マスターピースレビュー

レガシーシリーズレビュー

ビースト覚醒シリーズレビュー

スタジオシリーズレビュー

SS86シリーズレビュー


TFニュース(日報)新製品プレビューTF予約情報超偏見TFアワードイベントレポート

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

レビュー:TFスタジオシリーズ SS-116 ノア・ディアス エクセルスーツ

TFスタジオシリーズ SS-116 ノア・ディアス エクセルスーツ

今日は「トランスフォーマースタジオシリーズ(国内版)」から「SS-116 ノア・ディアス エクセルスーツ」をご紹介!



商品名SS-116 ノア・ディアス エクセルスーツ
シリーズ名スタジオシリーズ
クラスコアクラス
メーカータカラトミー
発売時期2024年1月27日
価格1,800円(税抜)

ということで、スタジオシリーズ版コアクラス「ノア・ディアス エクセルスーツ」です!2023年に公開された『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の主人公「ノア」が「ミラージュ」のパーツで作られたエクセルスーツでパワーアップした姿がスタジオシリーズ化。映画には登場しない飛行ユニットが付属したもので、海外では2023年に「Noah Díaz Exo-Suit」として発売されています。それではいってみましょー!

【パッケージ】

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ パッケージ
スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ パッケージ

パッケージ。裏の説明に「背中に装備されたバックパック型の飛行ユニットは再編成されたチームから送られたもののようだ」とあり、映画のラストのシーンから繋がる設定が書かれています。

【ロボットモード】

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ロボットモード

ロボットモード。厳密にはロボットではなく、「ノア」がエクセルスーツを着た姿で、映画には登場しない飛行ユニットを背中に装着しています。顔は劇中では「ノア」の顔がヘルメットの中に見えていましたが、今回の玩具では顔は見えず青いラインのみが描かれています。コアクラスながら造形も細かく、塗装も劇中とはちょっと異なるものの細かく施されていてカッコイイ。ちなみにこの玩具の情報が公開された際の画像には「ノア」役のアンソニー・ラモスの監修を受ける旨の表記があり、顔は見えていないですがしっかりアンソニーの監修も受けたもののようです。

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ロボットモード

背面。背中のジェットパックは結構大きいですがかかとが後ろに伸びていることもあり、倒れやすいなどはありません。

前面&背面。ジェットパックは背中の左右の2つのジョイントで接続します。

側面。

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ロボットモード

バストアップ。頭部は「ノア」の顔の造形はなくライトを表現したような水色のラインのみが描かれています。

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ロボットモード

武器。まずは右手の甲についたブレード。取り外しはできません。

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ロボットモード

もうひとつは左手のブラスター。こちらは脱着可能。

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ジェットパック

背中の飛行ユニットは脱着可能。先端部分にブラスターを取り付けられます。

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ジェットパック

背面。

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ジェットパック

ジェットパックの底面には折りたたみ可能な5mmジョイントがあり、他のトランスフォーマーに持たせたりすることができます。

ジェットパックはこんな感じで開閉可能。

【ビークルモード】

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ビークルモード

ビークルモード。ジェット機?に変形。映画の中では出てこないモードではありますが、ちゃんとトランスフォーマー玩具らしくビークルモードが設定されているのが面白い。配色もどことなく「ミラージュ」っぽさを感じます。

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ビークルモード

背面。変形は「ノア」は寝そべるだけでトランスフォーマーのような変形はせず、背中のヘットパックの展開のみ。そういうこともあってランディングギアなどもなく安定はあまり良くありません。

前面&背面。

側面。

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ビークルモード

ノアの手が3mm穴なのでフィギュアスタンドに取り付けることもできます。

【比較】

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ 比較

スタジオシリーズ版デラックスクラス「ミラージュ」と。「ミラージュ」のパーツを使って構成されていることもあり、見た目は結構にているように感じます。

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ 比較

ビークルモードでも。

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ 比較

他のオートボットメンバーと。2024年2月現在、「ミラージュ」と「ホイルジャック」の日本での発売予定はいまだなし…出ないということはないだろうけど、早く日本での発売が決まってほしい…!

