マスターピースレビュー

レガシーシリーズレビュー

キングダムシリーズレビュー

スタジオシリーズレビュー

SS86シリーズレビュー


TFニュース(日報)新製品プレビューTF予約情報超偏見TFアワードイベントレポート

レビュー:TFスタジオシリーズ86(海外版) パーセプター

スタジオシリーズ86 パーセプター

今日は「トランスフォーマージェネレーションズ スタジオシリーズ 86シリーズ(海外版)」から「パーセプター」をご紹介!



商品名86-11 パーセプター(Percepter)
シリーズ名スタジオシリーズ(86シリーズ)
クラスデラックスクラス
メーカーHasbro
発売時期2022年1月
価格$22.99

ということで、スタジオシリーズ版デラックスクラス「パーセプター」です!「パーセプター」は『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』から登場したオートボット(サイバトロン)の科学者で、『ザ・ムービー』では地球のサイバトロン基地にいたことからそのままロディマスたちと行動をともにし、その後『2010』でもレギュラーで活躍するという、サイバトロンの中でも珍しい立ち位置のキャラです。これまでもユナイテッド、レジェンズと玩具化には恵まれており、ジェネレーションズ系としては3度目のリメイクとなります。日本でも「SS-75 パーセプター」として2022年4月に発売が予定されています。それではいってみましょー!

【パッケージ】

スタジオシリーズ86 パーセプター パッケージ
スタジオシリーズ86 パーセプター パッケージ

パッケージ。2022年からスタジオシリーズデラックスクラスの箱のサイズが一回り小さくなっています。また、中のブリスターも廃止され中身はすべて紙製になっています。

スタジオシリーズ86 パーセプター パッケージ

それ以前との箱の大きさの差はこんな感じ、奥行きは変わらずですが、縦と横が1cmくらいずつ小さくなっています。

スタジオシリーズ86 パーセプター パッケージ

前回紹介した『バンブルビー』版「サウンドウェーブ」同様、玩具自体がくくりつけてある台紙とは別にディスプレイスタンドとして使える台紙が用意されています。場所は「ブラー」と同じ地球のサイバトロン基地。

【ロボットモード】

スタジオシリーズ86 パーセプター ロボットモード

ロボットモード。これまでの「パーセプター」のリメイクはIDWのコミックの影響もあってか、G1のイメージとは少し異なってかっこよさが押し出されていましたが、今回はしっかり『ザ・ムービー』に登場した姿が再現されています。「パーセプター」のアイデンティティである肩のキャノン砲は大きく存在感があり、また優しげな顔がパーセプターらしく、直線的なボディラインもレトロで良い。塗装でない部分はつや消しっぽい処理になっているのもいい感じです。

スタジオシリーズ86 パーセプター ロボットモード

背面。今回残念な部分のひとつがこの背中。変形時に頭を後ろに倒してボディにしまい込むわけですが、ロボットモードではその部分が特に塞がれずそのままになっています。

前面&背面。

側面。

スタジオシリーズ86 パーセプター ロボットモード

バストアップ。頭部はアニメの非戦闘員っぽい優しい顔をよく再現してくれています。胸部分はクリアパーツになっていて、サイバトロンマークは中のボディにプリントされています。

スタジオシリーズ86 パーセプター ロボットモード

武器は手持ちの銃。アニメで銃使ってるの見たことないような…?

スタジオシリーズ86 パーセプター ロボットモード

もうひとつは肩のキャノン砲。ピン打ちで左肩に固定されているので取り外しはできませんが、上向きに角度をつけられます。

スタジオシリーズ86 パーセプター ロボットモード

方の武器の接眼レンズ、対物レンズ(めちゃくちゃ懐かしい呼び名…)部分はクリアパーツになっていますが、今感じで曇っていてレンズで物を見られるようにはなっていません。

