レビュー:マスターピース MP-17プロール

200_000
今日はマスターピースから「MP-17プロール」をご紹介!


商品名 MP-17 プロール
シリーズ名 マスターピース
クラス
メーカー タカラトミー
価格 6,090円(税込)

ということで、マスターピース版プロールです!「MP-10コンボイver.2.0」から始まった新生マスターピースシリーズ(勝手に命名)開始から早2年。コンボイを基準としたサイズでのロボットモードと、コンボイのコンテナに入るビークルモードの再現を掲げた小型マスターピースの最新作がこの「MP-17プロール」となります。昨年「MP-13ランボル」、「MP-14アラート」が超絶クオリティでトランスフォーマーファンの度肝を抜いたのは記憶にまだ新しく、その期待を一身に背負っての発売となった今回のプロールですが、今回は日産の往年の名車「フェアレディ280Z-T」の正式ライセンスを取得。ランボルに続き初代アニメ時(というかダイアクロン時)にイメージされた車種をしっかりと再現できるようになっています。それではいってみましょー。
 
【パッケージ&内容物】 
200_001
200_002
まずはパッケージ。表面の真ん中に輝く日産のマークがいいですね。箱の大きさなどはランボルと同じかなり小振りなサイズ。デザインなどはこれまでと変わらず裏面にはぎっしり解説が。ちなみに管理人の箱はテープが3度張りされてました…検品されたのか…!?

200_003
箱の中身はこんな感じ。今回本体と銃のみというシンプルな内容物。

200_004

7 9 7 9 9 9 4 9

紙もの。説明書とカード、そしていつものアンケート。取説には「フェアレディ280Z-T」とプロールの人となりが詳しく解説されており、読み物としても面白いものに。プロールのテックスペックを改めて見ると、火力以外はかなり優秀。地位も9あって、サイバトロンの中ではマイスターの次くらいの偉さ。
 
【ロボットモード】

200_005
ロボットモード。もうなにも言葉はいらないほどのかっこよさ!これまで何度も宣材画像やイベントで実物も見てきましたが、実際に手にとってみると更にその良さを実感。サイズ感はランボル達と同じような感じですが、非常に手にしっくりくる大きさで、ディテールも派手すぎず地味すぎず、更には塗装によって質感もよく出ており、感動すら覚える出来映えとなっています。

200_006
背面。背中もすっきり。唯一足の裏面がちょっとスカスカな感じがありますが、変形過程やロボットモードでのプロポーションのよさを考えるとほんの些細なことに思えます。

200_007 200_008 200_009

3面。まっすぐ立たせるとロボットらしい直線的なスタイルなのが分かります。横から見るとボディ部分の出っ張りや、足のボリュームが分かり、厚みも十分感じる作りとなっています。

200_010
バストアップ。どこか優しさも感じるような表情でとてもいい!マスクや目もしっかり塗装されておりキレイ。

200_011
ボディ。特徴的ないかにも車から変形しましたと言わんばかりの胸部。

200_012
腕周りの可動も良好。

200_013
プロールの特徴でもある、ドアの羽の裏側もしっかり造形されています。

200_014
下半身。どっしりとした脚部がかっこいい。スネのクリアパーツの奥もしっかりディテールが作り込まれています。

200_015
下半身後ろ。膝下が結構スカスカですが、その内部にもちゃんとモールドがあり驚かされます。このスカスカ感はこの身長を出すために生じたもので、実際変形させてみると分かりますが、よくままあこんな構造が思いつくねという感じで、その過程を経てみると全く気にならなくなります。

200_016
下半身の可動もかなり優秀。立ち膝も余裕。また、腰の横部分のプレートも可動式となっており、足を横に大きく拡げても問題なし。

200_017
続いて武器「セミオートマチックライフル」。武器自体にこれといったギミックはありませんが、持ち手部分に突起がありそれを手のひらのくぼみに差し込むことでしっかりと保持することが出来ます。

200_018
もうひとつは「ショルダーキャノン」。

200_020
ショルダーキャノンは差し替えなしで背中のパネルを一度開き、肩から引き出すことで再現出来ます。

200_062
もうひとつ、Amazon先行予約特典の「ミサイルランチャー」。これは旧玩具でプロールとストリークが両肩に付けていた武器を再現出来るというもので、プロールに1つ、ストリークにひとつ付属してきます。

