トランスフォーマーニュース

マスターピースレビュー

実写映画関連レビュー

レジェンズ関連レビュー

イベントレポート

レビュー:マスターピースムービーシリーズ MPM-3 バンブルビー


今日は「マスターピースムービーシリーズ」から「MPM-3 バンブルビー」をご紹介!



商品名 MPM-3 バンブルビー
シリーズ名 マスターピースムービーシリーズ
クラス
メーカー タカラトミー
発売時期 2017年7月15日
価格 ¥10,000(税抜)

とうことで、マスターピースムービーシリーズ「バンブルビー」です!いよいよ実写映画でもマスターピースの展開の開始!これまでも「MPM-1 スタースクリーム」と「MPM-2 バンブルビー」が発売されていますが、それらは海外で発売されたものを無理やり「マスターピース」と名付け日本で展開するためのシリーズでした。しかし、今年実写映画公開10周年を迎え、タカラトミー、ハスブロの両方の名義を掲げ満を持して実写映画版マスターピースが登場することとなりました!マスターピースと言えば、主に日本国内での展開をメインとしたトランスフォーマー玩具の中でも最高峰のシリーズとなりますが、ここ数年のラインナップの充実は目をみはるものがあります。海外での人気も高く、特にアジア地域での需要が高いようで、世界的に人気の実写版のキャラクターがマスターピース化されていくのは当然の流れのように思います。今回の「バンブルビー」は2007年に公開された実写映画第1弾「トランスフォーマー」に登場した姿を再現。これまでのマスターピースシリーズのカーロボットサイズではありますが、各所にダイキャストパーツが使われるなど特別感あふれるものになっています。シリーズナンバーは「MPM-1 スタースクリーム」、「MPM-2 バンブルビー」からつづく「MPM-3」となります(海外ではこの2つはMPMとしては出ていない)。アジア地域では「トランスフォーマー/最後の騎士王」の公開に合わせ、すでにこの「MPM-3 バンブルビー」は出回っており、そこから約1ヶ月遅れる形でようやく日本でも登場です。それではいってみましょー!

 
【パッケージ・内容物】


パッケージ。サイズはマスターピースシリーズのカーロボット系と同じと思いきや若干違う!「最後の騎士王」シリーズのデラックスクラスサイズの箱と同じ大きさになっており、これは海外での流通を見越してのサイズなのかもしれません。デザインはこれまでのマスターピースを踏襲していますが、「TRANSFORMES」のブランドロゴが大きく入ったり、あとは世界同時展開ということで「ハスブロ」のロゴが入ったりしています。海外でも発売されるものなので、海外版の箱にシールが貼られるものと思っていましたが、全て印刷された日本独自のものに。ただ、他のマスターピースのように、表面の写真部分の光沢加工などはなく、背面の解説などもありません。


箱の中はこんな感じ。左右のドアが開いた状態で収納。後述しますが、ビークルモードではドアを開閉されるようには作られておらず、それなのにドアを開けて収納する意味はなんかあったんだろうか…?


取扱説明書が1枚付属。だいぶ適当な感じで折られていました…内容も変形方法のみで、キャラクターの説明などは一切ありません。また、マスターピースではおなじみのキャラクターカードも今回はありません。

 
【ロボットモード】


ロボットモード。素晴らしいプロポーションと再現度でとにかくかっこいい!これまでのバンブルビートイの中でも軍を抜いて劇中のイメージに近い形になっており、待ち望んでいた姿のバンブルビーが手元にあることに感動すら覚えます。全体的なボリューム感も申し分なく、各部にダイキャストパーツが使われていることもあり重量感もあります。いやあ、ホントにかっこいいよ!!


