レビュー:TF Robots In Disguise 2015 サイドスワイプ

275_000
今日は「Transformers:Robots In Disguise」ウォーリアークラスから「サイドスワイプ」をご紹介!



商品名 Sideswipe(サイドスワイプ)
シリーズ名 Transformers:Robots In Disguise 2015
クラス ウォーリアークラス
メーカー Hasbro
発売時期 2015年4月
価格 $16.99(輸入ショップ参考価格:¥3,000〜¥3,500)

というわけで、アニメ「Transformers:Robots In Disguise」からウォーリアークラス「サイドスワイプ」です!「サイドスワイプ」の日本名は「ランボル」となりますが、昨今の実写版で登場したのをきっかけにキャラとしての人気も高まっており、今回のアニメではオートボットのメインメンバーになっています。バンブルビーやストロングアームとともにセイバートロン星から地球へやって来たちょっとやんちゃな感じのキャラで、新しいリーダーであるバンブルビーを手こずらせます。玩具としてはデラックス相当となる「ウォーリアークラス」となり、日本でも7月に発売が予定されています。それではいってみましょー!

275_001

275_002
パッケージ。これまでのRID版ウォーリアークラスと同じ形となり、変形方法がパッケージ裏に記載されています。今回、これがヒジョーにわかりづらい!そもそも絵が小さいもんだからどこをどう動かしたらいいかよく分かりません…というのも、今回のサイドスワイプはこれまでのウォーリアークラスと比べると若干変形が複雑となっており、さらに武器の収納方法なども書いていないので大分不親切な感じがします…(国内版は説明書がつくはず)

275_003
ロボットモード。劇中のイメージをよく再現しており、見た目はなかなかよいです!もともとウォーリアークラスは小さいながら劇中の再現度はどれも高いので、気持ちデラックスクラスよりもサイズが小さいことを除けばとても満足度が高いです。

275_004
背面。背中部分に専用アプリ(日本国内ではDL不可)で読み取ることができるシールが。

275_005 275_006 275_007

3面。足の接地面が大きそうなのでさぞかし安定するかとおもいきや、意外とグラグラします…プロポーションはなかなかいいですね。

275_008
頭部。ニヤリとした表情ですが、若干つり目過ぎかな…?目はクリアパーツですが塗りつぶされているので集光ギミックはありません。胸部分の「速」の文字が目を引きますね。

275_009
武器は刀型のものがひとつ。本体に対して長さが結構あり、持たせるとなかなかカッコイイです。ただ、手に持たせたとき固定はできるのですが、結構外れやすい…

275_010
首の後ろ側に収納用の穴が開いており、刀をそこに差し込むことで背中に背負わせることができます。

275_011
続いてビークルモード。スポーツカーに変形。どことなくランボルギーニを思わせるようなフォルムとなっており、赤と黒のカラーリングがなんともランボルらしさを感じますね。直線的なデザインもカッコイイです。

275_012
背面。後部のエンジンもそれっぽく再現されています。リアのディテール感が意外と細かい。

275_013
そして側面にでかでかとプリントされた「瞬速」の文字。やっぱり海外の人にとって漢字ってかっこよく見えるのかな…?

275_014
刀はルーフ部分に取り付けることができます。

275_015
他のオートボットメンバーと近く。「バンブルビー」と「ストロングアーム」は海外版、グリムロックは国内版「ビッググリムロック」です。なかなかいいサイズ比。

275_016
ビークルモードでも。ストロングアームが同クラスながらビークルモードでは大きくなるので、これも並べるといい感じですね!

275_017
可動も悪くないですが、胸部のプレートとと腕のジョイントが外れやすいのが残念。ロボットモードでもっとかっちりになるとよかったなあ。以下写真続きまーす。

275_021

275_018
バンブルビーやストロングアームと比べると、パーツの分割が多く、変形もそこそこな難易度になっています。

275_020

275_019
武器の刀がいい感じで大きいのでポーズもよく決まります。

275_022
いまはいがみ合いも多い二人だけど、きっとこの後はいいコンビになっていくんだろうな(期待)。

275_023
以上、「Transformers:Robots In Disguise」ウォーリアークラスから「サイドスワイプ」でしたー!ロボットモードでの固定がちゃんとできなかったり、武器が取れやすかったりと若干ストレスがたまるようなところがあるのですが、それでもロボットモード、ビークルモードとも劇中のイメージをよく再現しており、小さいながら個人的に満足度は高いです!変形もこれまでのウォーリアークラスと比べると比較的手順が多く(説明書がすごくわかりにくいけど)、若干変形しにくく感じるところはあるのですが良い変形をします。円安で海外版はちょっと高いので、欲しい人は日本版が7月に出るのでそれを待つのをおススメします!

レビュー:TF Robots In Disguise 2015 サイドスワイプ」への1件のフィードバック

  1. Nova

    トランスフォーマーRobots・In・Disguise版サイドスワイプのレビューお疲れ様です!

    玩具を見ている限りすごくカッチリした変形なのかと思ってましたが、意外と外れやすかったりプラプラしたりとちょっと残念でしたね。国内版では金型を調整して発売されることを期待します。せっかくのカッコいいサイドスワイプがよく再現されているのでより一層そう思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。