモール出張蔵出し市を実施!!

“開場記念商品”や“先行販売商品”を計画中! 詳細は後日アップします。

 
★その4:BIGゲストも登場する、新作映画のスペシャルステージ!!

詳細は後日アップします。

 
展示については実写映画玩具の初お披露目があるとのことで、ロンドンやパリなどで公開されたスタジオシリーズの新製品以外の展示もありそうな予感。また、まだ存在の明らかになっていない「MPM-8」の公開もあるかもしれません。マスターピースは「コンボイ Ver.3」や「ハウンド」の続報が期待できます。「シージ」に関してはすでに4月までのラインナップが確定しているのでそれらが展示されるのではないかと思われます。また「初お披露目コラボレーションアイテム」にも期待。

物販に関しては、昨年の東京コミコン2017と同様、玩具以外のグッズ販売になるのではないかと予想されます。昨年も「先行販売」としてTシャツやキーホルダーが販売され、また会場限定として「てぬぐい」が販売されました。タカラトミーモールの出張蔵出し市はここ最近のワンフェスと同様、配布されるチラシからのサイトへのアクセスで購入する形になると思われます。

スペシャルステージは開場のメインステージを使って行われるものと思われ、前回は『トランスフォーマー/最後の騎士王』のBD/DVDのプロモーションで岡崎体育とじゅんいちダビッドソンが登場しました。今回は映画『バンブルビー』公開前ということで、その宣伝大使に選ばれた芸能人が登壇するような流れになると予想します。

今回も管理人は参加予定です!レポート掲載予定ですのでお楽しみに!

 
Source:
東京コミコン2018 トランスフォーマー情報/トランスフォーマーオフィシャルサイト
https://tf.takaratomy.co.jp/news/tf_comiccon018.html


映画『バンブルビー』の上映時間が判明!

映画『バンブルビー』の上映時間が、アメリカの映画館チェーン「AMCシアターズ」のサイトに掲載されています。それによると、映画『バンブルビー』の上映時間は1時間54分(114分)となり、過去のトランスフォーマー実写映画5作と比べるとぐっと短くなっています。とは言え、これまでのトランスフォーマー映画の上映時間はいずれも2時間半と他の映画と比較しても長かったので、今回の『バンブルビー』のだいたい2時間というのはちょうどよい長さではないでしょうか。また、対象年齢は「PG13」となっていますが、これは年齢制限ではなく注意喚起なので、日本では特に年齢制限なく観ることができるようになると思います。アメリカでは12月21日から公開。

 

 
ちなみにこれまでの上映時間は以下の通り。

・トランスフォーマー(2007) 143分
・トランスフォーマー/リベンジ 150分
・トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 154分
・トランスフォーマー/ロストエイジ 165分
・トランスフォーマー/最後の騎士王 149分
・バンブルビー 114分

 
参考までに『バンブルビー』の上映時間に近いものとして、『風の谷のナウシカ』(116分)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(108分)、『君の名は。』(107分)、『エイリアン』(117分)、『ブレードランナー』(116分)、などが挙げられます。

 
Source:
Bumblebee/AMC Theatres
https://www.amctheatres.com/movies/bumblebee-50336

Transformers Bumblebee Official 2019 Calendar - Square Wall Calendar Format
Danilo Promotions Limited
売り上げランキング: 18,148

映画『バンブルビー』の日本公開日が2019年3月22日(金)に決定!

映画『バンブルビー』の日本公開日が2019年3月22日(金)に決定したことがNewsWalkerに掲載されています。また、特典付きムビチケカードが11月23日(金)から数量限定で販売されることも判明。特典はキューピーとバンブルビーのコラボとなる「“バンブルピー”キーホルダー」で、特別映像も公開されています。価格は1,400円。

 

 

 
キューピーとのコラボが「まさかのコラボ」とありますが、『ダークサイド・ムーン』の前売り券特典もキューピーとのコラボストラップだったことは忘れられてしまったのね…

 
Source:
“トランスフォーマー”とキューピーがコラボ!『バンブルビー』日本公開日が決定/NewsWalker
https://news.walkerplus.com/article/169423/


Amazonフィギュア・ドールのランキング

Amazonロボット・ソフビ人形のランキング


お気に入りブログ更新NEWS

シェアする

フォローする

『日報:「東京コミコン2018」トランスフォーマー出展情報 ほか』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/11/16(金) 09:31:51 ID:2902c60e6

    上映時間は過去5作が冗長すぎたから今回の長さが妥当かと
    短いと言っても2時間弱はあるから尺が足りない!なんてことはないだろうし

    3+
  2. 名前:匿名 投稿日:2018/11/16(金) 10:10:26 ID:cc1975d5c

    今までは尺が長いわりにロボットの活躍があまり見られなかったからなぁ。
    全体的にスケールがでかいってだけだし。

    そう考えると確かに妥当な上映時間かもね。

    6+
  3. 名前:803 投稿日:2018/11/16(金) 12:28:24 ID:572505a10

    ブースイメージの立像、羽が生えてますね…

    3+
  4. 名前:匿名 投稿日:2018/11/16(金) 14:40:51 ID:a661d221f

    ブースのパネル、コラボキューピーのキーホルダーの方も羽生えてますね
    これだけ羽ありデザインが多いのは劇中でもそうなるということなのでしょうか

    8+
  5. 名前:匿名 投稿日:2018/11/16(金) 19:07:15 ID:d83b2d70d

    30日から開催のイベントの物販をこの期に及んで、後日公開しますとか言われても予定開けらるかどうかわかんないんだけど

    1+