背面。これまでのバンブルビートイでは必ずと言っていいほどあったビークルモード時のルーフ部分がキレイになくなっています。そして、念願の4枚羽が再現されています。

前面&背面。

左面&右面。背中部分が結構せり出した感じに。かかとのパーツがかなり後ろの方まで延びているので倒れることはありませんが、若干不格好なのは否めません。


バストアップ。頭部は文句なく過去最高の再現度!塗り分けも非常に細かく、劇中の雰囲気を完璧に再現しています。また、首元のパーツもこれまで往々にしてオミットされていましたが、それも無事再現されることに。ライト部分はクリアパーツになっていて、胸部の立体感もとてもいい感じです。


今回、目が集光になっています。後ろから光を当てなくてもかなりよく光ってくれます。また、胸のライト部分も上手いこと光るようになっているのがスゴイ。ちなみに、海外版では目は青く塗装されているようです。


頭部のパーツを上げ、バトルマスクを下げ装着することができます。


バトルマスクモード。これまでも何度かバトルマスクのオンオフができる玩具がありましたが、頭にあるパーツを持ってくる関係でどうしても丸っぽいフォルムになってしまい、劇中のイメージとは少し違うのは今回も変わらず。


上半身。ちなみに、黄色いパーツ部分はすべて塗装になっており、質感も非常によいです。色は海外のレビューなどをみるとちょっとレモン色っぽいかな?と思っていましたが、実物はちょうどいい黄色で、第1作目の劇中のカラーの雰囲気がよく出ていると思います。


指の関節もかなり動いてくれます。劇中でも手を使う印象的なシーンが多いので嬉しいポイント。


背中。念願の4枚羽が再現。とは言え、大きなドアの羽と一体になっており、劇中とは若干印象が異なります。せめて下の羽の黄色い面が前を向くようになっていたらよかったなあ…また、ドア部分ももう少し確度を上向きにできるようにできればよかった。


脚部。脛、つま先、足の甲など脚部はダイキャストパーツが多く使われており、質感アップと立たせやすさに貢献しています。無垢なダイキャストっぽいので経年で更に味が出そうな予感(サビにも注意だけど…)。


背面。今回のバンブルビーの素晴らしいとポイントの一つとして、このふくらはぎ部分が挙げられると思います。これまでのバンブルビートイではどうしても下半身のボリュームが不足しがちだったのですが、今回はパーツが細かく分割し、ちゃんとふくらはぎ部分にボリュームが出るようになっています。このあたりの面を利用してボリュームを増やす方法は近年のマスターピースの技術の積み重ねが大きいように思います。また、足首部分のタイヤも劇中のように関節のような見え方になっているのもいいですね!かかとパーツはこれがないと恐らく自立できないので、若干不格好ではありますが目をつぶります…!


武器は「スティンガーブラスター」。


右腕の手をしまい、砲身部分のパーツを取り付けます(左腕には取り付け不可)。流石に変形での再現は無理だったか…


外したブラスターは背中に取り付けることができます。

 
【ビークルモード】


続いてビークルモード。シボレー・カマロの2007コンセプトカーに変形。これまでの玩具によってはフロントライト付近のボリュームが不足して先細った感じになってしまっているものもありましたが、今回はしっかりマッシブなボディをしっかり再現しています。全面塗装なので見栄えもとてもよく、細部にもしっかり塗装が施されとてもリアル。欲を言えばホイールはもっとシルバーの方がよかったかな。


背面。リア部分もライトやナンバープレートなどしっかり塗装で再現されています。ちなみに、ガラス部分はスモークが少し貼ったような色になっていますが、海外版はクリアになっているようですね。

前面&背面。フロントのシボレーマークが細かく造形されているのがいいですね。

側面。ちょっと気になるのが前輪の後ろ側にある突起。これはなんなんだ…?前輪の後ろ側の突起は市販車にあるGMのロゴマークとのこと。Twitterで教えていただきました!


底面、ブラスターを開いて取り付ける事ができます。前方にはダイキャスト製の金属パーツが1本配置されています。


ドア等は開けることができません。別にそれ自体は問題ないのですが、何故この状態でわざわざパッケージに入れたんだろうか…動かないようにとか…?