【可動・アクション】

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ポーズ

可動はコアクラスとしてはとてもよく動いてくれます。「ノア」自体は変形しないので、その分アクションフィギュアとしてしっかり動くように作られており、腰も回るし足首も動きます。以下、写真続きまーす。

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ポーズ
スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ポーズ

最初映画に出てこないジェットパックが付いてくることにちょっと違和感だったのですが、今回のパッケージ裏の説明ですごく納得できたのがよかった。映画の続編にこれが出てきたらさらに熱い!

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ポーズ
スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ポーズ

映画を観た後だとやっぱりジェットパックがない方がしっくりくるし、小さくてよく動くフィギュアなのでシンプルに遊べます。贅沢を言えば右手のブレードは取り外しできれば嬉しかったなあ。

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ポーズ
スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ポーズ

ラストバトル後をイメージして。

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ポーズ

お尻にフィギュアスタンド用の穴が用意されています。ジェットパックをつけたままだと使用できません。

スタジオシリーズ ノア・ディアス エクセルスーツ ポーズ

以上、「トランスフォーマースタジオシリーズ(国内版)」から「SS-116 ノア・ディアス エクセルスーツ」でしたー!トランスフォーマー玩具として見ると変形は最小限なので驚きのようなものは少ないですが、こうして映画のラストに活躍した「ノア」が玩具化されたのはとても嬉しく、また顔こそ見えませんがしっかり劇中の造形が再現されていてかっこいいです(色は足りない感じはあるけれども)。ジェットパックもちゃんと設定がついてるのも個人的にはとても嬉しいポイントでした。あとは無事に日本で「ミラージュ」が発売してくれれば!

created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥1,800 (2024/02/21 13:06:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥2,695 (2024/02/21 02:25:12時点 Amazon調べ-詳細)

『レビュー:TFスタジオシリーズ SS-116 ノア・ディアス エクセルスーツ』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2024/02/12(月) 02:37:31 ID:36b7aa86e

    映画鑑賞前は複数買ってアーミービルダーしたいなって思ってたけど映画見てからはオンリーワンで扱いたくなってしまったやつ

  2. 名前:匿名 投稿日:2024/02/12(月) 13:36:20 ID:f1f6e1a93

    顔のライトアップはミラージュの鎖骨(デラックス版が分かりやすい)の意匠なんですかね?

    ノアが寝ただけじゃねぇかって思っていた変形も、よく考えると人間が複雑にトランスフォームしたらヤバいか(笑)
    バックパックの説明文のおかげで、色々と納得できて愛着が湧きました。

  3. 名前:匿名 投稿日:2024/02/12(月) 16:53:12 ID:425ffd923

    首の可動域がそこそこ広く上を向けるので、原典オマージュの意味も兼ねて自分はビークルモード時に頭を上に向けてます
    アイアンマンの飛行ポーズと言えば伝わるかな?ただ背負ってるだけじゃなくちゃんと装備を活かしてる感が出るのでオススメです

  4. 名前:匿名 投稿日:2024/02/12(月) 19:55:19 ID:cee06e7cd

    レビューお疲れ様です!
    早く国内版のssミラージュが発売されることを願うばかりです。

  5. 名前:匿名 投稿日:2024/02/13(火) 02:26:34 ID:e4a8d1e63

    顔は下手に青いライン入れるより黒のままの方が良かった気がする

  6. 名前:匿名 投稿日:2024/02/13(火) 08:01:55 ID:5a7c5a8dd

    劇中のノアはヘルメット顔。
    体の青と胸の黄色が足りない。
    T型カメラ
    ジェネレーション2(第2世代、第2集団)では、かつての飛行ロボットはT型カメラに統一された。やはりバルキリーだったのか。
    トランスフォーマーは形や場所を移動(トランス、スルー、引く、分離)するという意味がある。