レビュー:トランスフォーマーGo! 忍チーム2号 ヒショウマル

196_000
今日は「トランスフォーマーGo!」から「G10ヒショウマル」をご紹介!


商品名 G10ヒショウマル
シリーズ名 トランスフォーマーGo!
クラス ボイジャークラス相当
メーカー タカラトミー
価格 ¥3,675

ということで、ヒショウマルです!7月に発売された「G05ゲキソウマル」に続く「ソードボット・忍チーム」の2人目で「風の鷹忍」。「テレビマガジン」付属のDVDで活躍するヒショウマルですが、彼ももちろん日本オリジナルのキャラクターで、今のところ日本国内でのみの商品となっています。参乗合体がウリではありますが、今月末発売の「センスイマル」が発売されるまでしばらくお預け。それではさくっといってみましょー。

196_001
196_002

6 8 10 5 6 8 6 9

まずはパッケージ。大きさは「G02 ジンブ」や「G3ガンオウ」と同じサイズとなり、結構大きめ。テックスペック的には見た目通り、素早さと技能に長けたキャラになっていますね。

196_003
紙ものは取扱説明書とカードとカタログ。というか、プレダコンにもカード付けてほしい…

196_004
ロボットモード。オレンジ部分が多く、非常にビビットな感じ!プロポーションは悪くはないんですが、もうソードボットも5体目となっており薄々感づいている人もいるかもしれませんが、参乗合体ギミックの影響でベースとなるものはかなり似通ったものとなっており新鮮さは正直かなり少ない…

196_005
背面。肩から伸びる翼が特徴的ですね。

196_006 196_007 196_008

3面。背面とかを見てもらうと分かるように、特にゲキソウマルとかなり似た作りになっているのが分かると思います。ただ、今回の翼はキャラが立ってていい感じ。

196_009
バストアップ。顔はカッコいいんですが造形がシンプル…そして管理人はこう思いました。「あ、ピューと吹くジャガーのハマーだ…」と…

196_010
武器は「飛翔扇」。扇っぽい形が特徴で、風を起こして戦うようですね。孔明っぽい感じ。

196_011
続いてカブト。なかなかカッコいい顔!早く参乗合体してみたい!(途中まではできるけど…)

196_012
カブトは折り畳んで背中に取り付けることが出来ます。

196_013
ビーストモード。鳥に変形。色的にフェニックスのイメージ。翼もはったりが利いてていい感じ。

196_014
背面。カブトが武器っぽい感じになり、砲身部分は左右それぞれ可動します。

196_015 196_016

カブトをはずして。カブトを外してもまとまりがあり、そこそこのボリュームがあります。

196_031
くちばし部分は開くようになっています。ほんのちょっとだけどね…

196_017
G05ゲキソウマル」と。大きさもボリュームもゲキソウマルのほうが電池パックがある分大きい。2人とも黄色が差し色になっていてデザインも統一感があり、並べるとなかなかかっこいい!

196_018
ビーストモードでも。

196_019
続いて「2号」つながりで「G01ジンブ」と比較。予想以上にジンブの方がかなりデカい!!

196_020
ビークル(ビースト)でも。こっちではヒショウマルのほうがボリューム感を感じるかも。

196_023
可動は大体これまでのソードボットと似たような感じ。可動自体はそこそこですが、参乗合体ありきの可動なので大分クセがある感じ。以下写真続きまーす。

196_027

196_028

196_024
翼があるので、飛んでる感じが似合う。大きく見えるしポーズを付けてると結構楽しい。

196_026
カブトを上下逆に付けると、武器っぽく見立てることも出来ます。

196_025
ガ○ダムウイング的ななにか。

196_032
ビークルも翼と首が動くので結構遊べます。

196_021
トランスフォーマー公式Facebookや、タカラトミースタッフの幸氏のツイッターで紹介されていた「ヒショウブースター」をまねて。こういう遊びが出来るのはこのソードボット達の楽しいところだと思う。自分が子供だったらきっと無限に遊べたんだろうな…大人になるとお手本がないとなかなか(笑)

196_022
ビーストモードでも「ヒショウブースター」を取り付けられます。なかなかかっこいいな!!

196_029
以上、「トランスフォーマーGo!」から「G10ヒショウマル」でしたー!今回のヒショウマルはトランスフォーマーのキャラクターとしてはこれまでにない新しい感じではあるのですが、玩具のベースがここ最近発売された「侍チーム」や「ゲキソウマル」とほぼ似たような感じとなっており、正直なんの驚きもありません…単品で見るとどうしても物足りなさを感じてしまうし、「またこれか…」と思ってしまうほど。ただ、何度も言うようですが、この「ソードボット」たちは「参乗合体」ありきの玩具となっており、本当の魅力は今月の「センスイマル」が発売されたときに発揮されるのは間違いありません!なので、ゲキソウマルのときも言いましたが、悩んでいる方は3体揃ってから買うことをオススメしますし、セット販売の話もあるのでそれを待つのもよいかもしれません!センスイマルー!!!!はやくきてくれーっ!!!!

レビュー:トランスフォーマーGo! 忍チーム2号 ヒショウマル」への3件のフィードバック

  1. 自称スラスト

    惨状合体も5体目となると目新しさが無くなってきてしまいますね…
    今回もシリーズ恒例の合体の皺寄せでビーストモードの胴体がでかいの気になります。

    大きな羽と鮮やかなオレンジのカラーリングはヒロイックで素敵なんですけどね。

    しかし合体戦士なのにメンバーが同じタイミングで揃わないのはどうかと思います。
    合体できない合体戦士になんの意味が有るというのだ…(※ブロウル4体でブルーティカスを組んだ男のセリフ)

  2. 大亜虎次郎

    発売日に買おうとしたものの地元のビックでは完売でした。

    うーん……確かに参上合体のシステム的にこれまでの商品と似たような感じになるのは仕方ないかなー、と。
    実際、飾りを取ると凄くシンプルな構造なんですよね。

    ただ、逆にその制約下で羽根とか脚とかの意匠の工夫などでこれまでとの「違い」を出そうとする工夫は
    個人的に好きですねー。
    かつてのスクランブル合体戦士の後期商品(コンピュートロンやピラナコン)みたいな感じで。

    でも個人的にはオートボットやプレダコンばかりじゃなくてディセプティコン陣営にも頑張って欲しいところ。
    最初は侍チームがオートボット、忍チームがディセプティコンだと思ってワクワクしてたので。

  3. 超変形超偏見 投稿作成者

    >>自称スラストさん
    ベースの作りがほぼほぼ同じなんですよね…
    だからキャラで愛でないといけないんですが、肝心のアニメもまだ全然進んでないという。
    今後アニメが進んだら好きになれるだろうか…

    プロウル4体とは!ジェネレーションズでですか!
    確かに何かで紹介されて手かっこよかったですが。すごいですねw

    >>大亜虎次郎さん
    コメントありがとうございます!

    完売ですかー!それは残念ですが、売れてるということはそれで喜ばしいですねw
    (数を相当絞ってる可能性もありますが…)

    確かに、個性を出すために相当頑張っている感じはありますね。
    ただどうしても遊び方のプロセスが同じになってしまうので、
    変形玩具としてみると味気ない感じが否めません。

    自分も最初は忍チームはディセプティコンと思ってましたw
    鬼モチーフで新規で参乗合体期待しちゃいますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。