 
【比較】


続いてこれまでのバンブルビートイたちと比べていきたいと思います。まずはマスターピースムービーシリーズ「MPM-2 バンブルビー」と。「MPM-2 バンブルビー」は海外でスプリームクラス「バトルオプスバンブルビー」として発売されたもので、日本で発売するにあたって全面に塗装を施されました。ちなみにこの「MPM-2 バンブルビー」は「トランスフォーマー/リベンジ」での姿なので若干デザインが異なります。見ての通りかなり大きく迫力があるのですが、如何せん下半身のボリュームが不足しているのが残念。ライト&サウンドギミックなどもあり、非常に遊び甲斐があるので、今後も大事にしていきたいと思える玩具ではあります。


「MPM-2 バンブルビー」の真骨頂はビークルモード。かなりきっちり変形し、しかも全面塗装&ホイールもメッキなのでめちゃめちゃかっこいい。


続いて、映画第1作時に発売されたまさにオリジナルとも言える「MA-10 バンブルビー」と。今見ると誰だかよくわからない顔ですが、メックテックギミックが惜しげなく使われており、個人的にとても大好きな玩具です!2007年当時、映画公開時期に発売されたのですが、それはもう品薄でいろんなところを探し回った記憶が…ムービー版バンブルビーの変形(パーツ配置)の原点はこの「MA-10 バンブルビー」にあり、ここから様々なバリエーションが増えていきます。10年前に管理人はまさにこのニューバンブルビーに魅せられ、子供の頃に好きだったトランスフォーマーに返り咲くのですが、まさかこんなにがっつり追いかけることになるとは思わなかった…


ビークルモード。「MA-10 バンブルビー」はちょっと面長な感じ。ちなみにこのバンブルビーの開発担当はアレックス・クバルスキー氏。もうタカラトミーにはいませんが、この他にアニメイテッドの「バンブルビー」や、クラシックの「バンブルビー」、「リジェ」などを担当しています。


つづいてロストエイジ時に発売された「AD08 バトルブレードバンブルビー」と(もとはオートボットアライアンス「AA02バトルブレードバンブルビー」)。ある意味デラックスクラスバンブルビーの究極型ではないかと思っていたのですが(その後の「ダークサイド・ムーン」版などはここから削ぎ落とす形で洗練されていますが)、やはりこのマスターピースと並べると霞む…


ビークルモードでも。ちなみにこの「バトルブレードバンブルビー」もリベンジ版を再現したものになります。


最後にヒューマンアライアンス版と比較。ヒューマンアライアンス版はだいぶ独特な作りですが、パーツ配置は「MA-10 バンブルビー」から続く形に。


ビークルモードでも。これもリベンジ版ですね。ヒューマンアライアンス版はビークルモードがマッシブさが際立ってカッコイイです。


ムービー ザ ベスト版「MB-07 サウンドウェーブ」と。これはなかなかよいサイズ感!


カーロボット型サイズということで「MP-12 ランボル」と。ビークルモードとして見ると、バンブルビーのほうがかなり大きいですね。

 
【可動・アクション】


可動はかなり優秀。贅沢を言えば、もう少し深く膝を曲げられればよかったかな。けど、股関節、膝はクリック関節になっており、保持力も十分。足首も前後左右に確度を付けられるので接地性もよいです。腕周りもよく動くし、手も表情をつけられるのがいいですね。以下、写真続きまーす。


指がここまで動くのはすごい、しかもちゃんとピン留めだから指がポロリしたりしないのもよいです。


お尻にフィギュアスタンド用の穴があるので、それを使って。


頑張れば片足立ちもできます。劇中では格闘もバリバリこなしていたので、それを再現できるのもいいですね。


公式CGをイメージしてその1。海外のレビューでやっててとてもやりたくなった…


その2。


その3。楽しすぎる!


ヒューマンアライアンス「サウンドウェーブ」といいサイズ感なので、「ダークサイド・ムーン」の1シーンを再現。「ダークサイド・ムーン」デザイン版待ってます…!あとサウンドウェーブも…!


