レビュー:TFレジェンズ e-HOBBY限定 LGEX マグナコンボイ


今日は「トランスフォーマーレジェンズ」からe-HOBBY SHOP限定「LGEX マグナコンボイ」をご紹介!



商品名 LGEX マグナコンボイ
シリーズ名 トランスフォーマーレジェンズ
クラス ボイジャークラス
メーカー タカラトミー
発売時期 2017年6月5日
価格 ¥7,000(税抜)

ということで、e-HOBBY限定「マグナコンボイ」です!前回のe-HOBBY限定「LGEX コンボバット」から続く「青き軍団」のストーリーに登場するキャラクターとなり、玩具としては日本では2008年に発売された変形!ヘンケイ!トランスフォーマー版「C-01 コンボイ」のリカラーに付属品が追加されたものになります(海外ではクラシックシリーズとして2006年に発売)。今回は「青いコンボイ」にリカラーされているのですが、この「青いコンボイ」の歴史を紐解くと、「ダイアクロン」時代までさかのぼります。トランスフォーマーで「ウルトラマグナス」として発売されたものは、かつてダイアクロンで「パワードコンボイ」として発売されていました。その「パワードコンボイ」の「中の人」が今回のモチーフである「青いコンボイ(コンボイロボ)」でした。そんな歴史のある「青いコンボイ」が今回人気のクラシックコンボイ型でリリースとなります!それではいってみましょー!


パッケージ。付属のコミックと同サイズの縦長の大きめな箱。パッケージアートはみやこなぎ氏が担当しています。


付属のコミックは佐々木心氏が担当しています。前回のコンボバットのコミックからの続きとなっており、ストーリーも熱い展開かつ、ネタも満載でとても読み応えのある内容になっています。前日譚はe-HOBBYの商品ページで読むことができます。もちろんこれとは別に取扱説明書には坂本勇人氏のマンガも収録されています。


ロボットモード。このブログでも何度かこのコンボイは紹介しているのですが、やはりこの「青いコンボイ」というのはかなりインパクトがあります!コンボイ自体白や黒にはよくなりますが、青というのはなかなか珍しく新鮮。付属の「マトリクスソード」と鉤爪もいい感じ。


背面。グリルとバンパーはメッキになっています。肉抜きの一切ない玩具然としたガッチリした感じがこの型の魅力。

前面&背面。

左面&右面。


バストアップ。顔は今見るとかなりアレンジの利いた感じ。角が猫耳っぽいのがかわいいですね。目は黄色で塗りつぶされており、集光ギミックはありません。


続いて武器。まずは「コンボイガン」。ビークル時のマフラー部分が変形します。今回初めてメッキが使用されています。これはポイント高し!


続いて「イオンブラスター」。エネルギーユニットが変形します。ちなみにパッケージ裏では「ベクターシールドブラスター」という名前がついています。


エネルギーユニットモード。シルバーの大きなサイバトロンマークがかっこいい!

「コンボイガン」と「エネルギーユニット」を組み合わせて背中に取り付け「ショルダーキャノン」に。角度をつけられるので、砲を前に向けることもできます。


続いて「マトリクスソード」。この剣はタイタンズリターン版「アルファートライオン」(日本ではレジェンズ版「LG41 レオプライム」)に付属したもののリカラー。個体差があるようで、柄をもたせるのがきついというのも聞きますが、管理人のものは特に問題なく持たせられました。このコンボイ型に剣とはこれまた新鮮な感じ。


続いて「ブレストクロー」。レジェンズ版「LG34 ワイプ」に付属していたものですが、「ワイプ」のリカラーである「コンボバット」には付属しておらず、今回のマグナコンボイに付属する形となっています。ちなみに、管理人のものはツメ部分が歪んでいて可動させるとすぐ取れる感じでした…


裏返して「ウエポンビークル」モード。コミックでコンボバットが武器を組み合わせてこの形で活躍していました。


ということで「コンボバット」のビーストモードで取り付け。若干成型色が異なりますが、ようやくこれで完璧な姿に!