【ビークルモード】

スタジオシリーズ86 パーセプター ビークルモード

ビーストモード。ビークルと言うか「デバイスモード」というべきかもしれませんが「顕微鏡」に変形します。見た目はアニメに忠実で、つまるところG1トイともかなり似た作りになっているとも言えます。元々「パーセプター」はダイアクロン時代に「顕微鏡ロボ ミクロスコープ」として発売されたもので(いわゆる「マグニフィカス」カラーの黒いもの)、当時の玩具には実際に15倍率で見える顕微鏡としても使えましたが、今回は上で紹介した通りレンズが曇っているので覗いたりはできません。レジェンズ版ではレンズで見ることができていて、今回もちょっと期待していたので少し残念。また、ダイヤル部分も回りません。

スタジオシリーズ86 パーセプター ビークルモード

背面。背中に頭を収納したのがそのまま見える感じがやっぱりちょっと悲しく、なにかしら蓋が欲しかった…!変形は見たとおりG1トイともかなり似た感じで、サクサク変形できます。

前面&背面。

側面。

スタジオシリーズ86 パーセプター ビークルモード

武器はロボットモードの肩部分に5mm穴があるのでそこに取りけてレバーのような感じにします。

スタジオシリーズ86 パーセプター ビークルモード

鏡筒部分は角度をつけることができます。ロボットモード同様、この写真よりも上にも向けることも可能。『ザ・ムービー』では望遠鏡のような役割を果たしていました。

【タンクモード】

スタジオシリーズ86 パーセプター ビークルモード

ダイアクロン版の玩具のようにタンクモードにすることも可能。説明書にもちゃんと変形方法が記載されています。ただ、底面に車輪などはついていないので転がし走行はできません。

スタジオシリーズ86 パーセプター ビークルモード

背面。顕微鏡モードからは脚部の向きを変えて固定するだけでタンクモードに変形できます。

前面&背面。

側面。

スタジオシリーズ86 パーセプター ビークルモード

武器は砲塔部分のサイドに取り付け可能。

スタジオシリーズ86 パーセプター ビークルモード

86シリーズリーダークラス「グリムロック」に付属する「ウィーリー」がちょうどよく?乗れます。

【比較】

スタジオシリーズ86 パーセプター 比較

2011年に発売されたユナイテッド版「UN-15 パーセプター」と(海外では「Reveal the Shield」シリーズ)。この当時はG1スタイルは保ちつつも、アレンジ多めでビークルモードも時代に合わせたものになっていました。

ビークルモードでも。ユナイテッドのビークルモードは後輪がキャタピラのSUVチックな車に変形します。これはこれでとてもカッコイイ。

スタジオシリーズ86 パーセプター 比較

レジェンズ版「LG56 パーセプター」と(海外ではタイタンズリターンシリーズとして発売)。レジェンズ版もとてもG1チックではありますが、頭がヘッドマスターで、あとIDWコミックの細身でスナイパー的なイメージが強いデザインでした。

スタジオシリーズ86 パーセプター 比較

顕微鏡モードで。変形パターンはかなり似ています。あと、レジェンズ版はちゃんとレンズが生きていて中が覗けるようになってたり、対物レンズ部分は伸縮できたりします。

スタジオシリーズ86 パーセプター 比較

レジェンズ版も説明書には記載はないですがタンクモードに変形可能(コミックでは変形していました)。こちらもほとんど同じような変形パターンですが、レジェンズ版はG1同様脚部が延長できるようになっていて、車輪もついて転がし走行ができるようになっています。

スタジオシリーズ86 パーセプター 比較

スタジオシリーズの『2010』組と。パーセプターは初代アニメから出てるけど、色合いもあってか『2010』組の仲間のような不思議な存在…

【可動・アクション】

スタジオシリーズ86 パーセプター ポーズ

可動はとても良好。スタジオシリーズ「レックガー」に似たサクサクした関節の動きが気持ちいいです。けど、この大きさで肩の関節がボールジョイントになっているのが最近では珍しく、2022年のWave1はいろいろコスト面での苦労を感じます。以下、写真続きまーす。