以上、「マスターピースムービーシリーズ」から「MPM-3 バンブルビー」でしたー!「マスターピース」の名にふさわしく、過去最高に劇中のバンブルビーを再現した玩具です!バンブルビートイの中では間違いなく現時点では最高峰と言えます。特にロボットモードでの再現、可動は素晴らしく、これまでみんなが欲しかったであろうバンブルビーになっています。変形難易度も若干タイトな部分はあるものの、ほどほどの難易度でちょうどよく、写真を見ていただければ分かるように、動かしてポーズを付けるのがとにかく楽しい!ただ、逆にここまで素晴らしいと、その分惜しい部分も際立つのも事実で、4枚羽や背中のボリュームはもっとどうにかできたんじゃないかな?と思ってしまいます。また武器が差し替え式のブラスターしかないのも寂しく、差し替え式でいいから肩のランチャーは欲しかったな。とは言え、今回は日本だけではなく、全世界に向けて販売されるものということで、様々な制約があったものと思われます。実際、今回の開発担当である大西裕弥氏でのインタビューでも、コストが厳しかったと話しており、そのなかでベストな選択でこの形になったことは重々理解できますし、十二分に満足できる「バンブルビー」であることは間違いありません!次の「MPM-4 オプティマスプライム」は仕様や品質の面でなにやら不穏な話を聞きますが、せっかくトランスフォーマーブランドの大きな柱となりえる実写版マスターピースなので、ゆっくりでいいからいろんなキャラクターをしっかり作り込んで展開していってくれることを望みます。7月分は品薄が続きましたが、8月にも2次出荷があるようなので買いそびれた方はそれを狙うと良いと思います!オススメ!


シェアする

フォローする

『レビュー:マスターピースムービーシリーズ MPM-3 バンブルビー』へのコメント

  1. 名前:H.R. 投稿日:2017/07/21(金) 23:59:42 ID:187d22b54

    私は毎回マスターピースの完成度の高さと大きさに驚くのですが、このバンブルビーを手にしたときが一番驚いたかもしれません。MPM-4オプティマスにも期待したいです!

    MPMが発売されるから最近のMPはアニメっぽくして差別化してるのかなと思いますが、手にしたときに(確かに劇中の再現は高いのですが)あまり満足感が得られないんですよね(個人的には。

  2. 名前:Suba_(:3」∠)_ 投稿日:2017/07/22(土) 00:54:24 ID:88366b523

    前輪の後ろにある突起はおそらくGM社のエンブレムの再現ではないでしょうか?劇中のコンセプトモデルにはありませんでしたが、市販版のカマロには前輪の後ろに小さくGM社のエンブレムがあります。その他劇中のコンセプトモデルとの違いがいくつか見受けられるので今回のMPバンブルビーは市販版のカマロをモチーフにしていると思われます
    ビークルモードのドアが空いた状態で箱に入れられてるのは自分でも何でだろう?と思いました……完成したビークルモードで箱に入れるのはもしかして本体に負担がかかったりするからですかね?
    とにかくほんとに全体的に出来よくてびっくりしました!ネットで既に売り切れとかで手に入ることはないんだろうなと思ったら近場の電器屋さんにおいてあって即買いでした、買ってよかった( ;∀;)

  3. 名前:Go boy 投稿日:2017/07/22(土) 03:00:56 ID:0f0c62396

    >次の「MPM-5 オプティマスプライム」
    MPM-4ですよ

    自分のは鎖骨のパーツが固すぎて全然回らず、両方ともポキリと折れてしまいました…普段なら即修理に出すのですが、これは間違いなく替えの製品が無いだろうから返金対応になると思ったので出してません
    一応自分で補修してみようかと思ってはいますが、再版されたらもう一つ買おうかな

