レビュー:トランスフォーマーGo! トイザラス限定 ケンザン黒武者ver.

205_000
今日は「トランスフォーマーGo!」からトイザラス限定「ケンザン 黒武者ver.」をご紹介!



商品名 トイザラス限定 ケンザン 黒武者ver.
シリーズ名 トランスフォーマーGo!
クラス ボイジャークラス相当
メーカー タカラトミー
価格 ¥5,999(税込)

というわけでトイザらス限定「ケンザン黒武者ver.」です!今年6月に発売された「G01 ケンザン」の名前からも分かる通り「ブラックバージョン」となり、トイザらス限定で発売されました。モノ自体は「ケンザン」そのままで色のみの変更。設定的には「幻のレジェンディスク」のチカラによってパワーアップした姿となります。それではさくっといってみましょ−。

205_001
205_002

10 7 9 10 6 10 6 6

パッケージ。デザインはケンザンのものを踏襲していますが、限定品ながらちゃんと色のついた箱で、かつ黒基調でかっこいい感じに!表面の筆文字のコピーもかっこいいですね。箱裏はなぜか横向きデザインになってます。

205_003
紙もの。取扱説明書とカード、そしていつものアンケートが付属。カードはちゃんと「黒武者ver.」のものになっています。

205_004
ロボットモード。これはなかなかかっこいい!白と黒に金の差し色がなんとも日本っぽい感じが出ており、青いケンザンよりも強そうに見えます!プロポーションは相変わらずだけど、黒色になったことで締まって見えますね。

205_005
背面。背中が重そうに見えますが、かかとが後ろまで伸びているので倒れることはありません。

205_006 205_007 205_008

3面。まあ、やっぱりふんどしは気になるけど、通常カラーの他にブラックカラーを買う人間にはきっともうそこは関係ない。

205_009
バストアップ。顔は相変わらずのかっこよさ。しかも黒になった事によって頭部が髪の毛に見える!目は赤くなっています。

205_010
音声&ライトギミックはケンザンと同じ。単4電池を3本自前で用意する必要があります。収録されている音声も同じものになっています。詳しくはケンザンのレビューをご覧ください

205_011
武器は剣が2本。名前は「侍十文字」。軟質パーツでできています。

205_012 205_013

剣は背中や肩に取り付けることが可能。

205_014
続いて「カブト」。黒にゴールドという趣味悪い感じがいいですね!(褒めてる)

205_019
折りたたんで背中に取り付けたり…

205_016
手に持たせることも可能です。

205_017
つづいてビークルモード。パトカーに変形。白と黒の配色になったおかげでかなりパトカーらしさがアップしていますね!贅沢を言うならばサイドとかにもっと黒色成分がほしかった!

205_018
背面。電池パックがロケットエンジンのような見え方をしているのがかっこいいところ。また、剣を底面に収納する事もできます。

205_019
カブトも装着可能。

205_020
ビークルでもサイト&サウンドギミックを楽しむことが出来ます。相変わらずサイレン音がかなりうるさい。

205_021
剣は底面以外にもいろいろな場所に取り付けることが出来ます。これはその一例。

205_022
G01 ケンザン」と。なかなかいい感じの差別化ができているんじゃないかな!

205_023
前面。黒武者ver.の脚のタイヤ部分のホイールが金になっているおかげで、文様のようにも見えますね。

205_024
横面。

205_025
背面。

205_026
ビークルモードでも。やっぱり通常ケンザンは色のせいでかなり玩具っぽく見える。いや、玩具なんだけどね…

205_027
背面。

205_028
続いて参乗合体「ゴウケンザン」。ガンオウのもともと黒成分がいい感じに作用してかなり統一感のあるカラーリングに!武器も金色成分が増えたことでディテールアップ!

205_029
背面。

205_030
ライト&サウンドギミックは参乗合体時も同じ。

205_035
「ゴウジンブ」。これもなかなかいいね!

205_036
背面。

205_037
「ゴウガンオウ」。腹部のためそれほど目立たず…しかし、ジンブのクリック関節の保持力が緩くなってきていて立たせるのがすごい大変だった…

205_038
背面。背面はケンザン要素多し。

205_032
可動などはケンザン同様優秀で、カッコいいポーズがつけやすいです。

205_033

205_034

205_031
以上、「トランスフォーマーGo!」からトイザラス限定「ケンザン 黒武者ver.」でしたー!タカラトミーが(というかトランフォーマーの部署が?)が大好きでしょうがないブラックバージョンのケンザンですが、今回はキャラ(ビークルモード)のイメージに合ったものになっておりなかなかよいリペイントだったんじゃないでしょうか!いっそ「プロール」として出してもいいくらい。と入っても元のケンザンがかなりクセのある玩具だし、そもそも参乗合体ありきなので完全にファン向けのアイテムになってしまっていて、トイザらスに来る子どもたちに響く商品かと言われれば正直謎ではあります。ただ、久しぶりに「侍チーム」の参乗合体で遊んだのですが、改めてさわってみると立たせにくくてイライラすることはあるけど、ロボットモード、ビークルモード、参乗合体モードで変形させながら組み替えるのはやっぱり楽しい。色の違いで「ゴウケンザン」のイメージが変わるのも面白いです。あとは「エクスプライム」との合体でどうなるのかかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。