レビュー:TFロストエイジ リアルフィギュア オプティマスプライム

259_000
今日は「トランスフォーマー/ロストエイジ」リアルフィギュア「オプティマスプライム」をご紹介。プライズだよ!



商品名 オプティマスプライム
シリーズ名 リアルフィギュア
クラス
メーカー フリュー
発売時期 2014年11月
価格 プライズ景品

ということで、フリューからプライズ景品として登場となる「オプティマスプライム」です!「トランスフォーマー/ロストエイジ」版「オプティマスプライム」が非可動のフィギュアとして立体化!フリューはこの他にも映画の公開に合わせてタンブラーや壁掛け時計などプライズ景品としてリリースしており、フィギュアはこのオプティマスが初となります。トランスフォーマーとしてもプライズ景品は非常に珍しく、12月には「バンブルビー」も登場予定となっています。それではさくっといってみましょー。

259_001

259_002
パッケージ。箱の大きさは結構小さく、一般的なフィギュアのプライズの箱と比べても結構小ぶりかも?パッケージの表面の商品写真のバックには「トランスフォーマーぴあ」にも掲載されたハズブロが商品PR用に制作した微妙なイラストが掲載されています。箱裏にはライセンス商品であることを示すタカラトミーのシールが貼られており、また写真にはありませんが側面にはUFOキャッチャーのアームを引っ掛ける用の穴を開けれるようになっています。

259_003
箱の中はこんな感じ。結構厳重に梱包されています。

259_004
組み立て前はこんな感じ。台座を含めると9個のパーツから構成されています。説明書も封入されており、組み立てはとても簡単です。

259_005
ということで組み立てた状態!プライズながら造形や塗装も細かくてなかなかかっこいい!どっしりとした感じもオプティマスらしさをよく表現していると思います。しかし!このオプティマスの最大の欠点は「劇中再現ではない」ということ。映画に登場するデザインではなく、いわゆる初期デザインとなっており、旧トリロジーに登場したオプティマうと似たような感じで、車から変形したことが分かるような形となっています(「AD01 オプティマスプライム」も同じデザインが元)。ただ劇中ではより人間にちかいプロポーションとなってしまったため、これはこれでロボットらしくてかっこよくていいという意見も多いかと思います。

259_007
左から。こう見ると本当にデザインが大きく変わったことが分かります。この変更を知った時のライセンス商品を作ってる人たちの気持ちは想像に固くありません…

259_008
右から。背面も細かく作りこまれていてます。

259_006
後ろから。

259_009
頭部アップ。顔もカッコイイ。塗り分けも細かく、目もちゃんと点で描かれているのでとてもらしく見えます。

259_012
頭部は回転可能。ポーズが固定なのであまり回転させる意味はありませんが、目線を好きな方向にすることはできます。

259_010
武器。「AD01 オプティマスプライム」と同じ形状なので、おそらく「ソードオブジャッジメント」という名前になるのかな。

259_011
「センチネルシールド」。展開された状態で立体化。

259_013
台座側のジョイントがメスとなっているので、フィギュア単体では立たせることができません…

259_014
AD31 アーマーナイトオプティマスプライム」と。今回のものは大きさは結構小さく、デラックスクラスのトランスフォーマー程度。あとは台座が無駄にでかいかも…以下写真続きまーす。

259_017

259_018

259_019

259_020

259_016
各部に傷が造形として施されており、実写トランスフォーマーらしい感じになっているのが分かります。

259_021

259_022
背中のタンクやマフラーなどは旧トリロジーのイメージと重なります。

259_026
パイプのようなものが出ており、このデザインでは一体どんな変形をする予定だったのか考えるのも楽しい。

259_023
脚部にはタイヤが。劇中では一切タイヤがどこにあるのか分からなかったので、ある意味この形態でしっかり立体化された玩具ということで資料的な価値は非常に高いように思います。

259_024

259_015
以上、「トランスフォーマー/ロストエイジ」リアルフィギュア「オプティマスプライム」でしたー。トランスフォーマーのプライズという物珍しさがまずはじめにありますが、出来としては非常によく、造形も細かく、塗装もかなりしっかりキレイに塗り分けられているので満足度は非常に高いです!ただやはりデザインが古いものを参考にしているので、劇中のイメージとは大分違うので、映画に出てきたオプティマスを期待してしまうとがっかりする可能性も。開発時期からこうなったのか、外部ライセンスにはあまり情報が行かなかったのかは分かりませんが、ここまで細かく作りこまれるんだったら劇中スタイルのも見てみたかったかな。とはいいつつ、旧デザインでここまでデザイン画を忠実に再現しているものはないので個人的にはとても楽しめました。プライズでかつ、扱っている店舗も少なく入手が難しいかもしれませんが、気になる方は通販やプライズを扱うお店で買ってしまうのもいいかもしれません(ちなみに管理人はプライズを扱うお店で1,300円で購入)。

レビュー:TFロストエイジ リアルフィギュア オプティマスプライム」への1件のフィードバック

  1. 反乱しないトリプルチェンジャー

    顔もよく見ると三部作寄りですね。これの完全変形版も見て見たかった今日このごろ・・・
    玩具化してたら脚部とかは、なんとなくTFプライムのを応用した変形しそうなイメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。