ビークルモード。トレーラートラックに変形。青と黒のコントラストがクール!グリル&バンパーのメッキパーツもいい感じに映えます。この箱型のがっちりしたフォルムが堪りません。


背面。コンボイガンのメッキもここでさらに威力を発揮します。ビークルモードでは「マトリクスソード」と「ブレストクロー」は余剰となります。

前面&背面。

側面。


続いて比較。管理人は変形!ヘンケイ!版を持っていないのでクラシック版「オプティマスプライム」と比較。クラシック版が発売されたのは2006年ともう10年以上も前ですが、未だに色褪せない素晴らしいトランスフォーマーだと思います。また、このクラシック版は何度も金型が使い回される前の物なので、変形もかっちりしています。このかっちり感を知っているのと知らないのとでは、だいぶこの型の評価が変わるはず…管理人の中では死んだら棺桶に入れてほしいトランスフォーマーの1つ!(燃やせないが…)


ビークルモードでも。いまだに変形ヘンケイ版はほしいけど、なかなか高くて踏ん切りがつかない…


青いコンボイつながりということで、マスターピース「MP31 デルタマグナス」のキャブ部分と。マスターピースでも青いコンボイ出たらほしい…


そして、坂本勇人氏コミックで登場した「スーパーマグナコンボイ」モード!コミックオリジナルの形態となります。そこそこ無理があるけど、悪くない!


合体方法はデルタマグナスに引っ掛けるだけですが、マグナコンボイ側のダイキャストパーツ部分に引っ掛ける形なので結構安定して固定できます。というか、今回のマグナコンボイがなかったらデルタマグナスは開けなかった…タイヤがベタベタになってたよ!


可動は10年前の玩具と考えるととても優秀だし、がっちりしてるのでポーズもつけやすいです。しかも新しい付属品がついたことで更に新しい魅力に気付かされます。以下、写真続きまーす。


このコンボイがこんなにも剣と相性がいいとは。


マトリクスソードとブレストソードを組み合わせて「マグナガンソード」モードに。


コミックであった背中の武器を変形させて戦うシーン。レジェンズシリーズのコミックもそうだけど、コミックの中で遊び方を広げてくれるのは凝り固まった頭の大人にはとても刺激になります。


コンボイガンとエネルギーユニットを組み合わせて、全方位攻撃「マグナジャッジメント」。コミックの中でもキャプテンアメリカよろしく大活躍してました。


以上、「トランスフォーマーレジェンズ」からe-HOBBY SHOP限定「LGEX マグナコンボイ」でしたー!もう何個も持っているいわゆるヘケコン型ですが、やっぱりかっこいい!また、フィギュアではなくおもちゃ然した頑丈さとギミックが素晴らしく、今回新たに追加された武器との相性もとてもよいです!また、金型も改修されているのか、少し前のリカラーで感じた緩さや合いの悪さもかなり軽減されています。e-HOBBYの限定品は全く予想できない斜め上のものを出してくるのですが、ここ最近のレジェンズシリーズの限定品は個人的にはどれも当たりで、是非これからも予想を裏切った面白いものを作って欲しいです!ひとまずこの「青」をテーマにしたものはこれでひと段落かな?限定品なので、今後入手方法は限られますが、e-HOBBYで蔵出しで売られたりもするので欲しい方は頻繁にチェックしてみるとよいかもしれません。

トランスフォーマー
新製品発売予定表



レビュー:TFレジェンズ e-HOBBY限定 LGEX マグナコンボイ」への6件のフィードバック

  1. ジンジャー

    クラウドオプと真っ白マグナスを持っているから今回はスルーしましたがこうレビュー
    されると中々かっこいいと少し後悔していますが、不良報告が結構あるためスルーして
    良かったかな?とか思ってしまう
    そもそもこういう限定品はもっと品質良くしてくれよタカトミ

  2. Go boy

    これは興味なくて買わなかったけど、まさかのデルタマグナスとの遊びが提供されてるとは!割高だけどこういう限定品も取り扱ってるホビーショップでゲットしてこようかな

    そういやコンボバットのレビューはされてなかった気がするのですが、する予定は無いのでしょうか?

  3. パワードスパイダー

    私もワイプ盾の爪が歪んでいちいちポロリします。まあ些事と言えばそうなのですが…
    けどレビューにあるとおり、こういう「新しい組み合わせ、遊び方の提供」は大歓迎!玩具ってのはこうでなくちゃね。この路線でドンドン展開してほしいなあ

  4. さすりゅ~

    自分もブレストクローの爪が外れ易い所が気になりましたね。皆そう言うのだから全個体でそうなのでしょう
    リカラー元のマインドワイプ及びワイプではそんな事なかったのに
    成型色を見るにコンボバット生産時に出た余剰パーツを再利用した物でなくマグナコンボイ用に新規に生産し直した物っぽいから
    この為にクローだけ金型の傷みが早まったのかなぁ

  5. 匿名

    まさかのパワードコンボイ仕様ですか!
    おどろきですね。

  6. J3

    タイヤのベタつきは可逆剤のせいかな?
    PVCを長期間密封するとベタベタになるそうです、たまに空気に触れさせると防止できるとか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。