200_063
先端部分はメッキ塗装。

200_064
プロールのショルダーキャノンにはめ込むような形で装着します。両肩につけられるのは来月のストリークまでお預け。

 
【変形】

200_021
続いて変形。取扱説明書ではビークル→ロボットで説明していますが、ここではロボット→ビークルの順で解説します。
①まずは、腰部分から下半身を一回転させます。

200_022
②背中のパネルのジョイントを外し、内側の細長いパネルを開きます。

200_023
③膝を織り込んで脚全体を短くし、足の内側のパネルと、サイドウインドウ部分を起こします。

200_024
④足部分を外側に引き出したら腰側に向かって折り込みジョイントを固定します。折り込んだら足の内側のパネルと、かかと部分を移動させます。この足部分の移動が今回のプロールの変形での一番のキモ。

200_025
⑤両足を閉じてジョイントで固定します。

200_026
⑥続いて上半身のフロント部分のジョイントをはずし(結構固め)、腕を肩部分から倒し、腕も回転させいます。

200_027
⑦サイドミラー部分を展開します。

200_028
⑧頭を収納し、フロントウインドウを倒し、細長いパネル部分を固定します。

200_029
⑨腕を折り込んで左右を固定し、ボディ側に倒して固定すればビークルモードの出来上がり!

200_042
ちなみにタカラトミーの蓮井氏のツイッターでも紹介されていた「手をついて変形するシーン」の再現も可能。

200_049
これがアニメでの変形シーン。

 
 
【ビークルモード】

200_030
ビークルモード。「フェアレディZ・ハイウェイパトロールカー」に変形。1978年に登場したフェアレディZの2代目モデルS130型のひとつであるフェアレディ280Z-Tをベースとしたパトカーとなり、初代アニメの姿を忠実に再現した姿となっています。あのロボットモードからは想像がつかないほどのコンパクトさにまとまっており、分割線もそれほど気にならず、全面塗装なので見栄えも非常に良い!さすが公式にライセンスを獲得していることもありその辺は並々ならぬ苦労があったに違いありません。

200_031
背面。大きなリアウィンドウもクリアパーツでしっかり再現。ちなみにタイヤはゴム製ではなくプラスチック製となっています。

200_066
フェアレディZは警察車両としての認知度も高く、実際にS130型のパトカーも実在します。また、「西部警察」に登場する「スーパーZ」もこのフェアレディ280Z-Tがモチーフになっているようで、プロールのビークルモードとしてこの車両が選ばれたのは時代的にも必然だったのかもですね。

 

200_032
武器の「セミオートマチックライフル」をパトランプ部分に装着出来ます。

200_065
Amazon先行予約特典の「ミサイルランチャー」も装着可能。

 
【比較】

200_043
ユニバース版(日本では変形ヘンケイ)プロールと比較。ユニバース版は最近のアメコミデザインを踏襲したものとなっていますが、各部の配置などはかなり似た感じになっています。

200_044
ビークルでも。ユニバース版はフェアレディZ33型あたりがモデルになってるのかな?

200_045
残念ながら、管理人は旧玩具を持っていないので比較出来ないのですが、代わりに画像で…今回のマスターピース版と比較すると、モールドはほとんど同じような感じになっているのが分かると思います。ランボルの時もそうでしたが、極力旧玩具のパーツ配置を忠実に再現していますね。

200_050
アニメでの姿はこんな感じ。MP版の下腹部あたりはアニメのデザインが再現されている感じですね。

200_047
ちなみに近年のアメコミ版プロールのデザインはこんな感じ(画像は「All Hail Megatron」より )。ユニバース版はこの姿を元にしているのが分かると思います。ちなみにアメコミではプロールは重要な役どころで登場することが多い印象。

 

200_036
続いて「MP-13 ランボル」と比較。大きさはかなり似たような感じで、この調子でたくさんキャラが増えてゆくと思うとワクワクしますね!

200_037
ビークルでも。この2台の実際の大きさ比は分かりませんが、タイヤの大きさなどから判断するに大体リアルでも似た感じになるのかな?しかし、ぱっと見これが変形するとは思わないよなあ。

200_038
「MP-10 コンボイver.2.0」とも比較。コンボイでかい!けど、アニメでも大体こんな大きさ差なんだよね。

200_039
ビークルでも。

200_040
コンボイのコンテナにも収納可能。というか、このコンテナに収納出来るビークルとして設計されているので当然なのですが、ちゃんと中に入れて扉を閉めることが出来ます。

 
【可動・アクション】

200_051
可動はかなり良好。思うように動いてくれるので、いろいろなポーズを付けることが出来ます。

200_056
脚をここまで拡げても、ちゃんと足を接地出来るのがいいですね!

