レビュー:TFムービー ザ ベスト MB-06 ラチェット


今日は「トランスフォーマー ムービー ザ ベスト」から「MB-06 ラチェット」をご紹介!



商品名 MB-06 ラチェット
シリーズ名 トランスフォーマー ムービー ザ ベスト
クラス デラックスクラス
メーカー タカラトミー
発売時期 2016年7月19日
価格 ¥3,500(税抜)

ということで、ムービー ザ ベスト版「ラチェット」です!このラチェットは「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」時に発売されたメックテックシリーズ「DA06 ラチェット」のリカラーとなります。実写版映画「1」と「リベンジ」のカラーリングを再現したものですが、「DA06 ラチェット」に付属していたメックテックウェポンは付いておらず、代わりの武器が付属したものになっています。それではいってみましょー。


パッケージ。箱の大きさは「MB-02 バンブルビー」や「MB-05 アイアンハイド」と同じサイズ。


ロボットモード。色味は「1」や「リベンジ」時のものに合わせたものになっています。体型もラチェットらしくはありますが、肩のタイヤなどは劇中イメージとはちょっと違う感じ。とは言え、全体的な造形は非常に立体的でメリハリが効いていていいですね。


背面。背中はだいぶ突き出た感じになっており、もう少し畳めたんじゃ?とも思いますが、かかと部分に出っ張りがあるので、後ろには倒れにくくなっています。

前面&背面。少し膝が曲がっていて、ラチェットの劇中の老兵っぽいイメージが再現されています。

左面&右面。

バストアップ。顔の造形は劇中のデザインがよく再現されています。目はクリアパーツになっており、集光ギミックがついています。


武器。まずは手持ちの銃。「MB-02 バンブルビー」と同じく、「ダークサイド・ムーン」時に発売されたデラックスクラス「DA34 レッドフット」のものが流用されています。しかし、ラチェットがこんな感じの武器を使っていた記憶もなく、「ベスト」というのであればメックテックのノコギリのほうが劇中イメージとは合っていたんじゃ…そもそも小さくて微妙。


次にミサイル。説明書では肩に付けるように指示されていますが、ミサイルをつけると肩のプレートを畳みきれません…しかもこれも特に劇中でのイメージはなし。なぜ今回のムービー ザ ベストでレッドフットの武器を消化しようとしたんだろうか…金型が一緒だったからとかなのかな?


説明書では背中のに武器をつけるよう指示されています。しかも一つだけ。写真は黒くてあまり分からずすみません…


ビークルモード。「ハマーH2」のカスタム車に変形。カラーリングは「ダークサイド・ムーン」版ではなく、それ以前の心電図をイメージしたラインのバージョンのものに合わせられています。アイアンハイド同様、デラックスクラスなので小ぶりではありますが、よく再現されています。


背面。

武器を外して。


ミサイルは底面に取り付けることができます。


説明書では触れられていませんが、荷台部分の側面のハッチを展開すると、そこにジョイントがあるので武器を取り付けることができます。これは「ダークサイド・ムーン」時の、メックテックウェポンギミックの名残。この状態で底面に銃を一つ取り付ければ余剰パーツはなくなります。


リカラー元である「ダークサイド・ムーン」時に発売された「DA06 ラチェット」と。緑の色が今回のもののほうがより劇中に近いものとなっています。ただ、「DA06 ラチェット」のほうは「ダークサイド・ムーン」時のカラーリングなので、これはこれで間違いではありません。


ビークルモードでも。ホイールの塗装ってやっぱり大切。


デラックスクラスのラチェットは過去もう一つ「リベンジ」時の後期シリーズである「N.E.S.T」シリーズで「RA-28 ラチェット」発売されています。個人的にはこっちのほうがロボットモードはスタイルも劇中に似てるし、可動やギミックの豊富さもベストにふさわしいんじゃないかと思う…


ビークルモードでも。「N.E.S.T」版は荷台部分がピックアップだったりで、劇中のハマーの再現で言えば今回のほうが忠実。


可動は腰が回らないくらいでなかなか良好。以下写真続きまーす。


ミサイル発射!的な感じで。ミサイルも小さくてイマイチパッとしないけど…


膝立ちもできます。


ふくらはぎ部分に武器を取り付けることも可能。


以上、「トランスフォーマー ムービー ザ ベスト」から「MB-06 ラチェット」でしたー。もの自体は「ダークサイド・ムーン」時に発売されたものということもあり、シンプルながらに洗練されたものではありますが、果たしてこれが「ベスト」だったかと言われると微妙。武器もなぜこれが?というものが付いているし、「ロストエイジ」時にレスキューカラーで出たばかりであることを考えると、個人的にはより劇中のスタイルに近く、これまでリカラーもあまりない「N.E.S.T」版にしてほしかったなあ…と思います(コスト的な問題があったんだろうけども)。まあ、この型は型でもの自体はとてもいいもので、劇中の変形過程を再現しているところはとても好きだし遊びやすいので、これまで触ったことがない人にはオススメです。



レビュー:TFムービー ザ ベスト MB-06 ラチェット」への6件のフィードバック

  1. 匿名

    この型は変形が面白くて遊びやすくて大好きです
    ただロストエイジ版のをすでに持っていたので今回は見送りましたが…

  2. 匿名

    ビークルモードの見た目も考慮した場合を考えて、DOTM版の型が採用されたんだと思いますね
    NEST版はやはり弐台部分が…ビークルの見た目が「なんか惜しい、コレジャナイ」感がするのはムービー版初見の人を取り込むのにも厳しいでしょうし

  3. さすりゅ~

    NESTラチェットも個人的にはハマーH2の実車っぽくて好きだったんだけど
    殆どのユーザーは基本劇中のキャラクターモデルを求めるから架空の車両でも劇中準拠に改修されたハマーの方がいいって声が多くて当時ちょっと肩身狭かったな
    何よりNESTラチェットってNESTロックダウンがいないと武器交換ギミックが活かせないし

  4. 自己中なデストロン量産兵

    ラチェット死んでほしくなかったなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。