トランスフォーマーニュース

マスターピースレビュー

実写映画関連レビュー

POTP関連レビュー

イベントレポート

レビュー:TFスタジオシリーズ SS-15 アイアンハイド


今日は「トランスフォーマースタジオシリーズ」(国内版)から「SS-15 アイアンハイド」をご紹介!



商品名 SS-15 アイアンハイド
シリーズ名 スタジオシリーズ
クラス ボイジャークラス
メーカー タカラトミー
発売時期 2018年9月15日
価格 ¥4,500(税抜)

ということで、スタジオシリーズ版「アイアンハイド」です!「アイアンハイド」は2007年に公開された『トランスフォーマー』に登場するオートボットの武器のスペシャリストで、その後『リベンジ』、『ダークサイド・ムーン』と続けて登場した人気キャラです。これでスタジオシリーズで『トランスフォーマー』第1作に登場するオートボットが全員揃うことになります(バンブルビーの新カマロはまだだけど…)。玩具も人気キャラだけあってこれまでも数多く作られており、ボイジャークラスとしては3度目の新規での登場です。海外ではWave3として発売され、日本版も全く同じ仕様での発売となります。それではいってみましょー。


パッケージ。イラストはマスクオン状態ですが、玩具の方はマスクオフでの立体化。


台紙兼ディスプレイスタンドは『SS-04 ラチェット」や『SS-06 スタースクリーム」と同じイラストですが、トリミング箇所が違っています。


ロボットモード。これまで発売されたどのアイアンハイドトイよりも劇中の印象に近くてかっこいい!ずんぐりとした体型と独特な手足の作りがしっかり再現されています。各部ほぼ黒いパーツで構成されていますが、よく見ると非常に細かくディテールが作り込まれているのが分かります。事前の写真では腹部のバンパーが目立っているように感じていたのですが、実物を触ってみるとそれほど気になりません。


背面。背中は意外とすっきり。肩から伸びるプレートも背中側でしっかり固定されています。

前面&背面。

側面。


バストアップ。頭部も劇中のデザインを忠実に再現。歴戦の戦士ということで、顔の右側がゆがんでいるのも再現されています。右目の塗装が左目に比べるとはみ出しが大きく、パッケージ裏のCGとも違うのでここは個体差が結構あるのではないかと思われます。とは言え個人的にはそれほど気にならないかな。胸部もこれまでの玩具よりも再現度が上がっていて、左右のブレーキディスクもちゃんと再現されています。


武器は左右のキャノン砲。脱着式ですが、どちらも腕から展開されたように見えるよう、プレートのパーツが付いているのがいいですね。形状は左右各腕専用になっていますが、左右逆に取り付けられないこともないです。


左手。武器の再現度も非常に高く、ボリュームもあるのでかっこいい。


ビークルモード。ゼネラル・モーターズの「GMCトップキックC4500」に変形。ビークルモードの再現度もとても高く、ウインドウのクリアパーツも若干グレーがかった感じでリアルさを出してくれています。劇中ではオプティマスがでかいので感じにくいのですが、アイアンハイドも実はかなり大きい車だったり。


背面。リア部分のオートボットマークもしっかり再現。後輪部分に若干ロボットモードのパーツが見えています。変形はこれまでのアイアンハイドたちとパーツ配置は似た感じはありますが、より変形しやすくなっている印象。

前面&背面。

側面。


武器は2つを組み合わせて後部の荷台部分に取り付け可能。


背面から。


2007年の『トランスフォーマー』公開時に発売された「MA-09 アイアンハイド」と。「MA-09」は今遊ぶとちょっと厳しい部分もあるけど、オートモーフギミックはシリーズ中でも屈指の自動変形でとても好きな玩具なので、そのうちちゃんとレビューをしたい。このバリエーションとして『リベンジ』版やN.E.S.Tシリーズの「リーコンアイアンハイド」などが存在します。


ビークルモードでも。当時からGMの公式ライセンスを取得しているので旧玩具は煙突が低いくらいでなかなか再現度が高い。


『ダークサイド・ムーン』時に発売されたボイジャークラス「DA04 アイアンハイド」と。DOTM版はスラリとしたスタイルが特徴でかっこいいんだけど、ちょっと劇中とは印象が違っています。


ビークルモードでも。大きさは結構似た感じ。


ムービー ザ ベスト版(元シリーズは「Hunt for the Decepticons」)「MB-05 アイアンハイド」と。この型は劇中再現度の点ではとても良かったのですが、デラックスクラスということもあり小さいのがネックでした。なので、今回のスタジオシリーズ版は念願の新規ボイジャーだった訳です。


ビークルモードでも。


スタジオシリーズの『トランスフォーマー』に登場したオートボットたち。かろうじてオプティマスのほうが背が高いですが、やっぱりこの5人を2つのクラスだけで再現するのは少し無理があるのかも…


ビークルモードではアイアンハイドの方がオプティマスよりも大きい…スタジオシリーズ版リーダーオプティマス待ってます…!