スタジオシリーズ86 パーセプター ポーズ
スタジオシリーズ86 パーセプター ポーズ

膝も深くまがるので立ち膝もしっかり決まります。

スタジオシリーズ86 パーセプター ポーズ
スタジオシリーズ86 パーセプター ポーズ
スタジオシリーズ86 パーセプター ポーズ

太ももに変形用の関節があるのですが、遊んでると曲がりやすいです。一応ロックはかかっていますが、もうちょっときつめでも良かったかな。

スタジオシリーズ86 パーセプター ポーズ

お尻にフィギュアスタンド用の穴が用意されています。

スタジオシリーズ86 パーセプター ポーズ

以上、「トランスフォーマージェネレーションズ スタジオシリーズ 86シリーズ(海外版)」から「パーセプター」でしたー!「スタジオシリーズ」ということで、見た目はすごくアニメの雰囲気を再現していて、これまでのリメイクではなかったパーセプターの優しい感じがちゃんと出てるのがとてもよい!体のラインはシンプルな直線型ですが、適度なモールドで間延びしないようになっています。一方、背中の大穴や、肩のボールジョイント、せっかくタンクモードがあるのに転がし走行用の車輪がないなど、これまでのものと比べると明らかにコスト面の厳しさみを感じてしまうのも事実(顕微鏡のレンズがないのも残念)。これは同時に発売されているスタジオシリーズWave1全般に言えることではあります。ただ、その限られたものの中で最大限の工夫も感じることができ、取捨選択しながらしっかりG1のパーセプターを再現してくれているとも思うし、実際の触り心地も決して悪くなくとても気に入っています!


お気に入りブログ更新NEWS

シェアする

フォローする

ランキング参加中

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ

『レビュー:TFスタジオシリーズ86(海外版) パーセプター』へのコメント

  1. 名前:湊アキ 投稿日:2022/03/02(水) 13:12:56 ID:bae890d43

    更新お疲れ様です。

    ユナイテッド版との比較のところで

    2011年に発売されたユナイテッド版「UN-15 パーセプター」と(海外では「Transformers」シリーズ)

    と書かれておられますが、「Reveal The Shield」では無いでしょうか?

  2. 名前:匿名 投稿日:2022/03/02(水) 13:58:21 ID:f3c174a67

    ミクロマンの顕微鏡ロボからパーセプターとその復刻版、果てはLGパーセプターにまで実装されていた顕微鏡ギミックが遂にオミットされてしまったのは残念ですね…
    LG版と比べてみると肩キャノンが明らかに細いのでそもそもある程度太い筒でないと顕微鏡は作れないんだろうか?

    LGパーセプターからヘッドマスター関連の要素だけ取り除いたのが新規で作れれば完璧だったのになぁ

  3. 名前:超偏見超変形 投稿日:2022/03/02(水) 14:12:18 ID:2c3acba0a

    >>湊アキさん
    ご指摘ありがとうございます!
    確かにそっちのほうが分かりやすいですね…!
    修正させていただきました。

  4. 名前:初TFはサンダークラッカー 投稿日:2022/03/02(水) 16:42:04 ID:b78eb9a9e

    レビューありがとうございます。
    ミクロマン時代、クリスマスプレゼントにミクロスコープを買ってもらいました。
    当時は家庭の予算事情が厳しいこともあって、ラジカセロボをあきらめたんですよねぇ。
    それでも理科好きでしたし、色々と観察できて楽しかった思い出があります。

    ちなみにその後の年明け、親戚に念願のラジカセロボも買ってもらえて大喜びのところ、
    ミクロスコープはパーセプター
    ラジカセロボはブロードキャスト
    どちらもトランスフォーマーに登場して、ビックリしたものです。

    本作はキャラクターとしてのパーセプターに重きを置いた結果、顕微鏡機能はオミットになったのでしょうか。
    レジェンズ版に関しても、ちょっと覗ける程度で本格的な性能は有していませんでしたし・・・オミットは妥当な判断かもしれません。
    とは言え、自動車に変形するTFがコロ走行できるのに、顕微鏡の形で機能しないのは寂しいような・・・
    いや、サウンドウェーブやリフレクターにそこまでを求めるのも野暮だし、本当に使えるG1メガトロンなんて売れないしな(^_^;)

