レビュー:TFジェネレーションズ ダブルディーラー

207_000
今日は「トランスフォーマージェネレーションズ(海外版)」から「ダブルディーラー」をご紹介!



商品名 Doubledealer(ダブルディーラー)
シリーズ名 Transformers:Generations
クラス ボイジャークラス
メーカー Hasbro
価格 $19.99(輸入ショップ参考価格:¥4,500〜¥5,000)

ということで、海外版ジェネレーションズからダブルディーラーです!「ダブルディーラー」って誰よ!?という方も多いと思いますが、日本国内では「超神マスターフォース」で登場した「ダブルクラウダー」その人です。「超神マスターフォース」での「ダブルクラウダー」はかつてはデストロンのスパイだったものが改心してサイバトロン戦士となる訳ですが、海外版の「ダブルディーラー」は無慈悲な傭兵として描かれており、2人?のパワーマスターを取り替えることでオートボットとディセプティコン両方になることが出来るというキャラクターです。今回はブリッツウイングの頭部替え&リペイントとなり、トリプルチェンジャーという特性を生かしてその変わり身を表しています。それではいってみましょー!

207_001

207_002

8 8 6 9 8 9 8 9

パッケージ。描かれているエンブレムはディセプティコン。テックスペックは平均的に高く、ダブルディーラーの傭兵としての能力の高さが伺えます。

207_003
ロボットモード。今回管理人がこのダブルディーラーを購入するに至ったのはこのカラーリング。ぶっちゃけもとのダブルディーラーの玩具の配色とは結構違うんですが、この水色とブルーを基調としたポップな感じが個人的にとてもよいと思います。プロポーションなどはブリッツウイングままなのでどっしりとした体型はそのままで迫力があります。

207_004
差し色のうす紫がいいですね。お尻部分にオートボットマークが見えます。

207_005 207_006 207_007

3面。

207_008
バストアップ。顔は今回新規となっていますが、ダブルディーラーがこんな顔かと言われるとどうなんだろか?まあ、なんか悪そうな雰囲気は伝わってきます。また目の部分は集光ギミックとなっており、かなり良好な感じです。

207_036
ちなみに、今回もブリッツウイングと変わらず肩の固定はダメな感じです…ここさえしっかりしてたらこのブリッツウイング型は文句なしの出来なんだけど…

207_009
武器はブレード状のものと…

207_010
銃状のもの。どちらもブリッツウイングと同じものになります。

207_011
ビークルモードのひとつジェット機モード。実際のダブルディーラーはジェット機ではなく、鷹のようなビーストモードとなり、それが今回はこのジェット機に置き換えられています。このときはディセプティコンとなり、ディセプティコンマークが機首部分に。そしてそのビーストモードの名残?としてノーズアート(シャークマウス)が描かれています。残念ながら管理人のものはちょっと塗装がこすれてた…

207_012
背面。

207_013 207_014

翼の武器をはずして。

207_015
武器は天井部分に取り付けることも可能。

207_016
底の砲身部分を出してミサイルを発射させることも出来ます。

207_017
続いてタンクモード。こちらもオリジナルではミサイルトレーラーに変形しますが、今回は戦車に置き換えられています。そしてこの戦車モード時はオートボットとなり、オートボットエンブレムが戦車の先端部分に配置されるようになっています。

207_018
背面。なかなかカラフルな戦車だよね…

207_019 207_020

武器をはずして。

207_022
ミサイルは砲身を後ろ側にスライドさせることで発射します。

207_022
オートボットマーク。正直このジェネレーションズ版を買うまであまり知らないキャラだったんですが、なかなかおもしろい設定のキャラなので今後も気になる存在となることでしょう。

207_023
ブリッツウイング(国内版)と。カラーリングが大きく変わるのでかなり印象が違いますね。

207_024
前面。

207_025
背面。

207_026
ジェット機モードで。これもノーズヘッドのペイントのおかげでかなり差別化されている感じ。

207_027
背面。

207_028
タンクモードでも。

207_029
背面。

207_030
可動はブリッツウイングと同じなので、特に可もなく不可もなく。だけど、やっぱり肩周りのはずれやすさは遊んでて気になる(壊してしまいそうで)。以下写真続きまーす。

207_031

207_032

207_034
間接はどこも固めなのでポーズは決め易いのがいいですね。これで肩がはずれなかれば…

207_034

207_035
以上、「トランスフォーマージェネレーションズ(海外版)」から「ダブルディーラー」でしたー!正直「色」で購入を決めたのですが、実際いじってみると元のブリッツウイングがトリプルチェンジャーとしてかなりいい出来だけにやはり満足度はかなり高い玩具となっています。あとは完全にキャラ付けで売っている玩具ではあるので、万人にはお勧め出来るものではありませんが、トランスフォーマーとしての楽しさは十二分に楽しめる玩具なので、ブリッツウイングを触っていなくて、特にブリッツウイングでなくてもいい、という人にはオススメです。恐らく日本国内では発売されないと思うし、輸入玩具屋さんとかみても同時発売のライノックスよりも値段付けが高かったりするので、気になる方は早めに入手しといた方がいいかも?

レビュー:TFジェネレーションズ ダブルディーラー」への3件のフィードバック

  1. sei

    もともと日本はおろか海外でもかなりマイナーなキャラな気がします

    当時のメディア展開でもイギリス版コミックに一回出ただけでしたし

    内容的には両軍に変形できるという機能を活かして
    コンボイとスコーポノックの両方からエネルギーを
    せしめるという面白い話ではあったんですが
    無着色の白黒エピソードだったので「色」を見れるのは
    表紙でニヤリとしている上半身の絵一枚という有り様でしたww

    まあ、そんなマイナーキャラまで商品化してしまうのが
    TFの面白いところでもあるんですがww

  2. ズッツトン

    ゴッドオンせんし、色々違ってて別人ですね。ヘッドマスターとかゴッドマスター、パワーマスターは通常TFとは違ってて、色と頭部で・・・って言われてもなーーんか違う。
    せめて、転生したヘッドマスターとかパワーマスターのくくりで何体か続けて出してくれれば面白いんでしょうけど。思いついたから出したレベルは・・・なんか悲しい。

  3. まるはな

    日本限定のラットバットといい、これといい、ボットコンで出そうなのが最近出回ってますね。

    ボットコンならライノックスのデストロンカラーとか、ジェネレーションズ版のバズソーとか、ミュータントヘッドバージョンとか出そう・・・。
    (どっちも欲しい)

    というか、以前ボットコンでオーバーロード出てましたよね。
    あと、シーコンズが復刻されてましたし。

    マスターフォース知っている人なら、それと絡めて遊ぶんだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。