    最初は腕が差し替え式なのが残念だと思いましたが、説明書で武器と書かれてたので、そう言われると差し替え式でもいいと思えてしまう不思議w
    自分は運よくネットで予約できましたが、発売日にメガトロン目当てでトイザらスに行ったときは、朝一にも関わらずこのMPM-3は置いてなかったですね。同様に入荷すらしてない店も多そう。MPM-4オプティマスも予約できるか今から不安です

  4. 名前:超偏見超変形 投稿日:2017/07/22(土) 05:12:06 ID:ca70d7eaf

    >>Go boyさん
    ご指摘ありがとうございます!修正させていただきました。

  5. 名前:猫のおでこ 投稿日:2017/07/22(土) 10:00:40 ID:87f511c19

    Go Boy さん
    私のビーも襟元パーツのジョイント部分が固くて片方が折れてしまいましたが、タカトミに連絡したらすぐに検品物と交換してくれました。
    一度連絡だけしてみては如何でしょうか。

    MPM4ビーは造型に関しては間違いなく最高峰で素晴らしい出来だと思うのですが、日本版新規塗装のせいで頭部周りのジョイント部が異常に固い、全体的に塗装が雑、脇パーツが固定できない等の問題が多数あがっているようでメーカー側の検品があまりに適当だと感じました。

    私が購入したビーに至ってはロボ時に肩にあたるパーツと片方のドアが成型色のままでビークル時に浮いてしまったり、脇パーツのせいでまともに変形できなかったり、フロント部に大きな傷があったり、襟元パーツは簡単に破損してしまったりで粗悪品という印象しか受けない酷い物でしたし。

    またビーの脇パーツに関しては海外版の時点で指摘されていたにも関わらず日本版でも改善されることはなかったので、現時点でパーツの噛みあいが酷いと評判のMPM4オプの日本版の品質が不安で不安でなりません。

  6. 名前:匿名 投稿日:2017/07/22(土) 10:27:10 ID:50297a935

    ビーの脇のパーツは自分もはまりにくかっのですが背中の側をしまう前に脇を固定すると変形しやすくなりますよ

  7. 名前:Go boy 投稿日:2017/07/22(土) 11:52:34 ID:0f0c62396

    猫のおでこさん
    情報提供ありがとうございます!修理に出してみようと思います。自分で補修する前で良かったw

    脇パーツは自分もキッツキツで、正直変形させる楽しさよりもフラストレーションがたまる方が勝って、何度も変形させようという気持ちにはならないですね(パーツ破損の追い討ちもあって)
    いいアイテムだからこそ、こういう部分は余計に気になってしまい、勿体ないと思います

  8. 名前:匿名 投稿日:2017/07/22(土) 11:57:01 ID:ee34d0a74

    脇パーツは閉まりにくい報告結構ありますよねー
    自分のも閉まりにくかったんで変形させるときはガワを最後にしまい込む形で変形させてます
    (削るとかの加工する前にこの方法知ることができて良かった…マスターピースは極力手を加えたくないから…)

  9. 名前:seiya 投稿日:2017/07/22(土) 18:30:36 ID:d8ee485a9

    ダークサイドムーン劇中1シーンのサウンドウェーブにブラスターを撃ち込むシーンはやっぱり再現したくなりますよね!
    ムービーマスターピースでもダークサイドムーン版のデザインでバンブルビーやオプティマスを出してくれることに期待したいです

  10. 名前:匿名 投稿日:2017/07/23(日) 02:40:14 ID:2bf59b6e4

    襟パーツ折れてる人他にも居たんだ…

  11. 名前:匿名 投稿日:2017/07/23(日) 02:42:14 ID:2bf59b6e4

    自分は交換して貰ったものも襟のボールジョイント硬かったので折れる前にお湯かけました笑

  12. 名前:猫のおでこ 投稿日:2017/07/24(月) 22:33:38 ID:953d285bb

    匿名 さんお2人

    変形方法教えて頂きありがとうございます。
    自分のビーでも背中のガワを最後にしまい込む変形方法を試してみましたが、しまい込む際にガワの付け根にかなりの圧がかかってしまうようで怖くなってやりきれませんでした…。