  5. 名前:牛蒡参謀 投稿日:2022/03/02(水) 17:06:00 ID:6ee395354

    目立つ穴やギミックの省略はシージアイアンハイドのようにデラックスクラスで少しでも背を高くしようとする工夫なのでしょうが、正直なところパーセプターにそんな長身なイメージがないので何故そこに力を…?と思うところではありますね。
    個人的には、BJ関節はピン打ち軸関節よりはゆるゆるだった時の対処がやりやすいのでそこまで嫌いではありませんが。

  6. 名前:匿名 投稿日:2022/03/02(水) 20:09:38 ID:731464836

    初代玩具から凄く好きなデザインなのに悉く入手タイミングを逃していたキャラなので、
    今回やっと入手できるタイミングで販売されて国内版を待ち遠しくしている反面、
    お値段高くなってもいいから、背中の蓋は欲しかったですね。

    あとボールジョイントはホントに止めて欲しい。
    重い武器を持たないキャラだから劣化の可能性は低いとは思いますが、
    シージ以降からの脱ボールジョイント間接が好みだったのでそこも残念。

  7. 名前:名無し 投稿日:2022/03/02(水) 20:13:17 ID:942c06046

    レビューお疲れ様です。見た目がまさにあのパーセプターって感じで、今にもあの絶叫ボイスが聞こえてきそうです!ちなみに自分はコレクション版を持っていて、復刻とはいえ
    、唯一所持してるG1当時玩具です。当時のおもちゃとしては相当動くものなんですね。こっちはちゃんと顕微鏡としても機能してるのがいいですね。

  8. 名前:匿名 投稿日:2022/03/02(水) 22:39:51 ID:7fe34ab5e

    箱小さくなったのは地味に嬉しいです。
    もうデラックスクラスですら既存の箱に対して、本体めっちゃ小さい感じありましたからね。

    絶叫フェイスも付けてほしかったです

  9. 名前:プライム 投稿日:2022/03/03(木) 01:48:19 ID:17882e689

    個人的に納得のパーセプターですね。
    G1当時初めて買ったTFがパーセプターでした。
    (アニメは観ていなかったけど店頭で気に入って)
    今もちゃんと飾ってありますよ。

  10. 名前:ひでき 投稿日:2022/03/03(木) 18:29:41 ID:c9b254691

    以前発売されていたユナイテッド版のパーセプターの顔が私的には余り好きでは無く(ハニワみたいに見えて…)今回のスタジオシリーズ版では特にそう言った心配も管理人さんのレビューで確認出来たので、国内版を予約している身としては、発売される迄楽しみにしょうと思います☆
    (ちょっと肩の関節のボールジョイントは気になる所ではあります…)
    けど、本編は余りわかりませんが武器(鉄砲)が付属しているのは良いことだと思います❗️

  11. 名前:匿名 投稿日:2022/04/28(木) 21:50:47 ID:15a7c8082

    基本的にアニメの中から出てきたようなパーセプターって感じですごい気に入っています。
    可動も広いし変形の難易度もすごいよかったです。

    ただレビュー内でもあった背中の穴と太もものジョイントの緩さ、そしてそれと対照的なロボットモードにするときの頭の関節の硬さ
    ここだけが少し不満ですね。

    けどそれ以外は冒頭の様に初心者からマニアまで楽しめるすばらしいトイだと思います。
    あ、個人的にはスナイパーライフル的なやつが欲しかったかも()

  12. 名前:匿名 投稿日:2022/05/19(木) 21:02:22 ID:3fdee7782

    国内版ゲットしました。
    G1時代から(というよりも元玩具から)好きなロボでしたが、
    悉く入手機会を逃していたので念願叶ったりです。
    レビュー文中で言及されてる太股の変形用間接が不安でしたが、
    間接弄ってる最中に不意に折れるようなことはありませんでした。
    調整されているのか個体差なのかは不明ですが。
    っつーか、リカラー&リデコでマグニフィカスも出して欲しい!