200_059
腰もちゃんと回ります。

200_052

200_054

200_055
ショルダーキャノンに手を沿えることも可能。

200_058

200_060
ビークルとロボットで両方並べたくなる…

200_057
以上、マスターピースから「MP-17プロール」でしたー!ここまで見てきていただければ分かる通り、もう非の打ち所のない完璧さ!マスターピースの名にふさわしい出来になっています。ロボットモードのプロポーションはもちろん、ビークルモードの再現度、そして変形もすごくやり易いし、なにより変形してて楽しい!ビークルモードからロボットモードへの膨張感は感動もの。遊び易さや可動など全体的に1年前に発売されたランボルよりも進化しているのを実感出来ます!今後このプロールと同じフェアレディ280Z-T型として「MP-18 ストリーク」、「Mp-19 スモークスクリーン」が発売されますが、このプロール型ならいくら来ても全く問題ない…!

プロール好きな人はもちろんのこと、車→ロボットという代表的なトランスフォーマーとしての楽しみが凝縮されているので、トランスフォーマーに興味があるすべての人に触ってほしい逸品です。とどまることを知らないマスターピースの進化。今後のラインナップにも期待が高まります!

レビュー:マスターピース MP-17プロール」への5件のフィードバック

  1. hiro

    いいですねープロール!再現度、プロポーション、変形機構と、どこをとっても非の打ち所が無いですね
    メトロプレックスを買うことで精一杯でプロールは買えないなーと諦めていたのですが無理してでも買ってしまいそうです
    でもMPはわりと再版に恵まれているのでなかなか踏み切れずにいます…

  2. 自称スラスト

    やはりMPはこうでなくては。
    他の商品と大きさも合わせてあって、劇中の変形を再現できて、プロポーションも可動も良好。
    それに足の裏もそこまでスカスカに感じませんし、むしろ変形やギミックとして見れますね。
    足首にはカバーも有りますし。

    この型はスモークスクリーンを予約してあるのに欲しくなってしまう…

  3. 502

    購入予定ではなかったものの直前になって我慢できずに結局購入(笑)
    最近のMPは安定のクオリティですね!
    思っていた以上に可動が良くて変形させて動かすだけで時間がどんどん過ぎていくww
    今更ながらランボルも買えばよかったと深く後悔orz

  4. ロディマス・C

    ご無沙汰しております・・・って何これスゲぇ!カッコイイ!!ものすごく買いたくなっちゃうじゃないですか管理人殿ーーーーー!(*´д`*)ハァハァ
    今月はメトロプレックスに全額使っちゃったので買えないですが・・・・・・(´;ω;`)

  5. 超変形超偏見 投稿作成者

    >>hiroさん
    確かにMPは再販の可能性が高いので、それまで待つという手もありです!
    ただ、どうやらランボルとかよりは出荷量が多いのか、
    まだお店で普通に見かけるのでもしかすると再販には結構時間がかかるかも!?

    >>自称スラストさん
    本当にマスターピースという名にふさわしいおもちゃだと思います。
    足の変形とかほんとに見事としか言いようがありません!
    スモスクとは肩の変形が若干違うようなので、両方あるとその差が違って楽しいかもです!(悪)

    >>502さん
    ほんとよく動くし、かっこいいので写真もついつい多くなってしまいましたw
    保存用にもう一個ほしいくらいの勢いですが、ストリークもスモスクも出るので我慢しますw
    ランボルはきっと再販あると思うので、その時是非!

    >>ロディマス・Cさん
    そうなんですよー、めちゃめちゃかっこいいんですよー。
    けど、メトロフレックスとプロールどっちか選べって言われたら自分もメトロフレックスにしますw
    あとは、メトロフレックスとプロールで再販の可能性が高いのはプロールだと思うので、
    (おそらくメトロフレックスは再販はないでしょうw)
    そういう意味でもメトロフレックスでよかったと思いますよw
    プロールはまだ普通にお店でも見るので、お財布が許せば是非手に取って頂きたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。