レビュー:TFレジェンズ LG07 ジェットファイアー

272_000
今日は「トランスフォーマーレジェンズ」から「LG07 ジェットファイアー」をご紹介!



商品名 LG07 ジェットファイアー
シリーズ名 トランスフォーマーレジェンズ
クラス リーダークラス
メーカー タカラトミー
発売時期 2014年12月27日
価格 ¥7,000(税抜)

ということで、レジェンズ版「ジェットファイアー」です!日本名は「スカイファイアー」となり、アニメ劇中では元スタースクリームの旧友でデストロンからサイバトロンになりました。玩具も今はなき「タカトクトイス」から発売された「超時空要塞マクロス」の「スーパーバルキリー」のリカラーという、復刻など全く期待できないいろいろいわくつきのキャラでもあります。今回の玩具は海外ではジェネレーションズシリーズとして発売されており、日本国内版はよりアニメのカラーリングに近い形でのリリースとなります。「ジェットファイアー」はかつて「変形!ヘンケイ!トランスフォーマー(海外版はクラシック」シリーズでボイジャークラスとして発売されており、クラシックラインでは2回目の登場です。それではいってみましょー。

272_001

272_002
パッケージ。ビークルモードでのパッケージとなり、結構な大きさ。バトルヘルメットをかぶった状態で描かれたイラストは描き起こしとなり、なかなかのかっこよさ。説明書付属のコミックではもともと「スカイファイアー」という名前だったという設定になっています。

272_003
ロボットモード。クプロポーションは非常によく、肩幅が広い感じとかスカイファイアーっぽさが出てていいですね。足首の角度や、握り手の感じなど素立ちのときにかっこよく立てるような感じになっています。ラシックから続くシリーズとしては初のリーダークラスになるのかな…?リーダークラスとしては大きさは十分な感じはしますが、かつてのリーダークラスのような重量感はなく、イメージ的には「ロストエイジ」のオプティマスと近いボリューム感。

272_004
背面。ターボスラスターがボリュームがあるのはいいのですが如何せん質感が安っぽい…海外版では赤いメッキになっていましたが、それを隠すためだったんだろうかと勘ぐってしまう…それ以外はパタパタとパーツが重なった感じとかは密度があっていい感じです。

272_005 272_006 272_007

3面。かかと部分が後ろまで伸びているのでしっかり立つことができます。全体的にスタイルもすごくいい分、各所肉抜きが目立つのが残念。

272_008
バストアップ。顔はすごくカッコイイ!!劇中の正義感溢れる感じがしっかり反映されています。目はクリアパーツになっており、集光も悪く無いです。胸部分はクリアパーツの中にディテールがしっかり作りこまれています。ただ、この部分はビークルモード時に表にでないダミーパーツとなっています。せっかくのリーダークラスなんだから、デストロンとサイバトロンを切り替えられるギミックとかあってもよかったなあ。

272_009
バトルヘルメットを装着し、旧玩具のいわゆバルキリーっぽい顔にもできます。なんと挑戦的な試みなのだろうか!トランスフォーマーっぽくはないですが、すごいカッコイイ。パーツとしてはあまり強度がある感じではないので、脱着時は破損に注意!

272_010
つついて武器。まずは手持ちの銃。スプリングギミックでミサイルを飛ばすことができます。また、上で紹介したバトルヘルメットを取り付けることができ、顔から外した場合でも余剰にならないようになっています。文字通り取ってつけた感はありますが、そういう心遣いは嬉しい。

272_011 272_012

両手と両足にも銃条の武器を取り付けられます。特にギミックはなし。

272_013
これらの銃を合体させることで大型の銃にすることができます。

272_014 272_015

武器ではないですが、「ターボスラスター」も脱着可能。回転させて下向きにすることもでき、個人的にはこの方が収まりがよくて好きかな。

272_016
続いてビークルモード。ビークルモードはアニメ準拠ではなく、旧玩具っぽさを強調した実在しそうなジェット機に変形。挑戦的な感じがいいですね…!先細りのデザインも非常にかっこよく、白と赤のコントラストもシンプルながらカッコイイ(というか、白が飛んじゃっててすみません…白い奴はやっぱり写真撮るのが難しいな…)