可動はまあまあ。腰が動かないのと、足首の横の可動がないのは残念。特に足裏が大きく、ポーズをつけると浮いてしまう事が多いので是非とも足首の可動は欲しかったところ。それ以外は腕周りもよく動くし、股関節の可動も広く動かしやすいです。以下写真続きまーす。


股関節が大きく開く分、やっぱり足首の可動がないのが悔やまれる…


黒一色であまり気づきませんが、各部をよく観察するとできるだけ肉抜きを目立たせない(気づかせない)ようにして、面積を大きく見せる工夫がされているのが分かります。この辺りはさすがタカラトミーのデザイナーと言った感じ。


お尻にフィギュアスタンド用の穴があるのでそれを使って。『トランスフォーマー』での名シーンの1つ、ブロウルの弾を避けるシーンを意識して。


以上、「トランスフォーマースタジオシリーズ」(国内版)から「SS-15 アイアンハイド」でしたー!待ちに待った新規ボイジャー「アイアンハイド」ですが、期待通りのかっこよさ!劇中再現度が一気にアップし、独特なずんぐりとした体型がしっかり再現されているのがいいですね。可動があと一歩な感じですが、それでもこれまでのアイアンハイドたちに比べると変形もしやすく遊びやすいです。近々マスターピースムービーシリーズ「MPM-6 アイアンハイド」も発売されるということで、結構似た感じのアイアンハイドが立て続けに出てしまうことになりますが、逆に同じ時期に出るからこそ、同時期の技術と解釈でどう違いを出してくれるか今から楽しみです!現時点で品切れが多いようですが、12月に再出荷があるようなので、未入手で気になっている方はそれを待ってもよいかと思います。

Amazonフィギュア・ドールのランキング

Amazonロボット・ソフビ人形のランキング


お気に入りブログ更新NEWS

シェアする

フォローする

『レビュー:TFスタジオシリーズ SS-15 アイアンハイド』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/09/17(月) 11:50:59 ID:eb45c11a7

    MPM版のハードルが上がりましたね。
    こちらは可動範囲の物足りなさを感じたので、その辺りに期待したいところ。

    2+
  2. 名前:アイカ 投稿日:2018/09/17(月) 12:26:02 ID:ee147b2dc

    レビューお疲れ様です!
    自分の方も今日Amazonから届きました(≧▽≦)
    自分も右目の塗装に関してはそこまで気にならない感じですね
    まぁ、国内版SSメガ様の首のクソ可動に比べれば可愛く思えますねw

    1+
  3. 名前:匿名 投稿日:2018/09/17(月) 12:32:50 ID:c256e8ed6

    レビューお疲れ様です。
    まさしくアイアンハイドの決定版ですね。ボイジャーとしては上背はないものの、重量感がしっかりあり、関節の渋みも申し分ないです。ただロボット時のボンネットの首側のロックは、もう少し説明書に分かりやすく書いておいた方がよかったと思いますね。

    6+
  4. 名前:匿名 投稿日:2018/09/17(月) 13:05:43 ID:72d7c343a

    大きさ比較あるとわかりやすくていいですね!
    スタジオシリーズは全体的に小さい傾向あるけどこの商品はボリューム感あるし、なによりビークルモードで他製品と並べたときに違和感ないってのがすごく好印象です

    3+
  5. 名前:パワードスパイダー 投稿日:2018/09/17(月) 14:20:24 ID:223520a41

    MPMにするか、このSSにするか…より迷う!足首動けば即ポチってたんだけどなー

    2007玩具のギミック、オートモーフじゃなくてメックテックになってますよ

    1+
  6. 名前:超偏見超変形 投稿日:2018/09/17(月) 14:22:42 ID:d4871a9fd

    >>パワードスパイダーさん
    ご指摘ありがとうございます!
    修正させていただきました。

    1+
  7. 名前:さすりゅ~ 投稿日:2018/09/17(月) 14:30:37 ID:da6ca8c51

    実は自分も実写アイアンハイドの目が左右非対称だったと言うのに言われるまで気付かなかったクチです
    3作目のメガトロンのようにわかりやすく抉れている訳でもないのでそこまで気にならなかったというか…

    アイアンハイドは1~3作目まで変形モチーフも姿も変わらなかったので1個出ればどのアイアンハイドとしても遊べる反面、近い時期にリメイクや再販が続くとまた同じの出してる感が拭えない事だけがネックですね
    まだビークルに選択肢がある分バンブルビーの方が別物感あるかもしれない

    1+
  8. 名前:匿名 投稿日:2018/09/17(月) 15:08:00 ID:280c25143

    今までのアイアンハイドと比較して格段に扱い易くて大変満足。
    定位置が決め難かった上半身のパーツが全て固定されていて変形にカッチリ感があるのがいい。
    顔の造形についてはクシャっとつぶれているアイアンハイドの顔が良く再現されていると思います(塗装はともかくアシンメトリックだと知らないをtwitterで散見します)。
    足首にボールジョイントでもあれば、もう少しポーズも取らせ易かったので少し残念ですが、素立ちでも十分格好良いので個人的にはそこまでマイナスではないかなあ。

    下半身のタイヤはダミーパーツなのでその辺の再現がMPMでどうなるのか楽しみですねえ。

    3+
  9. 名前:匿名 投稿日:2018/09/17(月) 18:27:15 ID:2abd7b706

    肩の動きが性質上、限定されててあまり動かないのがネックだけどここ最近触った変形方法が新規のやつのなかでは最高傑作。

    リベンジに出た見掛けだけ似てるデラックスのアイアンハイドしかアイアンハイド持ってなかったので感動しました。

    2+
  10. 名前:こん 投稿日:2018/09/18(火) 00:45:39 ID:f1ae38d97

    すごくカッチリとしてていいですね!
    これだけの完成度だと、MPMへの期待が高まります。
    発売日も予約開始日も全く情報が出ませんが、いつなんだろう。

    2+
  11. 名前:匿名 投稿日:2018/09/23(日) 21:18:09 ID:64dc1cf0b

    MPMが確か11月だからそっち待った方が良さそうかな
    コスパ的にはこっちがだいぶ良さそうだけども

    0