272_020
背面。ターボスラスターのお陰もあって、スラスターまみれな感じがいいですね。

272_016 272_017

ターボスラスターを外して。ちなみにロボットモードの手足の武器も外せます(外すの忘れた…)。

272_018
機首部分に武器を取り付けることも可能。

272_022
コックピット部分のキャノピーは開閉可能。もちろんランディングギアは収納可能です。

272_021
翼はこのくらいまで開くことができます。

272_023
誰もが試すであろう、ガウォーク形態は今回はなかなか難しい感じ。ここまでアグレッシブに攻めてきたんだから、ここももう一歩踏み込んで欲しかったような!

272_024
「変形!ヘンケイ!トランスフォーマー」版「C06スカイファイヤー」と比較。海外ではクラシックシリーズとして発売されました。この変形ヘンケイ版自体がかなり良く出来ていて、今遊んでも十二分な感じ。今回のも悪くないんですが、逆にトランスフォーマーの中ではデザインがちょっとかっこよすぎて浮くくらい。

272_025
ビークルモードでも。劇中再現というところでも変形ヘンケイ版がいいかな?

272_026
かつての旧友スタースクリーム(変形ヘンケイ版)と。スタスクは逆にもう少しでかいやつ欲しい。海外では「サンダークラッカー」がこのジェットファイアーのリデコで出ますが、それはそれでデカすぎだと思う。

272_027
可動はまあまあ。リーダークラスとして考えると手首くらい回ってほしかったかな?あとは首がちょっと中心をずれたところに軸があって、向きを深く変えるとちょっと不自然になります。ただ全体的にクリック関節になっているんですが、クリックの角度の幅は小さめなのはポーズつけやすくていいです。以下、写真続きまーす。

272_029

272_032

272_031
このジェットファイアーこそフィギュアスタンドの穴がほしかった…膝は深く曲がるので、飛んでるポーズとかは決まりやすそう。

272_033
肉抜き穴がちょっと目立ちすぎるのは残念。

272_028
以上、「トランスフォーマーレジェンズ」から「LG07 ジェットファイアー」でしたー!実際に手にとって見るとリーダークラスという期待が強すぎたせいもあってか、作りが簡素というかやはり肉抜きが盛大で、若干チープさを感じてしまうのは残念。また、変形もし易いとはいえず両モードともかっちりではあるんですが、過程は楽しさはあまり感じませんでした…あと気になるのはやはり値段。これを定価7,560円と考えるとかなり高く、その分クオリティを求めてしまうので、そのギャップがちょっと大きいと思います。ただ、ロボットモードのかっこよさは素晴らしく、顔の造形やバトルマスクなどかなりカッコよく決して悪いだけの玩具ではありません。ジェットファイアーが好きな人や、スタイルやデザインが気に入った人には安くなったら是非手にとって遊んで欲しいです。

レビュー:TFレジェンズ LG07 ジェットファイアー」への4件のフィードバック

  1. 備輔

    やっぱり、アニメでのバルキリーらしからぬマッシブな体型が出てるのがいいですね。
    買い始めの時期的にヘケヘケを逃していた僕としては嬉しい限り。
    どうせスカスカならレジェンドクラスが積めると良いのにとか思いましたが冗談です。

  2. ジンジャー

    リーダークラスなのに手首回転がないのは納得いかない。購入はしたけど

  3. よっしー

    ヘケヘケとどっち買おうか悩んでたけど、こっちのが大きいしこっちにしようかな…

  4. KG

     確かに、スカイファイヤーは、アニメの作中でもでかいと言われていたけど…。この密度のままもう少し小さくして欲しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。